大林清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大林 清
(おおばやし きよし)
Obayashi Kiyoshi.JPG
1954年
誕生 1908年4月25日
日本の旗 日本 東京府東京市芝区
死没 (1999-10-27) 1999年10月27日(90歳没)
職業 小説家劇作家
最終学歴 慶應義塾大学仏文科中退
活動期間 1940 - 1999年
文学活動 新鷹会
主な受賞歴 野間文芸奨励賞(1940年
紫綬褒章1966年
芸術祭優秀賞(1979年
勲四等旭日小綬章1990年
勲三等瑞宝章(1990年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

大林 清(おおばやし きよし、1908年4月25日 - 1999年10月27日)は東京都出身の小説家劇作家

人物[編集]

  • 東京・芝出身[1]
  • 東京府立第一中学校を卒業後に慶應義塾大学仏文科入学。1932年に同校中退後、1933年同人雑誌『大衆文学』を創刊、1939年長谷川伸が主宰する新鷹会に入会した。
  • 1939年頃、長谷川伸主宰の劇作研究会で舞台脚本を執筆[2]
  • 第4代日本作家クラブ会長。
  • 直木賞に4回候補となったが、いずれも受賞にはならなかった。
  • 1943年野間文芸奨励賞を受賞。
  • 戦後は都会風俗を描き、ラジオ、テレビの脚本を多く書いた。「あの波の果てまで」などの人気テレビドラマの脚本を手掛けた。
  • 1954年、NHK連続放送劇「かくて夢あり」の原作者として、第15回NHK紅白歌合戦の特別審査員となった。
  • 日本放送作家組合(現・日本脚本家連盟)の創立以来、理事長を務め、日本著作者団体協議会会長など文化団体の会長、理事、評議員など歴任[3]

賞歴[編集]

著書[編集]

