水谷龍二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

水谷 龍二(みずたに りゅうじ、1952年[1]3月4日[2] - )は、日本演出家劇作家脚本家水谷竜二名義で活動していた時期もある。

北海道苫小牧市出身。苫小牧工業高等専門学校機械工学科卒[3]

略歴[編集]

1952年(昭和27年)生まれ。

コント55号のなんでそうなるの?』(日本テレビバラエティ番組)で、放送作家デビュー。

1982年(昭和57年)からは、テレビドラマの脚本や、芝居の作・演出を手がける。

1994年(平成6年)、演劇集団「星屑の会」を結成。

「平成15年度日本演劇協会賞(第13回)」を受賞した(対象作品は「風間杜夫ひとり芝居三部作 一挙上演!!」など)[4][5]

舞台(作・演出)[編集]

  • 「喜劇清瀬俳優養老院」 (1983年 本多劇場、東京ヴォードヴィルショー) - ※ 作
  • 「ホームレスハート」 (1998年、トムプロジェクト、高橋和也主演)
  • 一人芝居三本立興行「麗しき三兄妹」 (1999年、トムプロジェクト、有薗芳記渡辺哲西牟田恵
  • 村上ショージひとり芝居 「大阪奇人列伝」 (2001年、トムプロジェクト)
  • 「乙女の祈り」 (2002年 本多劇場ほか、トムプロジェクト)
  • 「子供騙し」 (2002年 本多劇場ほか、トムプロジェクト)
  • 居残り佐平次~ 次郎長恋の鞘当て」 (2002年 明治座)
  • 「火焔太鼓」 (2002年 明治座、トムプロジェクト)
  • 「缶詰」 (2002年) - ※ 作[6]
  • 「夫婦犯罪」 (2003年 本多劇場ほか、トムプロジェクト)
  • 丹下左膳」 (2004年 新橋演舞場、中村獅童主演) - ※ 作・監修(小野鉄二郎演出)
  • 「一天地六」 (2004年 花園神社野外公演、椿組)
  • 「うそつき弥次郎」 (2007年 明治座)
  • そのまま!」 (2008年 シアター1010ほか)
  • 「三平物語」 (2009年 明治座)[7]
  • 「逝った男の残したものは」 (2009年、トムプロジェクト)[8]
  • 「月夜の告白」 (2009年 苫小牧市文化会館ホール)

風間杜夫ひとり芝居[編集]

  • 「旅の空」 (1997年、トムプロジェクト)
  • 「カラオケマン」 (2001年 シアタートップス、トムプロジェクト)
  • 「風間杜夫ひとり芝居三部作 一挙上演!!」 (3部 「一人」) (2001年、トムプロジェクト)
  • 4部「コーヒーをもう一杯」5部「霧のかなた」 (2008年、トムプロジェクト)

星屑の会[編集]

  • 「マネージャー」 (1995年 タイニイアリス)
  • 「星宵の町~山田修とハローナイツ物語~」 (1996年 本多劇場)
  • 「ある晴れた日の自衛隊3 セクハラ奮闘編」 (1996年 ザ・スズナリ)
  • 「星屑の町2 山田修とハローナイツ物語・南国旅情篇」 (1996年 本多劇場)
  • 「クレイジーホスト」 (1997年 本多劇場)
  • アパート三部作 南風荘の人 「親友」 (1997年 ザ・スズナリ)
  • アパート三部作 南風荘の人々 「掃除屋」 (1997年 ザ・スズナリ)
  • 「星屑の町3 ナニワ純情篇」 (1998年 本多劇場)
  • 「ある晴れた日の自衛隊」 (1999年 本多劇場)[9]
  • 「次郎長漫遊記」 (1999年 本多劇場)
  • 「星屑の町4~長崎慕情篇」 (2000年 本多劇場)
  • 「淋しい都に雪が降る」 (2000年 青山円形劇場)[10]
  • 「クレイジーホスト リターンズ」 (2001年 本多劇場)
  • 「ストロベリーハウス」 (2001年 世田谷パブリックシアター)
  • 星宵の会 番外編 「損友」 (2004年 パンプルムス、三田村周三でんでん菅原大吉[11]
  • 「星屑の町~東京砂漠篇」 (2006年 本多劇場)
  • 「星屑の町~新宿歌舞伎町篇~ コマ劇場SPECIAL」 (2008年 新宿コマ劇場)

新作歌舞伎(作・演出)[編集]

  • 「愚図六」 (2000年 中村勘九郎主演の新作歌舞伎)

映画(脚本)[編集]

テレビドラマ(脚本)[編集]

ビデオドラマ(脚本)[編集]

テレビアニメ(脚本)[編集]

漫画(原作)[編集]

著書[編集]

  • 『Complex blue』徳間書店 1994
  • 『星屑の町 山田修とハローナイツ物語』モーニングデスク 1998

脚注[編集]

外部リンク[編集]

関連項目・人物[編集]