大岩賞介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大岩 賞介(おおいわ しょうすけ、1945年10月17日 - )は、萩本企画所属の放送作家東京都出身。

来歴・人物[編集]

サラリーマン時代に当時の放送作家界の大御所・はかま満緒を紹介され師事。はかまから萩本欽一を紹介されて座付き作家となり、作家集団である「パジャマ党」の一員として萩本を支えた。「欽ちゃんのドンといってみよう!」(ニッポン放送)では構成だけでなくいわゆる「笑い屋」としてスタジオに入り、独特の「フォッフォッフォ」という笑い声で番組を盛り上げた。

その後「オレたちひょうきん族」で明石家さんまと出会い、価値観や笑いの方向性が一致し意気投合、さんまから絶大な信頼を得て、さんまの番組には欠かせない存在となる。テレビだけでなく、さんま主宰の毎年恒例の舞台公演「明石家さんまプロデュース 今回もコントだけ」の構成・演出も手掛けている。

また、小堺一機関根勤の新人時代の二人の即興コントを見てイケると思いコンビ結成を勧めた。正式には活動はしなかったものの、これが名コンビ「コサキン」誕生のきっかけである。

1992年に放送されたテレビドラマずっとあなたが好きだった」で布施博が演じた美和の昔の恋人の役名(大岩洋介)は、大岩の親友である君塚良一が大岩をモデルに名付けたものである。ちなみに佐野史郎が演じた「桂田冬彦」はこのドラマのプロデューサーだった貴島誠一郎が、知人であった電通桂田光喜局長(肩書は当時。後の電通副社長)と彼の上司の田代冬彦から命名したものである。(→詳細は「ずっとあなたが好きだった」を参照)

現在の担当番組[編集]

日本テレビ系[編集]

フジテレビ系[編集]

BSジャパン[編集]

過去の担当番組[編集]

日本テレビ系[編集]

TBS系[編集]

フジテレビ系[編集]

テレビ朝日系[編集]

関連項目[編集]