欽ちゃんドラマ・Oh!階段家族!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
欽ちゃんドラマ・Oh!階段家族!!
ジャンル テレビドラマ
出演者 萩本欽一 ほか
製作
プロデューサー スタッフ参照
制作 日本テレビ放送網
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1979年4月6日-1979年9月21日
放送時間 金曜21:00-21:54
放送分 54分
回数 24
テンプレートを表示

欽ちゃんドラマ・Oh!階段家族!!』(きんちゃんドラマ オーかいだんかぞく)は、1979年(昭和54年)4月6日から1979年(昭和54年)9月21日まで日本テレビで毎週金曜21:00 - 21:54(JST)に放送されたテレビドラマ。『欽ドン!』『欽どこ』にならい、「欽ドラ」とも言われた。

作品の概要[編集]

萩本欽一が主役を務めた。長い階段でつながる三棟の一家を描いたヒューマン・コメディドラマ。

元々は萩本が『コント55号のなんでそうなるの?』等でコンビを組んだディレクターの齋藤太朗と新番組のアイデア出しをしていた際に、萩本が「55号は上に飛んだら人気者になった。ドラマって、いつも横に動いてる。人間が縦になるドラマはないの?」「わざと階段を作って人間が縦に歩くと面白そうじゃないですか」と語ったことがきっかけだという[1]

1979年3月初めに第1話の収録が完成したが、萩本とスタッフが気に入らずボツ(NG)にしてしまい、再度、収録を仕直したため、第1話分の制作費約2千万円の損害を出してしまった。この時、萩本は「どうしていいか、わかんなくなっちゃた」とコメントしている。[2]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 脚本:服部佳、金子成人、河野洋、他
  • 演出:吉野洋、齋藤太朗、他

放送日程[編集]

話数 初放映日 新聞サブタイトル[3] ゲスト 視聴率[4]
1 1979年
4月6日
[5] 南田洋子 22.0%
2 4月13日 13.4%
3 4月20日 21.1%
4 4月27日 朝丘雪路 14.3%
5 5月4日 竹井みどり柳生博 18.5%
6 5月11日 西田敏行 13.6%
7 5月18日 徳光和夫、西田敏行 18.5%
8 5月25日 18.0%
9 6月1日 研ナオコ 17.6%
10 6月15日 女寅さん欽ジャック? 吉田日出子 18.2%
11 6月22日 漫画のモデルにされました 石野真子 13.9%
12 6月29日 ママの欲望、パパの青春 西田敏行 12.8%
13 7月6日[6] 何か気になる今日の運勢? 17.4%
14 7月13日 あァ出世のための二日酔い 湯原昌幸 15.3%
15 7月20日 兄弟仁義が階段走る 小林稔侍 23.0%
16 7月27日 海を渡る浅草の灯 伴淳三郎 15.1%
17 8月3日 ホップステップ階段跳び 西城秀樹 9.8%
18 8月10日 輝け!森光子コント特集 森光子原知佐子 9.0%
19 8月17日 百恵ちゃんの休日 山口百恵 16.2%
20 8月24日 作家・欽一売り出す! 林ゆたか 18.2%
21 8月31日 息子の口紅 妹の朝帰り 16.2%
22 9月7日 ママの日当4500円 16.2%
23 9月14日 間借人失格・・・・? 17.2%
24 9月21日 巣立って そして・・・・ 柳生博 18.8%

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ディレクターにズームイン!!』(齋藤太朗著、日本テレビ、2000年)pp.274 - 275
  2. ^ 週刊テレビ番組』(東京ポスト刊、1979年3月31日 - 4月6日号)pp.13
  3. ^ 新聞サブタイトルとは新聞番組表(ラテ欄)に表記されるだけの専用サブタイトルで、本編のクレジットタイトルとは無関係てある。毎日新聞から引用。
  4. ^ 「テレビ視聴率季報(関東地区)」ビデオリサーチ
  5. ^ 第1回から第9回までは、新聞サブタイトルはなし。第10回から新聞専用のサブタイトルが表記される。
  6. ^ この回から静岡県でも静岡第一テレビ開局により同時ネット開始(それまでは静岡けんみんテレビ(現・静岡朝日テレビ)にて、土曜日の夕方に放送されていた。
日本テレビ 金曜劇場
前番組 番組名 次番組
熱中時代
(教師編第1シリーズ)
欽ちゃんドラマ・Oh!階段家族!!