有楽町で逢いましょう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
有楽町で逢いましょう
シングル盤
フランク永井シングル
B面 夢みる乙女(藤本二三代
リリース
ジャンル 歌謡曲流行歌
レーベル ビクター
作詞・作曲 佐伯孝夫(作詞)
吉田正(作曲)
フランク永井 シングル 年表
夜霧の第二国道
(1957年)
有楽町で逢いましょう
(1957年)
からっ風の唄
(1957年)
テンプレートを表示

有楽町で逢いましょう」(ゆうらくちょうであいましょう)は、1957年7月に発表されたフランク永井歌唱楽曲である。有楽町そごう(読売会館、現在はビックカメラ有楽町店が入居)のコマーシャルソング(キャンペーンソング)としても使用された楽曲でもある。

本項では楽曲の解説の他、関連して有楽町そごうの開店時のキャンペーンの概要も記述し、同店の歴史も簡単に記述する。

楽曲作成経緯とそごうの歴史[編集]

この楽曲の作成の経緯は、そごう本社/大阪府大阪市南区。南区は現在の中央区)の東京への進出の際に、出店地候補の一つとして有楽町を検討していた事から始まる。

1950年代前半当時の有楽町は闇市の面影もあり、現在ほど活気が無かったものの、人通りは徐々に増え続けていた事もあり、有楽町も出店候補先に挙げられていた。[1]

そごう社内での検討の結果、有楽町駅付近への出店が正式に決定したものの、有楽町の更なる活性化を目的に、1957年5月予定の「有楽町そごう」[2]開店(2000年9月24日閉店)に際し、当時そごうの宣伝部長であった豊原英典以下宣伝部により「有楽町高級化キャンペーン」を企画した。豊原は企画段階でアメリカ合衆国の映画ラスベガスで逢いましょう」からタイトルを拝借して「有楽町で逢いましょう」とのキャッチフレーズを提案し、それを採用する事になった。

又並行して各種マスメディアとの提携(タイアップ)も行ってそごうは「有楽町高級化キャンペーン」を展開する事を行った。豊原は日本テレビにこの話を持ち込み、議論の結果、そごう提供による新番組作成が決定し、同社一社提供による歌番組有楽町で逢いましょう」が1957年4月に放送開始された。

これらのキャンペーンが功を奏し、「有楽町で逢いましょう」との言葉は当時の流行語となり、そごうの開店前に有楽町界隈は一躍有名となった。そこで平凡出版(現・マガジンハウス)は同名のタイトルで小説を芸能雑誌「週刊平凡」に連載を開始した(作:宮崎博史)。当時オリンピック需要で高速道路の建設などの、出稼ぎ労働者と妻の憩いの合言葉となり、労働意欲の向上としても生産性を上げた。

豊原とその部下の団結によって企画したこれらのキャンペーンが大当たりし、有楽町そごうは開店前から評判と人気が高くなった中で、同年5月25日午前10時に有楽町そごうは開店。初日の天候であるにも拘らず30万人以上の来店客で賑っていた。

その直後にこの楽曲「有楽町で逢いましょう」を佐伯孝夫作詞/吉田正作曲で同年11月に作成。この楽曲はフランク永井が歌唱した。楽曲に付いては後述する。

その後、大映(現在会社解散)がやはり同名のタイトルで映画化を行い、翌1958年1月15日封切された。後に夫婦となる川口浩野添ひとみの他、京マチ子菅原謙二らの当時の大映オールスターが映画に名を連ねた(監督:島耕二)。またフランク永井自身も主題歌でもある「有楽町で逢いましょう」を歌唱する場面で出演している。

有楽町そごうは1957年5月25日の開店以来40年以上に亘り、多くの来店客に親しまれ、デートコースに同店を組み込む来店客も存在していた程の人気もあったが、1990年代以降は東京都庁舎新宿区への移転を契機に来店客が減少し始め、有楽町界隈の街の変化、平成不況、更に2000年7月にそごうの民事再生法適用も重なり、同月に閉店が決定した。有楽町そごうの最後の営業日となった9月24日にはこの「有楽町で逢いましょう」を店内で流して閉店セールを行った。

有楽町そごう跡の読売会館は、2001年よりビックカメラがテナントとして入居しており、新装開店当時に「有楽町ビックで逢いましょう」のキャッチフレーズも使用していた[3]

楽曲の概要[編集]

レコードは発売から半年で約50万枚を売り上げた[4]。1958年上半期のビクターの歌謡曲(流行歌)レコード売上で1位を記録した[5]

前述の通り、そごうのキャンペーンソングとして作成されたものの、キャンペーン終了後の1973年第24回NHK紅白歌合戦で歌唱されたり、その後も懐メロ番組で放送されたり等、半世紀以上に亘って親しまれる歌謡曲となり、現在でも非常に人気の高い楽曲となっている。

1957年モノラル(前奏はギター)で録音し、1962年ステレオ(前奏はトランペット)で再録音された。

フランク永井の各種CDにもほぼ定番で収録されている。そのほとんどの場合は1962年録音のステレオ盤である。また、カラオケや市販の歌謡曲の書籍物にも音源や歌詞が収録されている事が多い。

2008年、「有楽町で逢いましょう」リリース50周年を記念し、フランク永井自身の歌唱したもの、及びカヴァーで他の歌手が歌唱した「有楽町で逢いましょう」を収録した記念コンピレーション・アルバムも発売され、また有楽町マリオン前にはこの楽曲の石碑も設置された。

計画当時は三浦洸一が歌唱する予定であったが、作曲者である吉田正の強い薦めによってフランク永井の歌唱となった。

参考文献・出典[編集]

シングル収録曲[編集]

  1. 有楽町で逢いましょう
    • 作詞:佐伯孝夫、作曲:吉田正、編曲:佐野鋤、歌:フランク永井
  2. 夢みる乙女

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ そごうが東京進出の物件探しで手間取っていたところに読売が物件(読売会館)を快く提供した事が縁となって、以後そごうは読売ジャイアンツの優勝セールを開催するようになっていった。
  2. ^ 正式名称は「そごう東京店」と称す。
  3. ^ 有楽町そごう跡地に巨大総合型量販店現る---ビックカメラ有楽町店 Nikkei BP-Net 2001年6月14日閲覧
  4. ^ <甦る経済秘史>うたものがたり編 有楽町で逢いましょう、『東京新聞』2015年8月25日付朝刊。
  5. ^ 「本年度上半期 流行歌ベスト10」『毎日新聞』1958年7月14日付東京夕刊、2面。同記事によると1958年上半期の公称売上は31万5000枚で、ビクター・コロムビアキングテイチクの大手4社のレコードの中でトップの売上だという。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]