鹿児島おはら節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鹿児島おはら節をおはら祭の総踊りで踊る踊り連

鹿児島おはら節(かごしまおはらぶし)は、日本国鹿児島県民謡おはら節小原節小原良節とも書かれる。鹿児島民謡の代表格とも言われ、鹿児島市で行われるおはら祭東京都渋谷区で行われる渋谷・鹿児島おはら祭などでは、この鹿児島おはら節の旋律にのせて踊り手が踊りを披露する。

「花は霧島 煙草は国分 燃えて上がるは オハラハー 桜島」の歌い出しで有名であるが、1番以降の歌詞は歌い手により少々の差異がある。

由来[編集]

おはら節という名称の由来には諸説あるが、最も有力な説に琉球侵攻に従軍した日向国安久村(現在の宮崎県都城市安久町)の郷士が戦地で士気を鼓舞するために歌った「安久節」[1][注釈 1]が、鹿児島近在の原良村の郷士(現在の鹿児島市原良)によって歌い継がれ、それらが鹿児島県全体に広がり、発祥地である「原良」に「小」を冠称して「小原良節」と呼ばれるようになったという説がある[2][3]

その他にも日本各地の港町で歌われていた「おはら節」や「おわら節」が伝わり、鹿児島で広がったものであるという説や[4]、およそ700年前(1950年時点)から原良を発祥として歌われており、旧暦3月10日を中心に開かれていた花見会の初日に行われていた霧島神宮参拝の際に歌われていたという説がある[5]

歴史[編集]

歌詞中に登場する国分国分平野では古くより煙草の生産が盛んであった

おはら節の発祥[編集]

おはら節が歌われるようになったのは江戸時代の初期であるとされている。

花は霧島 煙草は国分 燃えて上がるは オハラハー 桜島 — 鹿児島おはら節1番

という歌詞があるが、鹿児島おはら節が歌われるようになった江戸時代初期には鹿児島や国分では煙草が栽培されていたが、その後薩摩藩では煙草の栽培、喫煙などを禁止する動きがあった。

その後も何度か禁止令が出たが、島津家の家中の間でも喫煙をする習慣があり、栽培及び売買禁止令もやがて廃れ、再び国分(現在の霧島市国分地域)の地では煙草の栽培が盛んにおこなわれるようになり、煙草の生産地として全国的に知られるようになったとされる[6]

昭和初期の全国的流行から現代[編集]

鹿児島県西之表市出身の歌手及び芸者の新橋喜代三によって1933年昭和8年)から1934年昭和9年)の間に(発売年には諸説あり)レコード化されたのがきっかけとなり全国的に流行した[7][8]。その他にも小林旭くるりなどによってカバーされている。

1949年昭和24年)より鹿児島市制60周年記念として鹿児島市にておはら祭が始まり、祭りの総踊りでおはら節が踊られるようになった。

1988年昭和63年)に鹿児島市原良町の企業が発祥の地である原良町に「おはら節発祥の地」像を建立したが、2011年平成23年)に企業が移転することとなり、像は犬迫町の個人が企業から譲り受け一時的に保管されることとなったが、2012年平成24年)に原良城西町内会が原良二丁目にある原良第二公園への像の設置を計画し、所有者からおはら祭振興会に像が寄贈され、原良第二公園に移設された[9]

また、九州新幹線が全線開業した2011年3月12日より鹿児島中央駅到着時及び発車時に流れる車内メロディ[10] や新幹線が発車する際にホームで流れる発車メロディとして鹿児島おはら節のメロディをアレンジしたものが導入された(アレンジは向谷実が手掛けた)[11]

鹿児島おはら節を歌唱した歌手[編集]

昭和初期に鹿児島おはら節をレコード化した新橋喜代三
  • 新橋喜代三 - 本曲をレコード化し、全国的に有名となるきっかけを作った。
  • 小林旭 - 『鹿児島おはら節/アキラのズンドコ節』のA面に収録されており、B面のアキラのズンドコ節などと共に映画「海を渡る波止場の風」の主題歌となっている。
  • くるり - 2011年リリースのベスト盤『ベスト オブ くるり / TOWER OF MUSIC LOVER 2』に収録。
  • AI - 九州旅客鉄道の「鹿児島、沸いてます」プロモーションCM曲として2013年3月から使用された[12]

