ロス・プリモス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロス・プリモス
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ムード歌謡
活動期間 1961年-2010年5月
レーベル 日本クラウン株式会社
メンバー 森聖二(ボーカル)
大川公生(コーラス)
峰貴史(コーラス・ギター)
徳永淳(コーラス・ドラム)
上野旬也(サイドボーカル・キーボード)
旧メンバー 黒沢明(コーラス)
村上章(キーボード)
佐藤幸輝(ギター・サックス)

ロス・プリモスとは、1961年から2010年5月まで活動していた森聖二がメインボーカルを勤め、日本ムード歌謡界を代表するグループである。旧グループ名は「黒沢明とロス・プリモス」。2010年6月からは、メンバーを替えグループ名も永山こうじとロス・プリモスに変えて活動している。

概要[編集]

1961年、ラテンコーラスグループ「黒沢明とロス・プリモス」として結成。なお、黒沢は、映画監督の黒澤明と同姓同名であるが別人である。

1965年にメインボーカルに森聖二を新たに迎え“大人にも楽しめて唄える歌”として、1966年4月、クラウンレコードよりA面「涙とともに」(作詞/木村伸・作曲/中川博之)B面『ラブユー東京』(作詞/上原尚・作曲/中川博之)の作品でデビューした。これは、中川博之にとってもデビュー作となり、以来数多くの作品を共にすることになる。この時レコードジャケットは白黒だった。

地道な活動により、1年後に「ラブユー東京」が大ヒット、思いがけない展開に慌ててAB面をひっくり返し、ジャケットがカラーの「ラブユー東京」が登場した。

1968年1月に創刊されたオリコンでは創刊号(1968年1月4日付)から2週連続第1位を獲得した。1968年4月29日発売のオリコンHOT100には、「ラブユー東京」「雨の銀座」「ラブユーいとはん」「たそがれの銀座」の4曲がランクインしている。銀座シリーズ第2弾「たそがれの銀座」は発売と同時にオリコンに登場。この曲で同年NHK紅白歌合戦に出演。その後も、静岡県伊東市の城ヶ崎海岸に歌碑まで建ったという「城ヶ崎ブルース」、銀座シリーズ第3弾「恋の銀座」、当時タイトルが長く話題になった「さようならは五つのひらがな」、タンゴのリズムが軽快な「君からお行きよ」など次々と発表する。

1969年 - 1978年、ビクターレコードに移籍。移籍直後には「ヘッドライト」を発表。CM先行で発表した「せめてお名前を」は、札幌で火がついた。10周年記念曲「別れるのになぜ」と数々の曲を残したが、横浜シリーズ第2弾「夜の横浜泣いてる私」を最後にビクターレコードを離れる。

1979年、クラウンレコードに復帰。横浜シリーズ第3弾「小さなお店をもちました」、横浜シリーズ第4弾「ぬれて横浜」を発表。

1980年、黒沢がコンサート中に倒れ引退。その後グループ名をロス・プリモスに改名。

1981年、15周年記念曲「誘蛾灯」を発表。

1986年、「城ヶ崎ブルース」の続編として『雨の城ヶ崎』を発表。

20周年を迎えた頃には、「ラブユー東京」が「ラブユー貧乏」(フジテレビオレたちひょうきん族」)になり、「ハーブ湯東京」(「ライオン」CM)と形を変えて脚光を浴びる。

1989年には、秋元康作品の「泣いたカラス」。1990年には、「雪の長岡恋の町」を発表。

1991年、25周年記念曲「アドレス帳」を発表。

1992年「さよならララバイ」を発表。

1993年、シンガポール公演がきっかけで生まれた「雨の星港(シンガポール)」を発表。

1994年、「あなたのためなのよ」を発表。

1995年、「人妻夜雨」を発表。

1996年、30周年記念曲「いつまでも銀座」を発表。

1997年、久々の平尾昌晃作品の「上海しのび逢い」、「好きですサッポロ」の続編、デュエット曲になった「魅せられてサッポロ〜好きですサッポロパートII〜」を、北島ファミリーの高見のり子と発表。

1998年、「小樽化粧」(瀬川瑛子競作)を発表。

1999年、「北緯四十度四十分」青森百石町町生75周年記念曲。デュエットリメイクされた「さようならは五つのひらがな」「サッポロの星の下で」を、真帆花ゆり(現:伊吹友里)と発表。

2000年、デュエットリメイク「名古屋ブルース」は、真咲よう子と発表している。

2001年、35周年記念曲「灯りの中で」が、作詞/森聖二、補作詞・作曲/上野旬也で誕生し、2003年「北の雪虫」(キム・ヨンジャ競作)のカップリング曲として発表される。

2006年6月、40周年記念曲「フォーエバー東京」を発表。森にとって遺作となる。この際行われた40周年記念リサイタルは、ムード歌謡の発祥の地でもある有楽町よみうりホールで公演され、全35曲中29曲を森が熱唱した。40周年記念曲は、森聖二が初めて自ら頭を下げて、レコーディングが実現した。

