コント55号のなんでそうなるの?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コント55号のなんでそうなるの?
ジャンル お笑い番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
演出 齋藤太朗
プロデューサー 草野公
出演者 コント55号
ゴールデンハーフ
第1期
放送時間 金曜 19:30 - 20:00(30分)
放送期間 1973年4月 - 1973年9月
第2期
放送時間 金曜 19:30 - 20:00(30分)
放送期間 1974年4月 - 1975年3月
第3期
放送時間 金曜 19:30 - 20:00(30分)
放送期間 1975年10月 - 1976年3月
テンプレートを表示

コント55号のなんでそうなるの?』(コントごじゅうごごうのなんでそうなるの)は、日本テレビ系列局ほかで放送されていた日本テレビ製作のお笑い番組である。製作局の日本テレビでは1973年4月から同年9月(第1期)、1974年4月から1975年3月(第2期)、1975年10月から1976年3月(第3期)まで、毎週金曜 19:30 - 20:00 (日本標準時)に放送。コント55号冠番組

概要[編集]

毎週コント55号によるコントを、コンビ誕生の地である浅草松竹演芸場での公開収録で放送。シンプルな内容だったが、それが人気を博しコント55号を代表する番組の1つとなった。

「女子供に迎合しない、男の笑い声がする番組を作りたい」との2人の考えから、公開収録の際には幕間にストリップショーを行い(番組では当然その部分はカットされている)、会場に女性や子供が来場しにくい雰囲気を意図的に作り出していたという[1]。第1期では、コントの合間にゲストとゴールデンハーフによるショーも行っていた。『巨泉×前武ゲバゲバ90分!』と同じく、「なんでそーなるの!?」のアイキャッチが特徴的だった。

この番組はスポンサーの関係上、日本テレビ系列局の無い地域でもTBS系列局で『太陽にほえろ!』とのセットという形で同時ネットされていた。逆に、日本テレビ系列局を擁していてもクロスネットの関係で遅れネットとなる地域もあった。

番組の終了後、萩本と坂上はそれぞれピン(単独)での活動へ移行したが、後の1990年に番組の傑作選が放送された。また、番組を収録したVHSビデオも発売され、これらがコント55号再結成のきっかけとなった。結成40周年を目前に控えた2005年10月にはDVD-BOXが発売された。

スタッフ[編集]

放送局[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ディレクターにズームイン!』(齋藤太朗著、日本テレビ)での萩本欽一へのインタビューによる。
日本テレビ系列 金曜19時台後半枠
前番組 番組名 次番組
コント55号のなんでそうなるの?
(第1期)
マチャアキのシャカリキ大放送!!
コント55号のなんでそうなるの?
(第2期)
カックラキン大放送!!
(第1期)
コント55号のなんでそうなるの?
(第3期)
カックラキン大放送!!
(第2期)