いい日旅立ち・西へ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いい日旅立ち・西へ
鬼束ちひろシングル
初出アルバム『SINGLES 2000-2003(#1)
アルバム未収録(#2)』
リリース
録音 2003年
ジャンル J-POP
時間
レーベル 東芝EMIVirgin TOKYO
プロデュース 土屋望羽毛田丈史
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 4位(オリコン
  • 鬼束ちひろ シングル 年表
    Beautiful Fighter
    2003年
    いい日旅立ち・西へ
    2003年
    私とワルツを
    2003年
    テンプレートを表示

    いい日旅立ち・西へ」(いいひたびだち にしへ)は、鬼束ちひろの9枚目のシングル

    解説[編集]

    鬼束本人の23歳の誕生日の前日である2003年10月29日に発売された。作詞作曲谷村新司(#1)、鬼束ちひろ(#2)、編曲羽毛田丈史

    オリコンウィークリーチャートではシングル「Sign」とタイ記録で自己最高の4位を、デイリーチャートでは2003年10月31日付で初の1位を獲得した。

    鬼束は2003年9月声帯結節の切除手術を受け、シングルリリースの直前に同年内の休養を発表していたため、一切本人稼動のプロモーションは行われなかった。また、楽曲のレコーディングは手術前に済ませていたがカップリング曲のレコーディングには間に合わなかったため、カップリングには「月光」のライブ音源が収録される運びとなった。また版権上の問題か、この作品のみCCCD仕様が施され、「いい日旅立ち・西へ」が通常のCD-DAに収録されるには2005年9月7日発売の『SINGLES 2000-2003』まで待つこととなった。

    谷村新司によるセルフカバーは、コンピレーションアルバム『アリガトウ』とシングル「風の暦」に収録されている他、谷村自身も2003年の『第54回NHK紅白歌合戦』で本曲を歌唱している。

    収録曲[編集]

    1. いい日旅立ち・西へ [4:29]
      山口百恵・谷村新司の代表曲「いい日旅立ち」のカバー。鬼束の歌声を気に入った作詞・作曲者である谷村のラブコールによって実現したものである。カバーの際にJR西日本のキャンペーンソングとして起用されることが決まっていたため、原曲の歌詞を西日本仕様[1]に改めている。この曲が制作されるにあたって、原曲を歌った山口も「彼女の歌声はいい」と太鼓判を押したという。原曲の「いい日旅立ち」は山口百恵なら変ロ短調、谷村新司ならニ短調であるが、この曲は山口百恵のものからキーが一つ下げられ、イ短調になっているのが特徴である。
      この曲のオルゴール調アレンジ(インストゥルメンタル)がJR西日本所有の新幹線車両[2]車内チャイムとして使用されており[3]、東海道・山陽・九州新幹線においては始発駅出発時と終着駅到着前が約10間歌い出しの部分、途中駅到着前と出発時が約5秒間サビの部分が演奏される(このアレンジは『電車でGO! 新幹線EX 山陽新幹線編』でも使用されている)。
      また、2015年9月30日までは北陸新幹線W7系でも歌い出しの部分が使用されていた(現在は谷村新司の「北陸ロマン」が使用されている)[4]
      この他、岡山駅などJR西日本の中国地方の一部駅では、在来線の列車入線合図として、新幹線とは別のインストゥルメンタル版が用いられている。
    2. 月光 (from ULTIMATE CRASH '02 LIVE AT BUDOKAN) [4:35]
      • 作詞・作曲:鬼束ちひろ/編曲:羽毛田丈史
      2002年11月に行われた武道館ライブ『CHIHIRO ONITSUKA ULTIMATE CRASH '02』の際の音源をCD化したもの。
    3. いい日旅立ち・西へ (Inst.) [4:29]

    収録アルバム[編集]

    関連項目[編集]

    脚注[編集]

    1. ^ 谷村曰く「『いい日旅立ち』は北へ向かう心の内への旅、そして『いい日旅立ち・西へ』は西へ向かう安らぎの旅である」という。
    2. ^ ただし、500系V2編成による「500 TYPE EVA」では「新世紀エヴァンゲリオン」の主題歌「残酷な天使のテーゼ」が使用されている。
    3. ^ JR西日本管轄の山陽新幹線、乗り入れ先の東海道新幹線JR東海管轄)・九州新幹線JR九州管轄)。 逆に山陽新幹線内(線内完結の列車を含む)でも、JR東海所有の車両ではTOKIOの「AMBITIOUS JAPAN!」のアレンジが、JR九州所有の車両では向谷実作曲のオリジナル曲「The Journey」が車内チャイムとして使用されている。また東海道・山陽・九州新幹線(脇坂京子)と北陸新幹線(堺正幸)とでは車内放送も異なる。
    4. ^ JR東日本所有のE7系では上越新幹線と共通のオリジナル曲のチャイムが使用されている。