村上ショージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
村上ショージ
本名 村上 昭二
(むらかみ しょうじ)
生年月日 (1955-05-28) 1955年5月28日(61歳)
出身地 日本の旗 日本 愛媛県今治市
血液型 B型
身長 164cm
方言 関西弁
最終学歴 広島県立因島高等学校定時制科
師匠 滝あきら
トリオ名 何人トリオ(解散)
相方 Mr.オクレ
前田政二
芸風 漫談一発ギャグコント
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 1977年 -
同期 ルー大柴
所ジョージ
ラサール石井
小堺一機
松本竜助
現在の代表番組 痛快!明石家電視台
ヤングタウン土曜日
過去の代表番組 オレたちひょうきん族
配偶者  独身(離婚歴あり)
親族 バターぬりえ(娘)[1]

村上 ショージ(むらかみ ショージ、1955年5月28日 - )は、日本お笑いタレント。本名、村上 昭二(むらかみ しょうじ)。

愛媛県今治市出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京所属。血液型B型、身長164cm。すべり芸を得意とする。

村上ジョージは誤記。

来歴[編集]

瀬戸内海に浮かぶ伊予大島愛媛県越智郡吉海町(現:今治市)で村上家の三男として生まれる。「昭和の時代に生まれ、常に二番手を走れ、という意味で昭二と名付けられた」と本人がたびたび話していたが、2007年3月3日放送の「MBSヤングタウン土曜日」で「本当は名前の由来は分からない。聞かれたときに何か答えなければならないと思い、そのように答えていた」と話し、名前の由来すらもネタにしていたことが発覚した。よく「村上ジョージ」と間違われ、一時期はこれを芸名にしていたこともあった。また村上水軍の末裔と語っていたこともあるが家系図などは見つかっておらず実際末裔かどうかは不明[2]

母を早くに亡くし、父も身体が悪く生活保護を受けた[3]。中学卒業後、親戚の伝で広島県因島市(現:尾道市)に移り、因島高校定時制に通いながら日立造船因島工場で溶接工として働いた[4][5][6]1976年、造船所の溶接仕事の合間に見た「ヤングおー!おー!」(毎日放送制作・TBS系)の明石家さんまを見て、「この人になろう!」と決意する[7][8]。実は、それまでもお笑いをやりたくて、吉本に入りたくて仕方なかったが、父親が反対したため、親孝行のために地元で就職していた[8]。しかし父親が亡くなって兄から「好きに生きろ」との許可が降り1977年、吉本入りを志願し大阪へ向かった[7][8]。面接の時、吉本の面接官から「何ができる?」と問われ「溶接です」と答えた(この事から、初めて吉本から与えられた仕事は劇場の手摺の溶接だった[4][9])。

「楽そうだから」「優しそうだから」という単純な理由で吉本所属の漫談家だった滝あきらに弟子入り[7]。その後、「ヤングおー!おー!」の『パッパラパーズ』のメンバーとなり、全国ネットのテレビ番組に出演。その後も「さんまのサタデーナイトショー」(テレビ東京)などで東京進出を果たす。兄弟子に司会者の滝トール、タレントの九十九一らがいる。ただし九十九が、師匠である滝の葬式に姿を現わさなかったことで、後に顔を合わせた際に「義理人情がないのか」と口論になったことがある[10]

京都花月劇場で初舞台を踏むが、ドジョウを一匹丸ごと飲み込むという芸を披露し観客席からは悲鳴が上がってしまった。弟子であるさんまの友達の初舞台ということでこれを見物していた笑福亭松之助は憤慨し、大阪で仕事中のさんまを京都まで呼び出し「二度とドジョウ飲むなと言っとけ」と注意したという[11]

1982年岡田祐治と漫才コンビ・NGⅡとして今宮こどもえびす新人漫才コンクールに出場。ダウンタウンによると、大賞の筆頭候補だったが大賞を獲ったのは、そのダウンタウン。NG2は奨励賞受賞。

