鹿児島県道210号小山田谷山線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般県道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
鹿児島県道210号標識
鹿児島県道210号小山田谷山線
地図
Kagoshima prefectural road 210 map.svg
路線延長 19.072Km(現道部のみ)[1]
陸上区間 19.072Km(現道部のみ)[1]
制定年 1940年
起点 鹿児島県鹿児島市小山田町
国道3号交点)
終点 鹿児島県鹿児島市上福元町
県道20号、谷山愛の聖母園前交差点)
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0003.svg国道3号
南九州西回り自動車道
指宿スカイライン
その他接続する道路は項目に記載
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
バイパスを小山田町方面に望む(鹿児島市石谷町
仁田尾北交差点(鹿児島市街方面)、この交差点より春山口交差点まで県道24号と重複する
春山交差点(永吉方面)、この交差点より山田交差点まで県道35号と重複する
上福元町(小山田方面)

鹿児島県道210号小山田谷山線(かごしまけんどう210ごう こやまだたにやません)は鹿児島県鹿児島市小山田町を起点とし、同市春山町を経由し、同市上福元町に至る一般県道である。

鹿児島都市計画において「鹿児島広域都市圏外環状道路」として位置づけられており、都市計画決定からおおむね10年以内に整備を行うとしている[2]

概要[編集]

  • 陸上距離:19.072km(旧道部:8.552km)[1]
  • 起点:鹿児島県鹿児島市小山田町(バイパス:小山田西交差点、現道:塚田北交差点)
  • 終点:鹿児島県鹿児島市谷山(愛の聖母園前交点)
  • 主な経由地:鹿児島市春山町

沿革[編集]

路線状況[編集]

共通区間[編集]

愛の聖母園前交差点から山田交差点までの区間は住宅密集地で、拡張工事が困難であり幅員が狭い最も狭い場所では片側1.5車線になる区間がある。また、幅員が狭いゆえに日々渋滞が起こる現在、山田交差点付近で拡張工事が進んでおり、拡張されると片側2車線になる。

山田交差点から春山交差点までの区間は鹿児島県道35号永吉入佐鹿児島線と重複している区間である。この区間は全体的に農村風景が広がっているが、意外と交通量が多く、定期的に渋滞する交差点がいくらか存在する。春山交差点から仁田尾北交差点までの区間は住宅地と茶畑の広がる区間になる。車線は片側1車線に改良されている。鹿児島市内と各方面(日置・いちき串木野方面など)を結び交通量が多い春山交差点は大改良がおこなわれた。

犬迫経由ルート[編集]

犬迫経由ルートとは、上図に示している谷山より山田町春山町石谷町・犬迫町を通り、小山田町塚田に至るルートである。ただし、この項目では石谷町仁田尾から犬迫町を通り小山田町塚田に至るルートについて述べる。

仁田尾北交差点から石谷の区間は以前、両側1車線の幅員の非常に狭い区間が殆どの区間であり、南九州西回り自動車道松元IC付近も片側1車線であった。現在この区間の殆どの区間はバイパス道路の用地として供用されている。周辺は住宅地である。

石谷から六ヶ所までの区間も仁田尾から石谷間と同じく両側1車線の区間がある。この区間は、バイパスのルートから外れていて、交通量が最も少ない区間になる。周辺は茶畑を中心とした農村風景が広がっている。六ヶ所から犬迫までの区間は鹿児島県道206号徳重横井鹿児島線と重複している。また、バイパス区間を遠回りしているため、このルートを通行する人は少ないと思われる。途中の旧犬迫農協上支所前の交差点を犬迫方面に向かわずに武岡方面に向かう車が多い、ここから徐々に拡幅が始まっているが、ほとんど進んでいない。犬迫から塚田北交差点までの区間はかごしま健康の森公園に向かう車が非常に多い。そこを過ぎると非常に交通量が減る。終点付近もバイパス区間が開通してから極端に交通量が少ない。終点の塚田北交差点で国道3号線と接続する

バイパス区間[編集]

バイパス区間とは、犬迫経由ルートのバイパス道路である。犬迫経由ルートとは異なる位置に始点を持つ。ここではバイパス区間について述べる。

小山田西交差点(国道3号交点)から松元ICまでの区間は片側1車線の道路であり周辺には民家は数件程度しかない、周辺の公共施設にはチェスト館などの物産館がある。また、現在沿線で多数の開発が始まりつつある。松元ICから仁田尾北交差点までの区間は片側2車線の道路である。周辺は住宅街で一部の地域で開発がおこなわれている。また、途中でガーデンヒルズ松陽台日置市方面に接続している。

バイパス[編集]

  • バイパス(鹿児島市小山田町の小山田西交差点から同市石谷町の仁田尾北交差点まで)4-2車線
    • 道路規格:第3種第2級
    • 設計速度:60km/h
    • 総事業費:約156億円

重複区間[編集]

車線数[編集]

  • 片側2車線 鹿児島市石谷町 - 鹿児島市石谷町松元IC入口交差点・山田交差点 - 谷山北中前交差点
  • 片側1車線 上記以外の区間

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

※起点から順に

周辺施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『平成20年道路現況調書』 鹿児島県土木部道路維持課 P.9
  2. ^ 鹿児島都市計画 都市計画区域の整備、開発及び保全の方針 (PDF) p.15 - 鹿児島県、2013年10月6日閲覧。
  3. ^ 『谷山市誌』 p.620 - 谷山市、1967年
  4. ^ 開通(H17.4.26)一般県道小山田谷山線 - 公益財団法人鹿児島県建設技術センター、2015年4月27日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]