シャボン玉ボンボン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャボン玉ボンボン
ジャンル バラエティ番組歌謡番組
出演者 萩本欽一
マックボンボン
製作
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1973年1月6日 - 1973年4月14日
放送時間 土曜 19:30 - 20:00
放送分 30分
回数 15
テンプレートを表示

シャボン玉ボンボン』(シャボンだまボンボン)は、1973年1月6日から同年4月14日まで日本テレビ系列局で放送されていた日本テレビ製作のバラエティ番組である。

全15回。放送時間は毎週土曜 19:30 - 20:00 (日本標準時)。

概要[編集]

日曜18:30枠で放送されていた『ぎんぎら!ボンボン!』のリニューアル版で、同番組から引き続き牛乳石鹸の一社提供で放送。

マックボンボン時代の志村健(現・志村けん)も引き続き出演していたが、相方はいやま淳の失踪による契約解除により、新たに福田正夫に代わった。

司会はコント55号萩本欽一が務めていた。

番組には毎回2組の歌手がゲスト出演。ゲストは自分たちの家族やマネージャーなどと3人1組のチームを組んで音楽クイズに挑戦していた[1]。チームの誰かが誤答すると、ゲストは付けヒゲやハゲかつらなどを付ける罰ゲームを受けさせられた[1]。他に「欽ちゃんのアクト講座」という冠コーナーやマックボンボンによるコントコーナーもあったが、これらは3月10日放送分をもって廃止され、以後は毎回6組前後の歌手が出演する完全な歌謡番組となった[2]

1978年に発刊された牛乳石鹸の社史『牛乳石鹸共進社70年の歩み』の「主な提供番組」のページには前身の『ぎんぎら!ボンボン!』とともにこの番組の写真が掲載されており、『ぎんぎら!ボンボン!』と同様に公開番組であったことが分かる。また、ステージ最上部には「シャボン玉」、その下には互いにやや距離を置いた状態で「ボン」「ボン」と本番組のタイトルが掲げられており、さらにその下には「乳牛マーク」を挟んで「牛乳」「石鹸」とスポンサー名が掲げられている(『ぎんぎら!ボンボン!』の写真では、スポンサー名はパネルに書かれて掲げられている)。

脚注[編集]

  1. ^ a b 毎日新聞縮刷版』毎日新聞社、1973年1月6日付の番組欄。
  2. ^ 読売新聞縮刷版』読売新聞社、1973年3月10日付の番組欄。

関連項目[編集]

日本テレビ系列 土曜19:30枠
【本番組から牛乳石鹸一社提供枠】
前番組 番組名 次番組
突撃! ヒューマン!!
(1972年10月7日 - 1972年12月30日)
シャボン玉ボンボン
(1973年1月6日 - 1973年4月14日)
シャボン玉サタデー
(1973年4月21日 - 1973年9月29日)