伊吹友里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊吹友里
別名 真帆香ゆり
真帆花ゆり
生誕 (1970-03-18) 1970年3月18日(48歳)
出身地 日本の旗 日本 愛媛県今治市
学歴 愛媛県立今治北高等学校中退
職業 歌手
活動期間 1988年 -
レーベル 日本クラウン
事務所 MIYAエンタープライズ

伊吹 友里(いぶき ゆり、本名:越智 小百合(おち さゆり)、1970年3月18日 - )は、愛媛県今治市出身の演歌歌手

芸名は作曲家の北原じゅんが命名。デビュー当時は「真帆香 ゆり(まほか - )」だったが、1993年に「真帆花 ゆり」に改名。2008年に現在の芸名に改名。

アニメ・特撮ソング歌手・谷本貴義は遠い親戚にあたる。

経歴[編集]

中学3年の時、NHK勝ち抜き歌謡天国」愛媛県大洲大会に出場(作曲家の先生と組んでレッスンをしてもらい、点数をつけて出場者同士で勝ち抜いていくという番組)。作曲家の市川昭介と組んでレッスンしてもらい、決勝大会では「浪花節だよ人生は」を歌い優勝した。

愛媛県立今治北高等学校を中退し、1986年3月に歌手を目指して16歳で上京した。

クラウンレコード25周年記念オーディションに合格し、1988年1月25日に「海峡わかれ雨(水木れいじ作詞/北原じゅん作曲)」でデビューした。同年の第7回メガロポリス歌謡祭新人賞(1988年7月1日)、'88KBC新人歌謡音楽祭最優秀新人賞(1988年9月17日)、第15回横浜音楽祭新人奨励賞(1988年10月7日)、第21回新宿音楽祭新人賞銅賞(1988年10月15日)などを受賞した。

1993年3月21日に「哀愁岬」を発売。この曲から「真帆花ゆり」に改名した。1998年11月21日に「赤ちょうちんの詩」を発売。この後しばらく新曲が出せず、通販会社で5年間ほどバイト生活を送った。

2005年12月1日に公式ウェブサイトを開設した。2006年1月11日に約7年ぶりの新曲「幸せの曲り角」を発売。ファッション・プロデュースをデヴィ・スカルノが、ダンス総指揮をバレエダンサーの加藤有華が担当したことでも話題となった。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • 海峡わかれ雨(1988年1月25日、水木れいじ作詞/北原じゅん作曲)
  • 浜木綿の花(1989年10月21日、中山大三郎作詞/北原じゅん作曲) 
  • 海峡(1990年3月21日、星野哲郎作詞/北原じゅん作曲) 
  • いのちの岬(1990年11月21日、結城忍作詞/北原じゅん作曲) 
  • もしも私に(1992年3月16日、結城忍・北原じゅん作詞/北原じゅん作曲) 
  • 哀愁岬(1993年3月21日、岡田冨美子作詞/北原じゅん作曲) 
  • 海峡わかれ雨(ニューバージョン、1994年2月21日)
  • おんなの酔恋歌(1995年5月21日、志賀大介作詞/北原じゅん作曲)
  • 足摺岬(1996年9月25日、加茂笙子作詞/小倉茂夫作曲)
  • 駅(1997年6月25日、池田充男作詞/中川博之作曲)
  • 赤ちょうちんの詩(1998年11月21日、荒木とよひさ作詞/中川博之作曲)
  • 幸せの曲り角(2006年1月11日、高畠じゅん子作詞/中川博之作曲)
  • 好きだから松江(2008年6月4日、濱田珠鳳作詞/高畠じゅん子補作詞/中川博之作曲)

アルバム[編集]

  • 真帆香ゆり(1990年3月21日)
  • 真帆香ゆりベスト12(1990年11月21日)
  • 演歌競艶~三姉妹(1991年3月21日)※クラウン期待の3人(真帆香ゆり・立樹みか渡辺ひろ美)のオムニバス
  • 真帆香ゆりベスト12(1992年3月16日)
  • 真帆花ゆり/決定盤12(1993年4月21日)
  • 真帆花ゆりベスト12(1994年5月21日)
  • 全曲集(1994年10月21日)
  • 全曲集(1995年10月21日)
  • ベスト16(1997年8月21日)

デュエット[編集]

  • 兄弟みなと (1989年12月16日) 鳥羽一郎・真帆香ゆり - 鳥羽一郎「秋津島」のB面
  • 遠い日の乳母車 (1992年12月5日) 門脇陸男・真帆香ゆり
  • みちのくしぐれ (1994年8月21日) 鳥羽一郎・真帆花ゆり  - 当初村上幸子が歌う予定であったが急逝に伴い、再び鳥羽と組むことになった。
  • さようならは五つのひらがな (1999年5月26日) ロス・プリモス&真帆花ゆり

その他[編集]

外部リンク[編集]