2007年1月、森が心筋梗塞で倒れ、緊急入院し約3か月の療養を余儀なくされる。この間、サイドボーカルの上野がピンチヒッターとなってステージの穴を埋める。本人の努力のかいあって4月に現場復帰することが出来る。

2009年4月、黒沢が長い闘病生活の末亡くなる。森は、いつでも黒沢が戻ってこられるようにと、あえてロス・プリモスだけの名前にこだわっていた。その願いは叶うことなく終わってしまった。

2009年10月17日、森が自宅で心筋梗塞の発作で倒れ、慶応病院に緊急搬送された。翌日の10月18日、治療の甲斐なく息を引き取る。享年70。くしくも、翌日から検査入院が予定されていた。

2010年、佐藤がサポートメンバーに退く。

2010年5月13日、森が入手していたスケジュールを、全て上野がこなし旧体制のロス・プリモスとしての千秋楽となる。この日をもって上野が脱退。

2010年6月、永山こうじが加入。以降の詳細は永山こうじとロス・プリモスを参照。

2016年4月、NHK Eテレの朝の5分番組「0655」で「さらば、高円寺」「さらば、豊橋」を歌うと0655ファンの間で話題になる。

メンバー[編集]

かつてのメンバー[編集]

  • 黒沢明 (くろさわ あきら、1934年5月30日 - 2009年4月9日
    • 初代リーダー。1980年に病気のため活動を休止し、入院中は作詞に専念していた。映画監督の黒澤明とは別人。
  • 村上章 (むらかみ あきら、1939年6月14日 - )
    • 初代キーボード。秋田県出身。1964年ロス・プリモス加入。脱退後、出身地秋田に戻り、市内でバー『スナック・ロスプリモス』を営みながら、カラオケ指導・カラオケ制作をしている。
  • 佐藤幸輝(さとう ゆきてる、1950年7月24日 - )
    • ギター・サックス担当。宮城県出身。1978年見砂直照と東京キューバン・ボーイズに加入し、1980年にロス・プリモスの正式メンバーとなり、2000年にほかの音楽活動を兼任するためサポートメンバーに退くが、2010年の永山こうじとロス・プリモスと改称後に正式メンバーに復帰。

他多数

ディスコグラフィー(シングル)[編集]