  • 戦線銃後愛国小説集 三邦出版社 1940.11 (歓喜力行文庫)
  • 時代の尖兵 蒼生社 1941 のち春陽堂文庫
  • 母の戦旗 興亜文化協会 1941
  • 猪平九郎武勇伝 大白書房 1941
  • 富賤の籤 成武堂 1942 (国防文芸叢書)
  • わが荒鷲 戯曲集 錦城出版社 1942
  • 撃滅の朝 錦城出版社 1942
  • 欧化時代 湯川弘文社 1942
  • ぼくらの空軍 忠文館書店 1943
  • マラッカ海峡 大川屋書店 1944
  • 庄内士族 輝文堂 1944
  • 美貌 富国出版社 1947
  • 花の譜 むさし書房 1948
  • 恋に朽ちなむ 湊書房 1948
  • 母千鳥 偕成社 1949
  • 母恋ちどり ポプラ社 1950
  • 双真珠 偕成社 1950
  • 哀しき円舞曲 偕成社 1951
  • フランクリン 科学と政治の人 ポプラ社 1951 (偉人伝文庫)
  • 情熱のルムバ 新小説社 1951 (新小説文庫)
  • 謎の春駒 銀平捕物帖 同光社磯部書房 1951
  • 恋疾風 同光社 1951
  • 嘆きの夜曲 偕成社 1952
  • 石川啄木 薄幸の詩人 ポプラ社 1953 (偉人伝文庫)
  • 髑髏(どくろ) 桃源社 1953
  • 虹よふたたび 偕成社 1954
  • 上杉謙信 文武の名将 偕成社 1954 (偉人物語文庫)
  • 日本の虎 鶴書房 1954
  • 今宵誓いぬ 東京文芸社 1954 のち春陽文庫
  • いのちのかぎりを 東方社 1954
  • 泥んこの詩集 東方社 1954
  • 風吹かば吹け 東京文芸社 1954
  • 旅姿五十三次 東京文芸社 1954 のち春陽文庫
  • 天に日月なくとも 東方社 1954
  • かくて夢あり 第1-2部 宝文館 1954
  • 新貞操問答 東方社 1954
  • 貞操一つならず 豊文社 1954 のち春陽文庫
  • 朱唇愁いあり 東京文芸社 1954 のち春陽文庫
  • 夢よ永遠に 太平社 1954
  • 風よ心あらば 豊文社 1954 のち春陽文庫
  • 試験結婚 和同出版社 1954
  • 浅間の火祭 東京文芸社 1954
  • 赤い花白い花 偕成社 1955
  • 雲よいずこへ 偕成社 1955
  • 涙の母子鳥 偕成社 1955
  • 疾風群盗伝 偕成社 1955
  • 少年打撃王 光文社 1955 (少年文庫)
  • 近藤勇 偕成社 1955 (実録時代小説)
  • 結婚白書 東方社 1955
  • 美貌の檻 大日本雄弁会講談社 1955 (ロマン・ブックス)
  • 花も嵐も 東方社 1955
  • 慶安走馬灯 桃源社 1955 (新撰大衆小説全集)
  • 慾望の河 東京文芸社 1955 のち春陽文庫
  • 吉野峡秘聞 同光社 1955 (長篇時代小説全集)
  • はやて組 同光社 1955
  • その名は女 大日本雄弁会講談社 1955 (ロマン・ブックス)
  • 誰がため麗しき 東方社 1955 のち春陽文庫
  • 清らに咲ける 東京文芸社 1955 (人気作家小説全集) のち春陽文庫
  • 春を知らぬ女 東方社 1955
  • わが恋やまず 東方社 1955
  • 恋風笠 和同出版社 1955
  • 暗夜群像 東方社 1955
  • 三浦環 永遠の歌姫 ポプラ社 1956 (偉人伝文庫)
  • 荒木又右衛門 偕成社 1956 (実録時代小説)
  • 花は燃えている 桃源社 1956
  • 青春無宿 桃源社 1956
  • ヒマラヤの魔王 異国物語 桃源社 1956
  • 朱唇問答 東方社 1956 のち春陽文庫
  • 花の面影 東京文芸社 1956 のち春陽文庫
  • 鐘を鳴らす武士 同人社 1956
  • 風雲維新暦 同光社 1956 (新作・大衆文学全集)
  • 大地に夢あり 大日本雄弁会講談社 1956 (ロマン・ブックス)
  • 男の舞扇 東方社 1956 (東方新書)
  • なつかしの花園 ポプラ社 1957
  • 若草の歌 ポプラ社 1957 (少女小説文庫)
  • 哀愁の園 1-3 東京文芸社 1957 のち春陽文庫
  • 美しき毒蛾 桃源社 1957 のち春陽文庫
  • ただ君ゆえに 東京文芸社 1957 のち春陽文庫
  • 月下の若武者 桃源社 1957
  • 夢いつの日に ポプラ社 1958 (少女小説文庫)
  • 忘れ得ぬ人 第1-3部 東京文芸社 1958
  • 翼なき鷹 桃源社 1958
  • 愁いの湖 浪速書房 1958
  • 忘れじの面影 浪速書房 1958
  • 恋は炎か 東京文芸社 1958
  • 火の誘惑 浪速書房 1959
  • 彼女の危機 桃源社 1959
  • 愛しきはあの人 第1-3部 東京文芸社 1959
  • 喧嘩街道 新文芸社 1959
  • 夜ごとの霧 講談社 1959 (ロマン・ブックス)
  • 薔薇の流れ 浪速書房 1959
  • この日美わし 東京文芸社 1959
  • 美貌の罠 光風社 1959
  • 君恋う鋪道 浪速書房 1960
  • 恋の夕映え 浪速書房 1960
  • 悪女の素顔 桃源社 1960 のち春陽文庫
  • あの波の果てまで 東京文芸社 1960
  • 私は生きる 講談社 1960
  • さゞ波の彼方に 浪速書房 1961
  • 泣き濡れた春 浪速書房 1961
  • めぐり逢う日まで 東京文芸社 1961
  • 夢いくたびか 春陽文庫 1961
  • ラジオ・テレビ台本の書き方入門 協文社 1962
  • この地果つるまで 集英社 1962-1963
  • 夢の星座 春陽文庫 1963
  • あゝ美しき人ゆえに 講談社 1963
  • 火の河 東京文芸社 1963
  • 永遠の恋人 春陽文庫 1964
  • 朱よりもあかく 春陽文庫 1964
  • 天の花束 桃源社 1964 (ポピュラー・ブックス)
  • 初めて書こうとする人のためのラジオ・TVドラマ構成法 日本文芸社 1964
  • 飛行機雲 桃源社 1965 (ポピュラー・ブックス)
  • 黒い情炎 桃源社 1966 (ポピュラー・ブックス)
  • 花の面影 春陽文庫 1966
  • 恋人をさがそう 春陽文庫 1967
  • 知られざる湖 東京文芸社 1969
  • 小樽の女 春陽堂書店 1969 (サン・ポケット・ブックス)
  • 銀座女八帖 講談社 1970
  • 沖縄の踊り子 春陽堂書店 1970 (サン・ポケット・ブックス)
  • 翼よ、いつの日に 桃源社 1971 (ポピュラー・ブックス)
  • 愛染椿 講談社 1972
  • 清正と行長 秀吉と文禄の役 偕成社 1978 (歴史小説シリーズ)
  • 玉の井挽歌 青蛙房 1983.5
  • 明治っ子雑記帳 青蛙房 1990.2

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  2. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  3. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報

外部リンク[編集]