1980年代後半、人気バラエティ番組オレたちひょうきん族」(フジテレビ系)に、お笑いトリオの何人トリオ(旧・難民トリオ)の一員としてレギュラー出演。ギャグだけを売りにするギャグ芸人の代表格で、「ドゥーン」「何を言う・早見優」などのダジャレ交じりのギャグで有名になる。番組内では、いつものようにショージが「なにを言う」のギャグを言った後、突然早見優自身が実際に登場して「はやみゆう!」と叫んだことがあり、その後失笑し続ける早見に対して、ショージやさんま達が唖然とした表情で彼女を見つめるシーンがあった。

近年は専ら明石家さんまの相方的存在で、数々の番組で共演している。また、さんまの個人事務所である「オフィス事務所」にもラサール石井らと共に籍を置き、年末年始にはさんまのオーストラリアの別荘で過ごしている。出会った当初からさんまに惚れ込んでいたようであるが、時折他の誰もがためらうような「厳しいツッコミ」を暴走したさんまに放っている。年齢は同じだが、芸能界デビューが若干遅いため「兄さん」「先生」などと呼んでいるが、稀に「お前」「あんた」などとも呼ぶこともある(ただし、さんまは別に怒らず、それから新たな笑いを生み出すこともある)。

1989年にモデルと結婚。仲人は当時夫妻だったさんま・大竹しのぶ(ただしさんま自身は所用で披露宴を欠席したため不仲説が出た)が務めた。長女も誕生するなど円満な家庭を築いているかに見えたが、その後1999年に離婚。なお、離婚直前に出演した「はなまるマーケット」(TBS)で、離婚をほのめかすような発言をしていた。そして離婚したのをきっかけに同年からさんまからの勧めで大阪を離れ東京に住居を置くようになった。

総合格闘技イベント「PRIDE」ではリングアナウンサーの一員を務めた。紋付袴姿で登場して扇子を見ながら選手名を叫ぶのが基本スタイルで一切ギャグはない。他のリングアナが代替わりして、2000年からの参加なのに対して、1997年の第1回大会からリングアナを継続しているショージは最古参のメンバー。最初は違和感を覚えられて、一説には「第1回大会に村上一成選手と小路晃選手が出場して、「村上」と「小路」で主催者がギャグで起用した」と囁かれた。[要出典]回数を重ねるうちにいつの間にか「いるのが当たり前」となり、アナウンスの前に観客から「ショージ!」と声援を受けるまでになった。大阪大会では一際人気が高かった。

2005年ドラえもんの新声優オーディションを受けた。「ぼくドラえもんでっせ」という斬新な「関西弁のドラえもん」で関係者を爆笑させたが落選。[12]それ以前では、本人役としてテレビアニメに出演したこともある(こちら葛飾区亀有公園前派出所、「両さん、選挙に立つ」にダメダメボーイズの一員として出演)。

TBS系で2006年9月24日に放送された「DOORS 2006」では予想外の健闘を見せ、数多い若手芸人に勝る意外な運動神経を見せた。富士急ハイランドのジェットコースター「ええじゃないか」に乗りながらのクイズには唯一の全問正解を成し遂げ、マウンテンバイクで湖の上の浮き橋を疾走するゲームでは最高ポイントを獲得する。決勝戦では品川祐品川庄司)に敗れるが、番組中に獲得したポイント(125P) は、全参加者の中で最多であった。他の参加者が「テレビ受け」を意識したボケ行動をとる中、終始、真摯にゲームに参加した姿は、ショージ本人が普段から見せる「すべり芸」とは全く異なるものであった。

なお、最近では後輩のぜんじろうとのコンビ「ややウケちょいウケ」を結成。ルミネやよしもと浅草花月に出演。M-1グランプリにも出場し3回戦まで進出。

タキシードを着てテレビ番組に出演することが多く、トレードマークになりつつある(本人もタキシード姿には自信があると言っている)。

大阪で炭火焼鳥「くっくどぅ〜ん」、居酒屋「村上食堂」を経営・プロデュースし、本人もまれに食事をしに来ていた。2014年に両店舗のプロデュースを退任、店舗名も「漁火酒場まつかぜ」に変更されている。

