鈴木道明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木 道明
生誕 (1920-11-12) 1920年11月12日
出身地 日本の旗 日本 東京府 (現東京都)
死没 (2015-12-23) 2015年12月23日(95歳没)
学歴 早稲田大学卒業
ジャンル 歌謡曲
職業 作詞家作曲家、放送局社員

鈴木 道明(すずき どうめい、1920年11月12日 - 2015年12月23日[注 1][1])は、日本作詞家作曲家東京府(現東京都)出身。

経歴[編集]

旧制早稲田中学校早稲田大学卒業。学生時代は競泳選手であり、1940年に開催される予定であった東京オリンピック日本代表候補選手であった。大学卒業後に日本陸軍飛行戦隊に入営し、戦闘機の乗員として南方戦線に出征した経験を持つ。

軍隊から復員後、発足したばかりのラジオ東京(後のTBS〔東京放送[注 2]〕)に入社し、テレビラジオの音楽番組のプロデューサーディレクターとして数々の番組を担当し、TBSでは編成局次長や第二演出部長の要職に就いていた[2]

その一方ではソングライターとして西田佐知子日野てる子などに自作の楽曲を提供・発表し、数々のヒット曲を世に送り出した。

その後創作活動から引退し、神奈川県横浜市にて隠居生活を送っていた。

2010年(平成22年)に古賀政男音楽博物館に在る大衆音楽の殿堂顕彰者に選出された[3]

2015年12月23日死去[1]。95歳没。

逸話[編集]

主な楽曲[編集]

賞詞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 古賀政男音楽博物館『大衆音楽の殿堂』顕彰レリーフでは没年月日が2015年12月25日となっている。
  2. ^ 会社法人としては、現在の東京放送ホールディングス。放送局としては、現在のTBSテレビTBSラジオ。TBSの通称は、元々東京放送のものであったが、社名変更に伴い、TBSテレビに移行した。

出典[編集]

  1. ^ a b “前川日記”. 放送人の会. 放送人の会. (2016年1月5日). http://hosojin.com/a-blog/maekawa/entry-527.html 2016年1月5日閲覧。 
  2. ^ アーカイヴより 「ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー」を作曲した鈴木道明氏とは 安倍寧Blog 2012-11-12(原典は名古屋テレビ広報誌『若い11』1966年3月号掲載)
  3. ^ 大衆音楽の殿堂(平成22年)顕彰者 古賀政男音楽博物館公式サイト

関連項目[編集]