伊敷村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いしきむら
伊敷村
廃止日 1950年10月1日
廃止理由 編入合併
伊敷村東桜島村鹿児島市
現在の自治体 鹿児島市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 鹿児島県
鹿児島郡
面積 58.15km²
総人口 24,939
(1950年4月1日)
隣接自治体 鹿児島市、鹿児島郡吉田村日置郡郡山村伊集院町上伊集院村
他のシンボル -
伊敷村役場
所在地 鹿児島県鹿児島郡伊敷村大字上伊敷
伊敷村役場の画像
座標 北緯31度37分33.6秒
東経130度31分35.9秒
Location of Ishiki, Kagoshima, Japan.svg
伊敷村の位置図(地図は1950年時点)
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
伊敷村の地図(1950年頃、伊敷村誌より)

伊敷村(いしきむら)は、鹿児島県中部にあった1950年10月1日東桜島村とともに鹿児島市へ編入され自治体としては消滅した。平成の大合併以前の鹿児島市域の北西にあたる。

地理[編集]

伊敷村は鹿児島県中央部、鹿児島市の北方にあり、東経30度31分、北緯31度36分に位置している。村域は中央部を流れる甲突川がつくった沖積低地と山地からなっている[1]。村役場は大字上伊敷(現在の伊敷)に置かれていた。

河川[編集]

大字[編集]

伊敷村は上伊敷、下伊敷、小野、永吉(1920年(大正9年)に鹿児島市に編入)、犬迫、小山田、比志島、皆房の8大字から構成されていた。

伊敷村域は現在の鹿児島市伊敷町伊敷下伊敷伊敷台千年若葉町小野町小野犬迫町小山田町皆与志町永吉明和原良町原良、草牟田町、草牟田玉里町の全域および玉里団地西伊敷武岡城西城西の各一部に当たる。

歴史[編集]

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い、鹿児島郡上伊敷村、下伊敷村、小野村、永吉村、犬迫村、小山田村、比志島村、皆房村の区域より鹿児島郡伊敷村が成立。
  • 1911年明治44年)9月30日 - 大字下伊敷字草牟田(草牟田)を鹿児島市に編入
  • 1920年大正9年)10月1日 - 大字下伊敷字紙屋谷(玉里)および伊敷村大字永吉(永吉、原良)を鹿児島市に編入
  • 1949年(昭和24年)3月27日 - 鹿児島市編入に関する住民投票が行われ、賛成多数で編入することが決定した[1]
  • 1950年昭和25年)10月1日 - 鹿児島市へ編入(この際上伊敷は伊敷町と改称され、比志島と皆房は統合されて皆与志町となった)[2]

村名の由来[編集]

印色入日子命を祀る伊邇色神社(いにしきじんじゃ)の伊邇色が訛り、「伊敷」という地名になったとされる[3][4]

産業[編集]

産業としては農業が主であったが、石材加工を行う工場もあった[1]。また、小山田に九州初の水力発電所である小山田発電所がある[5]

行政[編集]

歴代村長[編集]

町村制施行以降の村長を記載する。表記は『伊敷村誌 村制六十周年記念』14頁に基づく。但し、旧字体については新字体に置換えるものとする。

氏名 就任期間
初代村長 川崎祐賢 1889年5月21日 - 1892年4月23日
二代村長 湯田静彦 1892年5月1日 - 1894年1月7日
三代村長 佐藤仲之丞 1894年1月18日 - 1898年1月7日
四代村長 床次金次 1898年1月18日 - 1919年1月17日
五代村長 川路與熊 1919年1月18日 - 1946年7月13日
六代村長 稲葉三次郎 1946年7月14日 - 1946年11月21日
七代村長 高附栄次郎 1947年4月8日 - 1950年9月1日

人口[編集]

以下の人口遷移表は『伊敷村誌 村制六十周年記念』の9頁の記述及び1950年のデータについては『鹿児島県市町村変遷史』の記述に基づく。

凡例
人口(人)
世帯数(戸)
1901年 16,546
2,778
1907年 17,727
3,292
1916年 20,059
3,347
1920年 16,428
3,289
1925年 16,860
3,289
1930年 17,652
3,448
1934年 17,377
3,289
1944年 18,523
3,778
1947年 15,394
5,202
1950年 24,939
5,021

教育[編集]

中学校
小学校

施設[編集]

郵便局[編集]

刑務所[編集]

交通[編集]

伊敷電停付近(1950年頃)

道路[編集]

一級国道

鉄道[編集]

伊敷村出身の有名人[編集]

鶴田義行

参考文献[編集]

  • 鹿児島県総務部参事室編『鹿児島県市町村変遷史』 鹿児島県、1967年。
    • 1950年4月1日現在の人口・面積は202-203頁に記載。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『伊敷村誌 村制六十周年記念』p.56 - 鹿児島縣伊敷村村役場 1950年
  2. ^ 昭和25年総理府告示第301号(市村の廃置分合、昭和25年10月17日付、Wikisource-logo.svg 原文
  3. ^ 『伊敷村誌 村制六十周年記念』p.1 - 鹿児島縣伊敷村村役場 1950年
  4. ^ 伊邇色神社 - 鹿児島市 2012年7月8日閲覧。
  5. ^ 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』角川書店 p.684
  6. ^ 『伊敷村誌 村制六十周年記念』p.14 - 鹿児島縣伊敷村村役場 1950年

関連項目[編集]