  1. 「涙とともに」/「ラブユー東京」(1966年4月)
    オリコン ・シングルチャート1曲目の1位を獲得
  2. 「涙でしあわせを」/「ちょっとたまらないの」(1966年11月)
  3. 「夢に泣く女」/「東京ロマン」(1967年3月)
  4. 「信濃川慕情」/「新潟ブルース」(1967年7月)
    A面・B面共に美川憲一との競作。なお美川盤ではA面とB面が入れ替わっている。
  5. 「雨の銀座」/「生命のブルース」(1967年11月)
  6. 「恋の銀座」/「逢い初めの夜」(1968年1月)
  7. 「ラブユーいとはん」/「夜のお伽ばなし」(1968年3月)
  8. 「たそがれの銀座」/「わたしのあなた」(1968年5月)
  9. 「ゆく春を」/「愛はいずこえ」(1968年6月)
  10. 「城ヶ崎ブルース」/「サボテン小唄」(1968年8月)
  11. 「さようならは五つのひらがな」/「お友達のキス」(1968年12月)
  12. 「君からお行きよ」/「札幌の星の下で」(1969年4月)
  13. 「夜霧のインペリアルロード」/「恋のにがさも知りました」(1969年8月)
  14. 「夜霧のエアポート」/「星よ嘆くな」(1969年9月)
  15. 「ヘッド・ライト」/「女みずいろ」(1969年11月)
  16. 「大阪慕情」/「冬子のブルース」(1969年11月)
  17. 「夜のブルース」/「悲しみは雨のように」(1970年2月)
  18. 「ばかなわたし」/「恋は秘めごと」(1970年5月)
  19. 「うたがわないで」/「アカシヤ並木に雨が降る」(1970年8月)
  20. 「たそがれの東京」/「どうぞお幸せに」(1970年11月)
  21. 「想い出の女(ひと)」/「私の鍵をすてないで」(1971年3月)
  22. 「盛り場エレジー」/「札幌旅情」(1971年5月)
  23. 「ワンチャンスよこはま」/「似すぎていたのね」(1971年9月)
  24. 「くるま、おんな、ぶるーす」/「恋のラストブルース」(1971年12月)
  25. 「未来(あした)のない女」/「雨の十和田湖」(1972年6月)
  26. 「この恋だけは」/「もう一度」(1972年12月)
  27. 「雨に濡れて想うこと」/「可愛い女」(1973年6月)
  28. 「せめてお名前を」/「どうぞお元気で」(1974年2月)
  29. 「ビューティフルなお別れね」/「京都の女(ひと)」(1974年9月)
  30. 「あたしの彼氏(ひと)」/「愛人生活」(1975年2月)
  31. 「話してごらん」/「かなりや」(1975年7月)
  32. 「私も女です」/「せめて今夜は」(1975年11月)
  33. 「別れるのになぜ」/「愛 鍵」(1976年1月)
  34. 「指 輪」/「よくある話泣いてます」(1976年4月)
  35. 「神戸で別れて」/「世間ばなし」(1977年6月)
  36. 「夜の横浜泣いてる私」/「男と女」(1978年1月)
  37. 「小さなお店をもちました」/「ささやきの小径」(1979年1月)
  38. 「ぬれて横浜」/「なぐさめ」(1979年6月)
  39. 「ロスプリモスのディスコおてもやん」/「ロスプリモスの鹿児島おはら節」(1979年6月)
  40. 「長崎の夜はむらさき」/「おもいでの雲仙」(1979年7月)
    瀬川瑛子のカバー
  41. 「小雨のアムール」/「夜霧にぬれて」(1979年11月)
  42. 「悪いお酒ね」/「ラストワルツ」(1980年5月)
  43. 「夜のブルース(再発)」/「(カラオケ)」(1981年2月)
  44. 「心がわり」/「知らなかったわ」(1981年3月)
  45. 「誘蛾燈」/「女ごころはメランコリー」(1981年11月)
  46. 「アモーレ東京」/「ロンリー・ナイト赤坂」(1982年1月)
  47. 「アイラブユー新潟」/「新潟ブルース」(1982年12月)
  48. 「せめてお名前を」/「神戸で別れて」(1983年1月)
  49. 「亀田慕情」/「(カラオケ)」(1983年8月)
  50. 「秋 冬」/「別れるのになぜ」(1984年3月)
  51. 「おんな虫」/「新宿ワルツ」(1984年9月)
  52. 「ここであなたと暮らしたい」/「啄木の町をたずねて」(1985年1月)
  53. 「雨の城ヶ崎」/「湯の町慕情」(1986年2月)
  54. 「浪花に生きる」/「嵯峨野ひとり」(1986年4月)
  55. 「ラブユー東京パートⅡ」/「博多中洲は雨上がり」(1986年7月)
  56. 「別れの雨音」/「盛り場海峡」(1987年2月)
  57. 「ラブユー貧乏(セリフ篇)」/「ラブユー貧乏(ボーカル篇)」(1987年4月)
    「ラブユー東京」の替え歌
  58. 「湯本ブルース」/「湯泉(いでゆ)の女(ひと)」(1987年8月)
    北島三郎のカバー(北島は1985年に発売)
  59. 「金曜ロードショー」/「週末物語」(1988年2月)
  60. 「泣いたカラス」/「過 去」(1989年3月)
  61. 「雪の長岡恋の町」/「くちべにの花」(1990年2月)
  62. 「離 婚」/「だから・・・今」(1990年9月)
  63. 「アドレス帳」/「ハーモニー」(1991年9月)
  64. 「さよならララバイ」/「旭川ブルース」(1992年1月)
  65. 「ラブユー東京(再発)」/「たそがれの銀座」(1992年1月)
  66. 「湯ったり小唄」/「おもいで船」(1993年1月)
  67. 「雨の星港(シンガポール)」/「旅人椰子」(1993年8月)
  68. 「あなたのためなのよ」/「予 告」(1994年7月)
  69. 「人妻夜雨」/「夢借話(むかしばなし)」(1995年6月)
  70. 「いつまでも銀座」/「羽をもがれた天使」(1996年9月)
  71. 「上海(シャンハイ)しのび逢い」/「ほだされて」(1997年7月)
  72. 「魅せられてサッポロ」/「ロックグラス」(1997年9月)
  73. 「小樽化粧」/「霧の灯台」(1998年8月)
    瀬川瑛子との競作。なお瀬川盤の発売は1994年。
  74. 「北緯四十度四十分」/「住んでみたい町」(1999年1月)
  75. 「さようならは五つのひらがな(再発)」/「札幌の星の下で」(1999年5月)
  76. 「名古屋ブルース」/「ふたりのNAGOYA」(2000年12月)
  77. 「北の雪虫」/「灯(あかり)の中で」(2003年7月)
    キム・ヨンジャとの競作。発売時期は半年以上開きがある。
  78. 「フォーエバー東京」/「高崎の女(ひと)」(2006年6月)

出演[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

黒沢明とロス・プリモスとして出場

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1968年(昭和43年)/第19回 たそがれの銀座 04/23 小川知子
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

CM[編集]

その他[編集]

  • Eテレ0655&2355「さらば、高円寺」、「さらば、豊橋」、「さらば、宝塚」、「さらば、八戸」、「どうしてそんな名前ですのん?」2016年4月 -

特記事項[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『中日新聞』2009年10月19日付朝刊31面。