三浦環

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三浦 環
Tamaki Miura.jpg
三浦 環
基本情報
出生名 柴田環
生誕 1884年2月22日
出身地 日本の旗 日本東京府東京市京橋区[1][2]
死没 1946年5月26日(満62歳没)
学歴 東京音楽学校卒業
ジャンル オペラ
職業 歌手
活動期間 1911年 - 1946年

三浦 環(みうら たまき、1884年(明治17年)2月22日 - 1946年(昭和21年)5月26日)は、日本で初めて国際的な名声をつかんだオペラ歌手。十八番であった、プッチーニの『蝶々夫人』の「蝶々さん」と重ね合わされて、国際的に有名だった。元の名は柴田環(しばた たまき)、次いで藤井環(ふじい たまき)といった。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

1884年(明治17年)2月22日、東京府東京市京橋区(現在の東京都中央区内の京橋地域)に生まれる[1][2][注 1]静岡県城東郡下朝比奈村(現・御前崎市)出身で公証人の柴田孟甫(本名・熊太郎)を父に、同県城東郡小沢村(現・菊川市)出身の永田登波を母にそれぞれ持ち[2][4]、3歳の頃から日本舞踊を、6歳の頃から長唄を各々習い始める[5]

その後、虎ノ門の東京女学館に入学[1][5]。そこで東京音楽学校(現・東京音楽大学音楽学部)出身の音楽教師・杉浦チカから音楽家になることを強くすすめられ、1900年(明治33年)に東京音楽学校に入学。ピアノ瀧廉太郎に、声楽幸田延にそれぞれ師事、更にはヴァイオリンもアウグスト・ユンケルについて学ぶようになる[5][注 2]

日本人初のオペラ[編集]

1903年(明治36年)7月23日、奏楽堂に於いて催された日本人の手による初めてのオペラ公演に出演し、成功を収める[6][5][注 3]1904年(明治37年)に卒業後、奨学金を得て研究科に入ると同時に「授業補助」の辞令を受けて声楽を教えるようになる[7]。その後、助教授となる。この間に山田耕筰らを指導した[8]1911年帝国劇場に所属して、1912年3月レコード初吹き込みを行い、プリマドンナとして活躍を続ける。

欧米各国での活躍[編集]

1913年に柴田家の養子医師の三浦政太郎と結婚した後、夫とともに1914年にドイツ留学する。しかし第一次世界大戦の戦火を逃れてイギリスに移動。

三浦環(1917年)

1915年のイギリス・デビューの成功を受けて1916年に渡米し、ボストンで初めて蝶々さんを演じる。好意的な批評によって、その後『蝶々夫人』やマスカーニの『あやめ』をニューヨークサンフランシスコシカゴで演ずることができた(三浦環はメトロポリタン歌劇場に迎えられた最初の日本人歌手である[6])。その後ヨーロッパに戻りロンドンでビーチャム歌劇団と共演した。1918年にアメリカ合衆国に戻り、『蝶々夫人』とメサジェの『お菊さん』を上演するが、後者は「蝶々さん」の焼き直しに過ぎないとして不評であった。1920年にモンテカルロバルセロナフィレンツェローマミラノナポリの歌劇場に客演する。1922年に帰国すると長崎に留まり、『蝶々夫人』とゆかりの土地を訪ね歩き、演奏会を開いた。またレコードも大ヒットし、同年11月時点で東京市だけで8万枚を売り上げた[9]

1924年に再び渡米し、サン・カルロ・オペラ団に出演する。1925年にシカゴに行き、アルド・フランケッティから献呈された『浪子さん』を初演する。その後はイタリアで歌手活動を続け、1935年にはシチリア島パレルモで『蝶々夫人』出演2000回の記録を達成した[2]

永住帰国[編集]

パレルモで『蝶々夫人』自身出演2000回目を達成した環は、これを機に永住帰国を決断、1935年11月に帰国[2][10]

翌1936年の6月26・27両日、東京の歌舞伎座に於いて開かれた原語(イタリア語)による『蝶々夫人』公演に自身2001回目の出演を果たした[11][注 4]。以後、日本国内に於いてオペラへの出演やリサイタル開催、レコーディングなどを重ねていった[10]。ことに『蝶々夫人』に関しては、自身による日本語訳歌詞にて上演したりもした[13][注 5]