歌詞[編集]

鹿児島おはら節[編集]

  1. (ハ ヨイヨイ ヨイヤサ)
    はな霧島きりしま 煙草たばこ国分こくぶ
    (ハ ヨイヨイ ヨイヤサ)えてがるは オハラハー 桜島さくらじま
    (ハ ヨイヨイ ヨイヤサ)※ 以下唄ばやし同様
  2. あめらんのに 草牟田川そむだがわにご
    伊敷原良いしきはららの オハラハー 化粧けしょみず
  3. えたえたよ 松原まつばらしに
    まるじゅの オハラハー えた
  4. おけさはたら来年でねんはる
    とのじょたせる オハラハー よか青年にせ
  5. 伊敷原良いしきはららの 巻揚まきゃげかみ
    かみうたなら オハラハー
    なおよかろ
  6. あめは おじゃんなとうたに
    れておじゃれば オハラハー なお可愛かわ
  7. 桜島さくらじまには かすみがかかる
    わたし貴方おはんに オハラハー がかかる
  8. このっても 夢路ゆめじかよ
    いそ浜風はまかぜ オハラハー 桜島さくらじま
  9. いて もせず ひまもくれず
    つなぎふねかよ オハラハー わしが
  10. つきのひょいと出を 夜明よあけとおもうて
    あるじを帰して オハラハー にかかる
  11. 薩摩さつま西郷せごさぁは 世界せかい偉人いじん
    くにのためなら オハラハー ぬとうた
  12. 可愛かわいがられて もござる
    いてかした オハラハー もござる
  13. わたし原良はらら袢纏はんてんそだ
    なが着物きもんにゃ オハラハ― えんがない
  14. たけにスズメは 仙台せんだいさんの御紋ごもん
    まるじゅは オハラハー 薩摩様さつまさま
  15. おごじょコラコラ 手拭てぬぐいが落ちた
    たん手拭い オハラハー なにちんか
  16. 兵児へこ意気地いきじも おごじょがすがりゃ
    あたら朱鞘しゅざや}も オハラハー きゃならぬ

【唄ばやし】

  • いま青年にせどん よか青年どん
    相談そうだんかけたら はっちこそうな 青年どん
  • どっからからな 鹿児島かごんまからな
    つけもやらずに ようたさまじゃ
  • 段々畑だんだんばたけのさやまめひとさやはしれば みな走る
    わたしゃおまんさぁに ついて走る
  • エーヤッサヤッサ 大根でこんのヤッサ らすのたかさ おかべたかどん かねもうけじゃんさお
    こげなこっつぁ めってなござらん めってござれば からだもたまらんさ
  • 道端大根みちばたでこんかずばどすかい
    いたすさまの そで引かずばどすかい
  • 谷山たにやま下町したまちとおれば たこが吸い付く おごがっつく
    こげなこっつは滅多めったにごわはん 滅多ござればからだがたまらん
  • ちゃんちゃん茶釜ちゃがまふたもない
    可愛かわおとこそでく間もない

安久節[編集]

  1. 安久節やっさぶしなら しるたこうつぶれ
    まえ泥田むただで オハラふこうござる
    (ヤッサ ヤッサ)※ 以下唄ばやし繰り返し
  2. 武士ぶし武士武士ぶしぶし 安久武士やすひさぶし
    都州島津としゅうしまずの オハラさむらいじゃ
  3. れば琉球りゅうきゅうのおしろのまわしは
    しるをつぶらにゃ オハラめられぬ
  4. すすめ進めよ われつづ
    しろおとすは オハラ安久武士やすひさぶし
  5. 安久武士やっさぶしなら 脇差わきざしゃいらぬ
    精神むねやいばで オハラてき
  6. 安久節やっさぶしなら まくらはいらぬ
    たがちがいの オハラ腕枕うでまくら
  7. とこ掛絵かけえ小梅こうめいて
    あなたうぐいす オハラまれ
  8. 御息女おごじょ こらこら かんざしちた
    たぬ簪ゃ オハラ落ちはせぬ
  9. いたおかたさけさすとき
    きん茶碗ちゃわんに オハラなみなみと
  10. 武士ぶしといえども つよいが武士か
    なさけあるのが オハラ武士じゃもの
  11. ふねは船でも 島津しまづの船は
    まるじゅの オハラいくさぶね
  12. さまらせば 唐芋からいもこめ
    けた茶碗ちゃわんも オハラよか茶碗
  13. かたちゃはんか よかもんんど
    仕事しごちゃかんとの オハラ朝寝あさねごろ
  14. かたしばし手拭いてのごいちた
    たん手拭いが オハラなぜ落ちた
  15. おはんはっちこか 太鼓てこ三味ざんまいゅかろて
    どこもる オハラてんもと
  16. いたそさまくさらせ
    すずかぜけ オハラそらくもれ 

