佐伯孝夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐伯 孝夫
Saeki Takao.JPG
1949年
基本情報
出生名 和泉 孝夫
生誕 1902年11月22日
出身地 日本の旗 日本東京都
死没 1981年3月18日(満78歳没)
学歴 早稲田大学文学部仏文科卒
ジャンル 歌謡曲
職業 作詞家
レーベル 日本ビクター

佐伯 孝夫(さえき たかお、1902年11月22日 - 1981年3月18日)は、日本作詞家

東京都出身。本名、和泉 孝夫(いずみ たかお)。

略歴[ソースを編集]

早稲田大学文学部仏文科卒業。在学中西條八十に師事し、その主宰する雑誌『白孔雀』『愛誦』に詩を発表していた。1931年国民新聞社(現在の東京新聞社)入社、1937年には東京日日新聞(現在の毎日新聞社)へと移る。1939年ビクターレコード専属作詞家となる。西條八十門下生の1人。

戦前は、佐々木俊一と組み、多くを灰田勝彦小畑実に作品を提供。戦後は、作曲家吉田正とコンビを組み、『有楽町で逢いましょう』、『東京ナイト・クラブ』、『潮来笠』、『いつでも夢を』(第4回日本レコード大賞受賞曲)、『恋のメキシカン・ロック』など数々のヒット曲を生み出した。

1981年3月18日、食道癌のため死去。享年80(満78歳没)。1980年12月31日のレコード大賞への電話出演が公の場に出た最後となった。

なお『ちいさい秋みつけた』などで知られる作詞家のサトウハチローとは交流が深かった。

代表曲[ソースを編集]