しかし、太平洋戦争第二次世界大戦)の激化から1944年3月に山梨県の山中湖(当時「中野村」→現在の山中湖村)に疎開[10]。その疎開先では、同じく疎開した母親の登波を看病する傍ら、ピアノも疎開先に持ち込み、地元民と気さくに交流したり、同じく疎開してきた多くの文化人らとの語らいを楽しんだりしていた[15]。また、子供好きの性分から、近所の子供達に歌を教えたりしていたともいわれている[16]

終戦そして人生の終焉[編集]

太平洋戦争の終戦から4ヶ月弱経った1945年12月1・7両日、日比谷公会堂に於いてシューベルト作曲『冬の旅』全24曲のリサイタルを計4回開いた。この一連の公演では自身が疎開中に翻訳した日本語歌詞が用いられている[10]

1946年に入ると目に見えて衰弱し始め、3月には大東学園病院に入院、膀胱癌のため一人では歩けない身体となっていた[10][17][5]

それでも同年3月21日に日比谷公会堂でシューベルトの歌曲集『美しき水車小屋の娘』全20曲のリサイタルを開いたほか[10][17][5][注 6]、翌4月にはNHKからの依頼を受けて計3回の録音を行った《4月5・9・16各日》[注 7]

NHKに於ける3回目の録音から9日経過した1946年4月25日、大東学園病院から東京帝国大学(現・東京大学)付属病院に転院[18]。手術の可能性を探りたいという医師側の意向からレントゲン検査を受けていた[17][5]。しかし、翌5月22日には危篤状態に陥り、その4日後の5月26日午前5時20分に息を引き取った。なお、死の2日前(5月24日)には、昏睡状態の中、ドビュッシーの『バルコン(露台)』〔歌曲集『シャルル・ボードレールの5つの詩』から第1曲〕を口ずさんでいたという[18][17][5]

環の死去を受けて、死後2日経過した1946年5月28日に最初の入院先だった病院の母体である大東学園の講堂に於いて告別式が営まれた他、翌6月7日には日比谷公会堂に於いて音楽葬が盛大に営まれ、かつて世界三大『蝶々夫人』歌手の一人として知られたジェラルディン・ファラーや、環との共演者の一人であるテノール歌手のジョヴァンニ・マルティネッリ等から追悼メッセージが寄せられた[17][5]

亡骸は、生前残した「富士山の見える湖畔で母とともに眠りたい」という遺言に基づき[15]、前年(1945年)に亡くなった母・登波と共に、山中湖東岸に程近い平野部に所在する寿徳寺に葬られている。その裏手に建立された墓碑には「うたひめはつよき愛国心持たざれば 真の芸術家とはなり得まじ」と実筆の詩が刻まれている[19][20]

評価[編集]

お蝶夫人三浦環の像[21]グラバー園にある銅像)

作曲者自身から激賞されたように「蝶々さん」が当たり役であり、その正統的で模範的な演技で評価された。少女時代に日舞を学んでいたこともあり、美しく自然な所作によって成功を掴むことができたといわれている。その名声ゆえに、エンリコ・カルーソーヤン・パデレフスキといったスター芸術家とも共演する。

三浦環が蝶々さんに扮した姿の銅像は、プッチーニの銅像とともに長崎市のグラバー園に建っている。

門弟[編集]

著名な門弟に原信子、長坂好子、柳兼子、鈴木乃婦、関屋敏子小林千代子由利あけみがいる。

著書[編集]

  • 柴田環『世界のオペラ』共益商社 1912
  • 『わが芸術の道』世界創造社 スメラ民文庫 1942
  • 『お蝶夫人』吉本明光編 右文社 1947
    • 『お蝶夫人 伝記・三浦環』大空社・伝記叢書 1996
    • 『人間の記録 三浦環 お蝶夫人』日本図書センター 1997

翻訳[編集]

関連書籍[編集]

  • 吉本明光『三浦環のお蝶夫人』音楽之友社・音楽文庫 1955
  • 大林清『三浦環 永遠の歌姫』ポプラ社・偉人伝文庫 1956
  • 高橋巌夫『永遠の蝶々夫人三浦環』春秋社 1995
  • 田辺久之『考証三浦環』近代文芸社 1995