<唄ばやし>

  • ヤッサヤッサ
    コラ 大根でこんのヤッサ らずにぬそかい
    一刀両断いっちょりょうだん気持きもちよか
    ヤッサヤッサ
  • ヤッサヤッサ
    川端かわばたいしじゃが こせばがねじゃ
    蟹の生焼なまやきゃ食傷しょっしょうもとじゃ
    ヤッサヤッサ
  • ヤッサヤッサ
    まえさんのころじゃ のよいころじゃ
    かみがつく おぼえんころじゃ
    ヤッサヤッサ
  • ヤッサヤッサ
    どっからからな 鹿児島かごんまからな
    つけもやらんこち ようさまじゃ
    ヤッサヤッサ

関連作品[編集]

  • 西郷輝彦のシングル「青年おはら節」(1965年1月1日発売)に鹿児島おはら節のアレンジ曲である「青年おはら節」が収録されている。
  • 森昌子の歌謡集「森昌子傑作民謡第二集」(1977年1月21日発売)に鹿児島おはら節が収録されている。
  • くるりのベスト・アルバムの「ベスト オブ くるり -TOWER OF MUSIC LOVER 2-」(2011年6月29日発売)の中に鹿児島おはら節が収録されている。
  • 竹川美子のシングル「花しのぶ」(2011年8月24日発売)の中に美子のおはら節が収録されている。
  • 長渕剛のアルバム「Keep on Fighting」(2004年発売)の中に「桜島」

が収録している。歌詞におはら節の1節が引用されている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 安久節 - 宮崎県 2011年9月23日閲覧。
  2. ^ おはら節の由来は? - 鹿児島市 2011年9月23日閲覧。
  3. ^ 民謡の歴史と文化(九州・沖縄)#鹿児島 - 日本民謡協会 2011年9月23日閲覧。
  4. ^ 鹿児島おはら節 - Weblio辞書(大辞林) 2011年9月23日閲覧。
  5. ^ 『伊敷村誌 村制六十周年記念』 - 鹿児島縣伊敷村村役場 1950年
  6. ^ さつま人国誌 - 南日本新聞 2011年9月23日閲覧。
  7. ^ 九州物語#おはら節 - 国土交通省九州運輸局 2011年9月23日閲覧。
  8. ^ おはら節 - Kotobank(デジタル大辞泉) 2011年9月23日閲覧。
  9. ^ 南日本新聞』 2012年10月13日付 21面(お帰り おはら節像)
  10. ^ 車内メロディについてはJR九州所属車両のみで流れる。また、九州新幹線に乗り入れるJR西日本所属車両は従来通り「いい日旅立ち・西へ」のメロディを使用している。
  11. ^ 九州新幹線全線開業時に新しい発車メロディー・車内メロディーを導入します。 - 九州旅客鉄道ニュースリリース 2011年9月23日閲覧。
  12. ^ 鹿児島沸いてます!プロモーションを実施します! - 九州旅客鉄道プレスリリース 2013年3月12日閲覧
注釈
  1. ^ 安久節自体は本来、念仏歌として始まり、後に恋愛や農作業、或は修身などを歌った俗謡として都城一帯で以前から親しまれてきたものと伝承されている

関連項目[編集]

  • 東京音頭 - 当時、新橋喜代三による歌唱で流行していた鹿児島おはら節の前弾き部が曲の前奏部に引用されている。
  • 大日本除虫菊 - 1982年頃、「どんと」のCMに替え歌が採用されたことがある。

外部リンク[編集]