2015年7月から大手居酒屋チェーンアンドモワ株式会社より居酒屋「しょうゆうこと」をプロデュース。2015年9月1日時点で、本人ゆかりの地である愛媛県松山市広島県広島市大阪府大阪市中央区に計3店舗出店している。

2009年8月のよしもとオンラインにて、ハローバイバイ金成公信(当時。ハローバイバイは2009年12月解散。)と「なりきんショージ」というコンビを結成。その年のM-1グランプリにも出場し、準決勝進出を果たした。しかし敗者復活戦には唯一欠場した。

2012年11月23日公開の「カラスの親指」で初の本格的な映画出演を果たすが、主演の阿部寛石原さとみらと並ぶ重要なキャストであり、あまりの役の大きさに「僕、ホンマに知りまへんで」と発言する。

2016年12月7日、「浅草キッド」でCDデビューを果たす[13]

弟子によね皮ホホ骨、綾小路文麿等がいる。娘はピン芸人のバターぬりえ[1]

人物・エピソード[編集]

  • 明石家マンション物語」(フジテレビ系、1999年10月13日〜2001年9月26日)の「ダメダメボーイズ」では、「ダメダメボーイNo.7」として出演し、スケッチブックを使って自分で描いた絵を披露。小道具を用いた一発芸は、バトルオワライヤルII笑いの金メダルでその才能が遺憾なく発揮された。また関西ローカルで放送されていた「しっぽまでアンコ!」という番組内の企画においては一発芸に関してはスベリ知らずで「ショージが小道具を用いた一発芸をすると必ず大爆笑をかっさらう」という、全国区でのイメージからは想像がつきにくい一面を見せていたこともあった。
  • 様々な番組で「一般人」の扱いを受けているが、そもそも「芸がない」「ギャグがスベる」「一般人扱い」自体が持ちネタの一つであり、誰でもツッコめるようなベタなネタを平然と行うのが強み。ギャグで笑わせず、ギャグがスベった後の妙な雰囲気と可笑しさで笑いを誘う、いわゆる「すべり芸」を世間一般に広めた代表格の一人と言われる。ダウンタウン松本人志も自身のラジオ番組で「天才」、今田耕司も「我々ピン芸人の神様」と絶賛している。
  • スベることを逆に利用し、ゴルフグリップ業者「elite grips」のCMに2015年から出演。「スベリ知らず」と銘打っている。
  • さんまによると「ある時を機会に吹っ切ってしまった」とのことで、ショージ本人はそんな自分の芸風と現状に「2時間ぐらい笑いが無くても汗もかかない。客の方が嫌な汗かいてる」と笑って述べている。
  • 東野幸治曰く、「会社の方から『あまり関わり合い持つな』と言われている」。
  • 中日ドラゴンズ投手吉見一起福岡ソフトバンクホークス捕手鶴岡慎也に顔が似ている。
  • 数年ごとに東京の全国ネット番組でレギュラーになり(大体はさんま絡み)、「今回こそ全国的に大ブレイクか」と思わせるが、毎度毎度何も無かったように引いていく。そして、東京では年末の「明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー」ぐらいでしか顔を見ることもなくなり、さんまのトークの中に現れるぐらいになる。さんまがメインパーソナリティーを務めるラジオ番組「MBSヤングタウン土曜日」(毎日放送)では、ショージが呟いた一言にさんまや玉井健二のみが大笑いして他の出演者がキョトンとする時がある。さんま曰く「お前は俺だけに面白い」。
  • 若手時代、1,000人規模の会場で客6人相手にネタをやったことがあり、ショージにとっては最も苦い思い出になっている[要出典]
  • さんまの事務所に空き巣が入った際に、警官にさんまが「おまわりさん、大丈夫です、犯人分かってますから!」と言ってすぐに、「犯人お前やろ?」とさんまから電話がかかってきた。さんまが事務所で空き巣の形跡を見つける数分前まで、一緒に野球をやっていた[要出典]
  • 三代目松鶴家千とせから、自身の没後に四代目を襲名してもかまわない、との許可をもらっている(「お台場明石城より)。
  • 痛快!明石家電視台」の特別企画で1時間ネタを披露し続けたこともある。なお、ルミネtheよしもとでは、中川家ダイノジなどのお笑いコンビと組むことが多い。
  • ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」に1999年頃初出演をし、この頃は企画会議という設定でダウンタウンらの発言に応じ一発ギャグで返すというものだった。それから数年経った2006年頃から村上が舞妓ドラキュラ闘牛士などに扮しダウンタウンらレギュラー出演者を指導しながらギャグを行う企画が不定期で行われるようになった。なお同番組のレギュラー出演者である後輩のダウンタウンからは「ショージ兄やん」、ココリコ月亭方正からは「ショージ師匠」と呼ばれている。
  • 徹子の部屋」に初出演した際に、番組の冒頭で自分の持ちギャグを披露したところ、物の見事にスベッていた。その後も番組終了までいくつか披露したが結局、ほとんど失笑という形で散々な目に遭った(なお、この際に司会者の黒柳徹子は「あっそう」「へぇ〜それ凄いですね〜」などのコメントをしている)。このショージの惨敗ぶりが、「雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!」の「徹子の部屋芸人」の基になった。
  • 小学生のときに学校でマラソン大会があり、父親に作ってもらった草鞋を履いて出場した(痛快!明石家電視台より)。
  • おしん」の舞台よりもはるかに貧しい生活をおくっていたため、「「おしん」はホームコメディ」と感想を述べ、さんまを驚かせた。
  • あまりに貧しかったため、子供時代の写真が1枚も残っていない(撮影もしていない)。テレビ番組で幼少期の写真として出してきたものは、実は家族の写真だったとカミングアウトしている。
  • 「雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!」にて中川家博多華丸・大吉などショージを慕う芸人で「村上ショージファミリー」を行った際に、ショージの芸歴・年度・出来事(番組出演など)を示したフリップが出たが、途中13年分が完全な空白になっていた雨上がり決死隊曰く「スタッフが徹夜してまで真剣に調べたけど、これしか出なかった」。また、その空白の13年の中には博多華丸・大吉と一緒に行ったショージの福岡での冠番組があるはず(Doの夜はとことん)だった。
  • 2005年9月知床で騒いでいた村上ショージと読売テレビスタッフに、男性観光客が口頭で注意。しかし、口汚く反論され、さらには体を押さえつけられたとして警察に通報した。駆けつけた警察署員の前でもスタッフらの態度は変わらず、男性観光客は後日読売テレビへ抗議。当初、ショージは謝罪の意志を示さなかったが、再度警察に相談したところ、ようやく行き過ぎた言動に対してテレビ局及びショージが男性に謝罪する事態となった[14]
  • 2008年12月3日、「ルミネtheよしもと」で公演された「村上ショージ独演会・第5章」に、独演会の主演である村上ショージが出演しないという前代未聞の事態が起こった。劇場側からは事前に「村上ショージが出演しない」という告知は一切されておらず、観客には開幕後に舞台上から告知された。当日のチケットを所有している観客を無料で招待するお詫び公演が2009年1月に開催された。この件に関し、2008年12月25日放送の「明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー」番組内で、明石家さんまに「なぜ出演しなかったのか」と問われた村上は、「自信が無くなって…」と答えている。
  • 2008年12月20日放送の金曜プレステージさんまの笑顔映像グランプリ2008」にてラサール石井の面白かった映像紹介で爆笑レッドカーペットで本当に一瞬でネタを終えた芸人と紹介される。中身は鎧騎士姿で登場し、携帯電話を取り出し「社長、これ何の罰なんです?」と言って終わると言うものだった。
  • 2010年3月1日放送の「しゃべくり007」に出演した明石家さんまは、『一番面白い芸人』にジミー大西と共にショージの名を挙げている。
  • 趣味は水墨画、個展を開いたこともある。

ギャグ[編集]