フィクションにおける三浦環[編集]

小説
  • 瀬戸内晴美『お蝶夫人 小説三浦環』講談社 1969 のち文庫
映画
テレビドラマ
ラジオドラマ

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 出生地を「東京市芝区(東京・芝)」としているサイトも存在する[3]。但し、少なくとも東京音楽学校(現・東京芸術大学音楽学部)入学以降の時期には「東京市芝区」内に在住していた[4]
  2. ^ 「ピアノを瀧廉太郎に、声楽をユンケルに習う」というふうに記述するものも存在する[1]
  3. ^ この公演は東京帝国大学(現・東京大学)東京美術学校(現・東京芸術大学美術学部)、東京音楽学校の学生や卒業生たちにより催された。演目はグルック作曲『オルフェオとエウリディーチェ』で、三浦はこの主役にあたるエウリディーチェ役を演じた。なお、当時は未だ本格的なオーケストラは存在しなかったため、ピアノ伴奏により行われたとされている[5][6]
  4. ^ 関東大震災の救援活動を通じて集まった婦人団体から成る東京連合婦人会が、この“2001回目”公演を主催した。環が務めたタイトル・ロール(蝶々夫人)以外の主要キャストとして、海軍士官ピンカートン役には永田絃次郎と渡邊光のダブルキャスト、アメリカ領事シャープレス役には下八川圭祐が配された。このほか、演出は伊庭孝が担い、管弦楽は篠原正雄指揮中央交響楽団(現・東京フィルハーモニー交響楽団)が担っていた[12]
  5. ^ 前記“2001回目”公演から約7ヶ月後の1937年1月28・29両日に大阪市中央公会堂に於いて開催された環主演による『蝶々夫人』関西初公演では、環による邦訳歌詞が使われた。この大阪市内に於ける公演は、東京音楽学校(現・東京芸術大学音楽学部)卒業生で組織する「同声会」の大阪支部の主催により開かれたもので、開催時点で同支部の支部長を務めていた永井幸次大阪音楽学校(現・大阪音楽大学)の創立者としても知られている[14]
  6. ^ 当該リサイタルの開催にあたっては、当時入院していた大東学園病院の荘司医師が付き添っていたほか〔注射したりもしていた〕、舞台上へはマネージャーや弟子の手を借りながら登場していた。なお、舞台衣装として振袖を着用した[10][17][5]
  7. ^ 1回目の録音は4月5日に行われ、シューベルトの歌曲集『冬の旅』全曲を収録。2回目は4月9日に行われ、自身の十八番である『蝶々夫人』から“「ある晴れた日に」・「ハミングコーラス」・「操に死ぬるは」”、義太夫節『三十三間堂棟由来』(浄瑠璃『祇園女御九重錦』三段目)から「木遣歌」を収録、加えてプッチーニとの思い出についてのトークも併せて収録した。3回目は4月16日に行われ、「庭の千草」・「ケンタッキー・ホーム」・「ホーム・スイート・ホーム」等のポピュラー曲を管弦楽伴奏付きで収録している。これら計3回の録音のうち、2回目の録音では当時のNHK第1スタジオが使用され、管弦楽(クラウス・プリングスハイム指揮)が用意された一方、舞台裏には簡易便器も用意されていたという[18]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 世界のプリマドンナ三浦環とは/プロフイール”. マダム・バタフライとは. マダム・バタフライ インターナショナル財団. 2016年2月21日閲覧。→アーカイブ
  2. ^ a b c d e コンクールについて”. 静岡国際オペラコンクール. 2016年2月21日閲覧。→アーカイブ
  3. ^ 酒井義夫(いずみ書房創業者) (2014年5月26日). “『蝶々夫人』の三浦環~今日はこんな日”. 児童英語・図書出版社 創業者のこだわりブログ. いずみ書房. 2016年2月21日閲覧。→アーカイブ
  4. ^ a b 江本弘志 『日本人歌手ここに在り!:海外に雄飛した歌い手の先人たち』 文芸社2005年、10頁。ISBN 483558922X
  5. ^ a b c d e f g h i j k 人間の記録27 三浦環”. 一般・図書館向け~文芸・読みもの. 日本図書センター (1997年6月). 2016年2月21日閲覧。→アーカイブ
