もんもんドラエティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
もんもんドラエティ
ジャンル バラエティ番組テレビドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ東京
出演者 岸田森
辺見マリ
石川ひとみ
坂上二郎
ほか
木曜ゴールデンタイム時代
放送時間 木曜 20:00 - 20:54(54分)
放送期間 1981年10月15日 - 1982年2月25日
金曜ゴールデンタイム時代
放送時間 金曜 20:00 - 20:54(54分)
放送期間 1982年3月5日 - 1982年6月18日
テンプレートを表示

もんもんドラエティ』は、1981年10月15日から1982年6月18日までテレビ東京で放送されていたバラエティ番組である。渡辺プロダクションとテレビ東京の共同製作。1982年3月5日からは、同年3月1日に開局したテレビ大阪でも放送されていた。

概要[編集]

日本に引っ越してきたドラキュラ一家とお隣の鈴木家を舞台にしたコメディドラマがメインの番組で、他に手塚眞が自身監督のホラーショートフィルムを紹介する「お茶の子博士のホラーシアター」、ダンスの振り付けのコーナー、ゲストの歌のコーナーなど、いくつかのコーナーによって構成。ドラエティとは、「ドラマ」と「バラエティ」を組み合わせた造語である。

前身番組は、東京12チャンネル時代のテレビ東京で放送されていた『お化けのサンバ』で、同番組出演者の石川ひとみ坂上二郎笹野高史は引き続き本番組にも出演していた。

放送時間[編集]

いずれも日本標準時

  • 木曜 20:00 - 20:54 (1981年10月15日 - 1982年2月25日)
  • 金曜 20:00 - 20:54 (1982年3月5日 - 1982年6月18日)

出演者[編集]

  • 岸田森:ドラキュラ
  • 辺見マリ:魔女(ドラキュラの妻)
  • 石川ひとみ:ひとみ(ドラキュラの娘、お隣の鈴木家の息子・浩之に恋している)
  • 坂上二郎:先代ドラキュラ(肖像画として登場)
  • 山田邦子:ブス猫(以下の3人はドラキュラ一家の居候モンスター)
  • 魁三太郎:初代狼男➡二代目フランケン
  • 佐渡稔:初代フランケン
  • 笹野高史:二代目狼男(『お化けのサンバ』から引き続き出演)
  • 沖田浩之:鈴木浩之(お隣の鈴木家の一人息子) - 「ひとみ」と「ひろくん」(鈴木浩之)が2人で登場するシーンには、ほぼ毎回「夕暮れのスケッチ」がバックに流れていた。
  • ベンガル:鈴木留吉(鈴木家の主人)
  • 木内みどり:鈴木くるみ(留吉の妻)
  • 高田純次:鈴木ハジメ
  • 手塚眞:お茶の子博士(「お茶の子博士のホラーシアター」案内役)
  • 小林正岳:エレクトーン占い師
  • 美保純:コーナー出演者

スタッフ[編集]

お茶の子博士のホラーシアター[編集]

手塚眞扮するお茶の子博士が案内役を務めていたコーナーで、手塚自らが監督した短編ホラー映画を紹介していた(主に8ミリ映画。初期にはVTR作品もあった)。冒頭の語りのシーンにドラキュラ役の岸田森が登場し、お茶の子博士との掛け合いをすることもあった。

なお、このコーナーのみDVDソフト化されている。

楽曲[編集]

テーマ曲[編集]

挿入歌[編集]

外部リンク[編集]

テレビ東京 木曜20:00枠
前番組 番組名 次番組
ツッパリやすしの60分
(1981年4月16日 - 1981年9月24日)
もんもんドラエティ
(1981年10月15日 - 1982年2月25日)
独占!スター生情報
(1982年4月8日 - 1983年3月24日)
テレビ東京 金曜20:00枠
世界おもしろネットワーク
(1981年10月9日 - 1982年2月26日)
もんもんドラエティ
(1982年3月5日 - 1983年6月18日)
プロ野球ナイター中継 または 単発特番
(1982年6月25日 - 1982年10月8日)

お笑いベストテン
(1982年10月15日 - 1982年12月24日)