  • 「ドゥーン!」(鼻柱をつまんで手を素早く前に動かしながら)
    • 元ネタは、ショージの父親が、よく手鼻をかんでいたのを真似したものであると本人が語っている(競馬場の達人第33話)。
    • (さんま)が中野忠晴の「山寺の和尚さん」のリズムに合わせ「山寺の」(ショージ)「ドゥンドゥンドゥン」というパターンも存在する。「Yes,I ドゥーン!」と答えるパターンもある。
    • ルミネtheよしもとでは、3日に1回以上とかなり高い頻度でこのギャグが見られる。笑っていいとも!で「外国人に教えたいギャグは?」というアンケートがあったが、何と100人中2人が「ドゥーン!」を挙げていた。ちなみに間寛平は「かいーの」で1票獲得、一方でレイザーラモンHGの「フォー!」は0票に終わっている。
    • 桑田佳祐の楽曲「ダーリン」の間奏において桑田が「ドゥーン!」というシャウトを行っており、実際にこのギャグをもとにしたと自身のラジオ番組内で語っている。
  • 「ボンジュ〜ル、マドモアゼ〜ル、かき混ぜ〜る」
  • 「さみち〜の」ペペロンチーノと絡ませての三段ギャク
  • 「何を言う〜!早見優〜!」
    オレたちひょうきん族」でこのギャグを連発したところ、一度ひょうきん族収録中に本物の早見優が飛び入り参加、ショージの目の前で「…早見優〜!」と言ってのけた。
    志村けんは「そこまで言う!早見優!北天佑!醤油!ラー油!アイラブユ〜!」という類似ギャグを持っている(ただし「そこまで言う!」の元ネタはとんねるずが『とんねるずのみなさんのおかげです』内のコントで使用していたギャグ)。
    痛快!明石家電視台」で、「何を言う〜!早見優〜!」の後に醤油の小瓶を出しながら「しょ〜ゆ〜!」と言ってしまったため、明石家さんまに「(醤油は)ここ1番で使わなあかんねん、早々見せたらアカン」と突っ込まれたことがある。
  • 「ウェルカム、腕噛む、どこ噛むねん!」
  • 「長州(九州)、チャーシュー、皆の衆!」
  • 「ティモン、肛門、見えたもん!」
  • 「なんやそれそれ、腋も剃れー!アソコ剃れ剃れ、どんとそーれー、ちゃんとそーれー」
  • 「アイムソーリー、ヒゲソーリー」
  • 「軍隊、変態、そうですたい!」
  • 「おいどん、牛丼、西郷どん!」
  • 「牛タン、塩タン、何言うたん!」
  • 「I want you(アイウォンチュー)、ホッペにチュー、僕3ちゅう!」
    AKB48の「ヘビーローテーション」の出だしから替え歌で来ているものと思われる。
  • 「変態(ヘンターイ)、止まれ!お父ちゃんやめてあげて!」
  • 「仮面ライダー!変〜態!お父ちゃんやめてやめて!」
  • 「ハッピーニューイヤーン、バカンス娘たちよ!」
  • (主にさんまが北海道のことを口にすると)「でっかいどう!」
  • 「そんな○○なわけないやん…ホンマや!」
  • 「気を付けっ、回れ〜、右っ、後ろへ〜進めっ…ありゃりゃ、ありゃりゃ、ありゃりゃ!」
  • 痛快!明石家電視台のクイズコーナーで
    (さんま)「あーこれ、もう絶対(答えが)わかるわ」
    (ショージ)「わかるわけないですやん」
    (さんま)「絶対わかるって!」
    (ショージ)「わからへんって!」
    (さんま)「わからへんか?」
    …このやりとりが何度か続く
    (ショージ)「えっ、何でわかるの?」
    (さんま)「だって俺、答え知ってるもん」
    (ショージ)「えぇぇぇぇぇっ!!」
  • 「痛いの痛いの、屯田兵!!」
  • 「オレはアレか!」「どれや!」
  • 「それでは、VTR、スカート! めくっちゃいやん!」(番組のレポーターとして、VTR映像を紹介する時に、)
  • 「しょうゆうこと!」(相手から「それ、どういうこと?」などと振られると、キッコーマン醤油ガラス醤油差しを持って、)
    2008年7月26〜27日の「FNS27時間テレビ」では、「クイズ!ヘキサゴンII」のコーナーでショージが使うと、明石家さんまを初め、タモリ木村拓哉ラサール石井小堺一機ウエンツ瑛士らが、それぞれの出演場面で醤油差しを手に、「しょうゆうこと!」と連発。27時間に及んだ同番組のグランドフィナーレでも、さんまが最後に、「しょうゆうこと!」で締めくくった。ショージのギャグがブレイクした27時間であった。また、最近ではさんま司会の番組などで、さんまが芸人などにこのネタを振ることが多く、俳優の中井貴一サザンオールスターズ桑田佳祐、元MBSアナウンサー角淳一などもこのギャグを披露したことがある。このギャグが人気を集め、ショージ自ら企画に関わった、ショージの似顔絵入りのオリジナル醤油差し「村上ショージ特選ギャグ しょうゆうこと」が2008年10月からなんばグランド花月ルミネtheよしもとほか吉本グッズを取り扱う土産店で販売した。
  • 「あ、それいただき!」(と言いながらペンでメモするしぐさをし、人のギャグを横取りしようとする。さんまも時折使う)
  • 「ヒーラリンコヘラリンコ」(両手をバタバタさせて飛ぶポーズをしながら)
    ショージのギャグの中ではダジャレをモチーフにない珍しいパターン。「あっぱれさんま大先生」の初代オープニングテーマの歌詞に「あっぱれぱれヘラリンコ」とこのギャグの一部が引用されている。
  • 「銀座のママよ」(指で付け睫毛を表現しながら。大阪の場合は新地に変わる)
  • 「見ざる 言わざる 聞かざる 何でござる?」「さんまの駐在さん」で、ギャグ発明家の役で出演時に言ったギャグだが、それを見せられた客に、無料公開番組にもかかわらず、「金返せ!」と罵倒された。