  6. ^ a b c 網倉俊旨 (2010年3月11日). “歩いてみよう、上野界隈・第二回「旧東京音楽学校奏楽堂」”. 春祭ジャーナル~東京・春・音楽祭. 東京・春・音楽祭実行委員会. 2016年2月21日閲覧。→アーカイブ
  7. ^ 坪井賢一(ダイヤモンド社論説委員) (2014年8月22日). “「蝶々夫人」を1910-30年代に欧米で歌ったソプラノ歌手・三浦環の数奇な音楽人生(全6頁中2頁目)”. ダイヤモンド・オンライン. ダイヤモンド社. 2016年2月21日閲覧。 “かの残響、清冽なり――本田美奈子.と日本のポピュラー音楽史【第58回】”→アーカイブ
  8. ^ 山田耕筰 『自伝 若き日の狂詩曲』 中公文庫中央公論新社)、1996年6月ISBN 4122026245。「改版あり(初回刊行「2016年1月21日」・ISBN「4122062187」)」
  9. ^ 読売新聞』1922年8月3日(倉田喜弘『日本レコード文化史』東京書籍(東書選書 124)、1992年、113頁。ISBN 4-487-72224-1)。
  10. ^ a b c d e f g 坪井賢一(ダイヤモンド社論説委員) (2014年10月3日). “日本人初の世界的なオペラ歌手として活動した三浦環20年間の最盛期をたどってみた(全6頁中4頁目)”. ダイヤモンド・オンライン. ダイヤモンド社. 2016年2月21日閲覧。 “かの残響、清冽なり――本田美奈子.と日本のポピュラー音楽史【第61回】”→アーカイブ
  11. ^ 三浦環 みうら たまき”. コトバンク. 朝日新聞社. 2016年3月13日閲覧。
  12. ^ 三浦環主演 グランドオペラ《蝶々夫人》”. 昭和音楽大学オペラ研究所オペラ情報センター. 昭和音楽大学. 2016年3月12日閲覧。→アーカイブ
  13. ^ 日本人初の世界的ソプラノ、三浦環誕生(1884~1946)”. おんがく日めくり. ヤマハ. 2016年3月12日閲覧。→アーカイブ
  14. ^ 大阪音楽大学創立100周年誌編集室. “関西音楽史のなかの大阪音楽大学(大阪音楽大学の歴史)”. 学校法人大阪音楽大学100周年記念事業. 大阪音楽大学. 2016年3月12日閲覧。 “ページ表示後、中程に掲載されている年表上部に並ぶタブのうち「1931年-1945年」タブをクリック”→アーカイブ
  15. ^ a b 三浦 環”. 山中湖村ホームページ(旧). 山中湖村. 2016年3月12日閲覧。 ※ 現在はインターネット・アーカイブ内に残存
  16. ^ 工藤正義(三島由紀夫文学館). “人物「三島由紀夫・三浦環・徳富蘇峰と山中湖」”. 山中湖村エコツーリズム. 山中湖村エコツーリズム推進協議会. 2016年3月12日閲覧。→アーカイブ
  17. ^ a b c d e f 『三浦環のプロフィール』:新字新仮名 - 青空文庫《→アーカイブ〔カード(表紙)作品本文〕》
  18. ^ a b c 坪井賢一(ダイヤモンド社論説委員) (2014年10月3日). “日本人初の世界的なオペラ歌手として活動した三浦環20年間の最盛期をたどってみた(全6頁中5頁目)”. ダイヤモンド・オンライン. ダイヤモンド社. 2016年3月12日閲覧。 “かの残響、清冽なり――本田美奈子.と日本のポピュラー音楽史【第61回】”→アーカイブ
  19. ^ 寿徳寺・三浦環墓碑”. 山中湖観光協会. 2016年3月12日閲覧。→アーカイブ
  20. ^ 寿徳寺”. 山中湖村観光課公式サイト. 山中湖村. 2016年3月12日閲覧。→アーカイブ
  21. ^ 4.三浦環像~旧自由亭(「ナガジン」発見!長崎の歩き方) - 長崎市役所

参考書籍[編集]

  • New Grove Dictionary of Opera Vol.3, NY: Macmillan 1972.
  • Michael Scott, The Record of Singing, Vol.2 1914-1925, London: Duckworth 1979.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]