由利あけみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1956年

由利 あけみ(ゆり あけみ、1913年大正2年1月28日 - )は、昭和期の歌手、声楽家メゾソプラノアルト歌手)。本名・窪谷梅子(旧姓・加藤)。

経歴[編集]

広島県出身。高等女学校卒業後、建築家を目指して日本女子大学に進むが、兄の勧めで東京音楽学校を受験して合格、同校卒業。卒業後は女学校の教師になるが、歌手に転向する。

1936年昭和11年)デビュー。1937年(昭和12年)テイチクレコードに入り「夜のセレナーデ」で歌謡界にデビュー。テイチク時代のヒット曲としては、他に「歌の慰問袋」、「黒いパイプ」などがある。

1939年(昭和14年)ビクターレコードに移籍。熱海のPR曲「熱海ブルース」のヒットによりエキゾチックな情感溢れる歌手として異彩を放った。じゃがたらお春の「長崎物語」も合わせてヒット。同年には、歌劇カルメン』の主役も務める。

その他のヒットに『忘れえぬ瞳』『ルンバ東京』などがある。

その後、大蔵省官吏と結婚して引退。

主な舞台出演[編集]

NHK放送歌劇出演[編集]

[編集]

  1. ^ 増井敬二・昭和音楽大学オペラ研究所『日本オペラ史 ~1952』(水曜社、2003)p239
  2. ^ 増井p239
  3. ^ 増井p263
  4. ^ 増井p266
  5. ^ 増井p274
  6. ^ 増井p286