ほか多数

何人トリオとひょうきん族[編集]

  • ラブユー貧乏」のコーナーでの貧乏話は、何人トリオの貧相な魅力の真骨頂を発揮した(ロス・プリモスの代表曲「ラブユー東京」の歌詞を貧乏ヴァージョンに歌い替えた曲「ラブユー貧乏」をバックで歌っていた)。以下主な貧乏話。
    「皆さん、こんなこと言いますよね。『若いうちの苦労は買ってでもせぇ』。売ったるから来いや!!」
    「皆さん、親の形見を質屋に入れたことありますか?僕何回かあります…。入れるの簡単やけど出すの結構難しいね、アレ!」
    「金持ちで病弱なのも嫌やけど…、貧乏で健康なのも結構つらいのよ!」
    「ママレモン、シャンプーに使ってますー…」
    「カレーパンのカレーをご飯にかけて食べました…」
    新幹線…、そんなに速いんやったら、何でせえへん食い逃げ!」(当初出したカール・ルイスの食い逃げネタが全くウケず、スタッフからのダメ出しでコーナー全て撮り直しになった際に咄嗟に出たもの。この時の収録は取り直し前後すべて放送された。)
  • 「何人トリオ」は本来は「難民トリオ」であるが、諸般の事情で「何人トリオ」となった。
  • 「ラブユー貧乏」はシングルも発売。「何人トリオ」のセリフ編とロス・プリモスの歌唱編からなる。
  • 「かまへんライダー」のコーナーではイエロー役(レッドはさんま、ブルーはラサール石井、グリーンは前田政二、ピンクはMr.オクレ)。

出演作品[編集]

現在[編集]

テレビ[編集]

レギュラー
準レギュラー
特番

ラジオ[編集]

過去[編集]

テレビ[編集]

ドラマ

特別・単発出演[編集]

テレビアニメ[編集]

映画[編集]

CM[編集]

Vシネマ[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]