  • さくら音頭(作曲:中山晋平、歌:小唄勝太郎三島一声徳山璉、1934年3月)
  • さらば青春(作曲:加藤しのぶ、歌:藤山一郎、1934年6月)
  • 無情の夢(作曲:佐々木俊一、歌:児玉好雄、1935年5月)
  • とんがらがっちゃ嫌よ(作曲:三宅幹夫、歌:渡辺はま子、1936年9月)
  • 熱海ブルース(作曲:塙六郎、歌:由利あけみ、1939年5月)
  • 燦めく星座(作曲:佐々木俊一、歌:灰田勝彦、1940年3月)
  • 森の小径(作曲:灰田晴彦、歌:灰田勝彦、1940年10月)
  • 明日はお立ちか(作曲:佐々木俊一、歌:小唄勝太郎、1942年3月)
  • マニラの街角で(作曲:清水保雄、歌:灰田勝彦、歌上艶子、1942年7月)
  • 新雪(作曲:佐々木俊一、歌:灰田勝彦、1942年8月)
  • 鈴懸の径(作曲:灰田晴彦、歌:灰田勝彦、1942年9月)
  • 婦系図の歌(作曲:清水保雄、歌:小畑実藤原亮子、1942年9月)
  • バダビアの夜は更けて(作曲:清水保雄、歌:灰田勝彦、1942年12月)
  • 勘太郎月夜唄(作曲:清水保雄、歌:小畑実、藤原亮子、1943年1月)
  • 若い力(作曲:高田信一、第2回国民体育大会・大会歌、1947年)
  • 東京の屋根の下(作曲:服部良一、歌:灰田勝彦、1948年12月)
  • 三味線ブギウギ(作曲:服部良一、歌:市丸、1949年3月)
  • 月よりの使者(作曲:佐々木俊一、歌:竹山逸郎、藤原亮子、1949年3月)
  • 銀座カンカン娘(作曲:服部良一、歌:高峰秀子、1949年4月)
  • 夜来香(作曲:黎錦光山口淑子(李香蘭)、1950年1月)
  • 火の鳥(作曲:佐々木俊一、歌:渡辺はま子、宇都美清、1950年10月)
  • 桑港のチャイナタウン(作曲:佐々木俊一、歌:渡辺はま子、1950年11月)
  • アルプスの牧場(作曲:佐々木俊一、歌:灰田勝彦、1951年5月)
  • 野球小僧(作曲:佐々木俊一、歌:灰田勝彦、1951年9月)
  • 白樺の小径(作曲:佐々木俊一、歌:淡谷のり子、1951年10月)
  • 弥太郎笠(作曲:吉田正、歌:鶴田浩二、1952年12月)
  • ハワイの夜(作曲:司潤吉、歌:鶴田浩二、1953年1月)
  • 花の三度笠(作曲:吉田正、歌:小畑実、1953年9月)
  • 弁天小僧(作曲:吉田正、歌:三浦洸一、1955年4月)
  • 東京の人(作曲:吉田正、歌:三浦洸一、1956年5月)
  • 哀愁の街に霧が降る(作曲:吉田正、歌:山田真二、1956年6月)
  • ああダムの町(作曲:吉田正、歌:三浦洸一、1956年12月)
  • 東京午前三時(作曲:吉田正、歌:フランク永井、1957年3月)
  • 郵便船が来たとヨー(作曲:吉田正、歌:三浦洸一、1957年6月)
  • 有楽町で逢いましょう(作曲:吉田正、歌:フランク永井、1957年11月)
  • 西銀座駅前(作曲:吉田正、歌:フランク永井、1958年6月)
  • 好きな人(作曲:吉田正、歌:藤本二三代、1958年11月)
  • 有楽町0番街(作曲:吉田正、歌:フランク永井、1958年11月)
  • 俺は淋しいんだ(作曲:渡久地政信、歌:フランク永井、1958年11月)
  • 泣けるうちゃいいさ(作曲:吉田正、歌:和田弘とマヒナスターズ、1959年7月)
  • 東京ナイト・クラブ(作曲:吉田正、歌:フランク永井、松尾和子、1959年7月)
  • グッド・ナイト(作曲:吉田正、歌:松尾和子、和田弘とマヒナスターズ、1959年10月)
  • 潮来笠(作曲:吉田正、歌:橋幸夫、1960年8月)
  • 再会(作曲:吉田正、歌:松尾和子、1960年9月)
  • 好き好き好き(作曲:吉田正、歌:フランク永井、1960年9月)
  • 東京カチート(作曲:吉田正、歌:フランク永井、1960年11月)
  • おけさ唄えば(作曲:吉田正、歌:橋幸夫、1960年10月)
  • 喧嘩富士(作曲:吉田正、歌:橋幸夫、1960年11月)
  • 木曽ぶし三度笠(作曲:吉田正、歌:橋幸夫、1960年12月)
  • 磯ぶし源太 (作曲:吉田正、歌:橋幸夫、1961年3月)○第3回日本レコード大賞(作詞賞受賞曲)
  • 南海の美少年(作曲:吉田正、歌:橋幸夫、1961年6月)
  • 沓掛時次郎(作曲:吉田正、歌:橋幸夫、1961年7月)
  • 江梨子(作曲:吉田正、歌:橋幸夫、1962年2月)
  • 悲恋の若武者(作曲:吉田正、歌:橋幸夫、1962年2月)
  • 寒い朝(作曲:吉田正、歌:吉永小百合和田弘とマヒナスターズ、1962年5月)
  • 中山七里(作曲:吉田正、歌:橋幸夫、1962年5月)
  • いつでも夢を(作曲:吉田正、歌:橋幸夫、吉永小百合、1962年9月)○第4回日本レコード大賞受賞曲
  • 燃ゆる太陽(作曲:吉田正、早稲田大学創立80周年・応援歌、1962年)
  • 花の折鶴笠(作曲:吉田正、歌:橋幸夫、1962年12月)
  • 舞妓はん(作曲:吉田正、歌:橋幸夫、1963年1月)
  • 伊豆の踊り子(作曲:吉田正、歌:吉永小百合、1963年)
  • 若い東京の屋根の下(作曲:吉田正、歌:橋幸夫、吉永小百合、1963年4月)
  • 白い制服(作曲:吉田正、歌:橋幸夫、1963年8月)
  • お嬢吉三(作曲:吉田正、歌:橋幸夫、1963年10月)
  • そこは青い空だった(作曲:吉田正、歌:橋幸夫、吉永小百合、1964年4月)
  • 愛と死のテーマ:映画『愛と死をみつめて』主題歌(作曲:吉田正、歌:吉永小百合、1964年8月)
  • 恋をするなら(作曲:吉田正、歌:橋幸夫、1964年8月)
  • ゼッケンNO.1スタートだ(作曲:吉田正、歌:橋幸夫、1964年9月)
  • チェッ・チェッ・チェッ -涙にさよならを-((作曲:吉田正、歌:橋幸夫、1964年11月)
  • 千葉県立小金高等学校・校歌(作曲:吉田正、1965年)
  • あの娘と僕(作曲:吉田正、歌:橋幸夫、1965年6月)
  • 残侠小唄(作曲:吉田正、歌:橋幸夫、1965年11月)
  • 奈良の春日野(作曲:大野正雄、歌:吉永小百合、1965年)
  • 恋と涙の太陽(作曲:吉田正、歌:橋幸夫、1966年6月)
  • 勇気あるもの (作曲:吉田正、歌:吉永小百合&トニーズ、1966年)
  • 海に泣いている (作曲:吉田正:、歌:トニーズ 1966年)
  • シンガポールの夜は更けて(作曲:吉田正、歌:橋幸夫、1966年12月)
  • 殺陣師一代(作曲:吉田正、歌:橋幸夫、1967年1月)
  • 恋のメキシカン・ロック(作曲:吉田正、歌:橋幸夫、1967年5月)
  • 愛の世界 (作曲:吉田正、歌:吉永小百合&トニーズ、1967年)
  • 恋人たち (作曲:吉田正、歌:吉永小百合&トニーズ、1967年)
  • 佐久の鯉太郎(作曲:吉田正、歌:橋幸夫、1967年10月)
  • 花太郎笠(作曲:吉田正、歌:橋幸夫、1968年2月)
  • 夜明けの二人(作曲:吉田正、歌:橋幸夫、1968年4月)
  • 赤い夕陽の三度笠(作曲:吉田正、歌:橋幸夫、1968年8月)
  • 東京ワルツ(作曲:吉田正、歌:フランク永井、1968年9月)
  • 乙女川(作曲:吉田正、歌:橋幸夫、1968年11月)
  • 新宿サタデー・ナイト(作曲:鈴木庸一、歌:青江三奈、 1968年12月)
  • 夜霧のインペリアル・ロード(作曲:渡久地政信、歌:黒沢明とロス・プリモス、1969年8月)
  • 人生無情(作曲:吉田正、歌:橋幸夫、1971年10月)
  • 花の喧嘩旅(作曲:吉田正、歌:橋幸夫、1975年6月)

受賞[ソースを編集]

関連人物[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]