朝潮太郎 (3代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
朝潮 太郎 Sumo pictogram.svg
Shōnen Magazine first issue.jpg
週刊少年マガジン創刊号(1959年(昭和34年))の表紙を飾った朝潮太郎
基礎情報
四股名 米川 文敏→朝汐 太郎→朝潮 太郎
本名 米川 文敏
愛称 大阪太郎・ケガニ[1]
生年月日 1929年11月13日
没年月日 (1988-10-23) 1988年10月23日(満58歳没)
出身 鹿児島県徳之島(出生地は兵庫県武庫郡、現在の神戸市
身長 189cm
体重 145kg
BMI 40.59
所属部屋 高砂部屋
得意技 左四つ、寄り
成績
現在の番付 引退
最高位 第46代横綱
生涯戦歴 501勝270敗101休(59場所)
幕内戦歴 431勝248敗101休(52場所)
優勝 幕内最高優勝5回
十両優勝1回
殊勲賞4回
データ
初土俵 1948年10月場所
入幕 1951年1月場所
引退 1962年1月場所
引退後 一代年寄・朝潮→年寄・振分→5代目高砂
備考
金星7個(羽黒山1個、千代の山3個、吉葉山1個、栃錦1個、鏡里1個)
2013年9月19日現在

朝潮 太郎(あさしお たろう、1929年(昭和4年)11月13日 - 1988年(昭和63年)10月23日)は、本名・米川 文敏鹿児島県徳之島出身(出生地は兵庫県武庫郡、現在の神戸市)で、高砂部屋に所属していた大相撲第46代横綱。現役時代の体格は身長189cm、体重145kg。得意技は左四つ、寄り。

来歴・人物[編集]

1948年(昭和23年)10月場所、本名の米川で初土俵。当時奄美は米軍の占領下にあったので兵庫県の親戚、大沢徳城を頼って貨物船に忍び込み密航、奄美が返還されるまで兵庫県(神戸)出身と番付に書かれていた。力士となってから故郷奄美の返還運動にも参加し奄美返還後は鹿児島県出身と書かれた。濃い胸毛と太い眉毛で人気を博し、当時は"一に朝潮、二に長嶋、三に三島由紀夫"と胸毛の濃い著名人を謳うフレーズが聞かれた[2]東宝映画『日本誕生』に手力男命の役で出演したり、週刊少年マガジン創刊号の表紙も飾った[2]。大阪場所で強く、「大阪太郎」と呼ばれた横綱だった。優勝は5回あるがそのうち4回が大阪(あと1回は九州)、横綱昇進を決めたのも大阪だった。

1951年(昭和26年)1月場所、年6場所制実施(1958年)以前では羽黒山に並ぶ、序ノ口から所要7場所の最速で新入幕を果たす。1952年(昭和27年)9月場所は4日目に羽黒山、9日目に千代の山を初顔で破り、10勝5敗と二桁勝利を挙げて初の殊勲賞を受賞した。翌1953年(昭和28年)1月場所で小結を通り越して新三役(関脇)に昇進して11勝4敗の好成績を挙げ、2回目の殊勲賞を受賞した。入門当初から世話になり積極的に稽古をつけてくれた東富士の引退により1度は低迷して平幕に下がるが1956年(昭和31年)3月場所関脇で12勝3敗の成績で大関若ノ花、平幕の前頭15枚目・若羽黒との決定戦に進出、下馬評は当然大関若ノ花有利だったがこれに勝って初優勝を果たした。これは昭和生まれの力士のはじめての幕内優勝でもあった。

翌5月場所に大関昇進を賭けたが8勝7敗で失敗に終わった。しかし1957年(昭和32年)3月場所は初日から12連勝し、史上初の横綱大関総なめ(同松登と休場した吉葉山を除く)の快挙を成し遂げ、13勝2敗で2回目の優勝を果たし、場所後大関に昇進した。1958年(昭和33年)3月場所も13勝2敗の成績で関脇・琴ヶ濵との決定戦を制して優勝し大阪場所3連覇、大阪太郎の名を定着させた[2]。同年11月場所は14勝1敗の成績で4回目の優勝、1959年(昭和34年)3月場所は優勝こそ逃したが、13勝2敗の好成績で1月場所の11勝4敗という成績は問題視されたが横綱になった。当時、胸毛のある力士は横綱になれない[3]というジンクスを見事破った[2]

しかし横綱昇進以後は腰椎分離症などに悩まされ強弱の差が激しく、強い朝潮と弱い朝潮の2人がいるといわれ[2]、ある時朝潮にいい所なく負けた出羽錦が「今日は強い方の朝潮と当たっちゃった」と言っていた。また休場が多いため「や印の横綱」とまで言われた[2]。その後はしばらく優勝することがなかったが、1961年(昭和36年)3月場所は4日目に栃光に敗れたのを除いて白星を重ね、14日目に大関・琴ヶ濵を押し倒して13勝1敗、14日目に5回目の優勝を決めた。千秋楽は大関・柏戸に上手投げで敗れたものの13勝2敗で再起を果たした。この場所は「弱い朝潮は生まれたばかりの息子をあやすために東京に残って、強い朝潮1人だけが大阪に来た」と言われた。5月場所は初日から3連敗で休場、7月場所は初日から7連勝し、千秋楽に12勝2敗同士で大関・大鵬との相星決戦に臨んだが敗れて12勝3敗。これが最後の光だった[2]。結局素質は戦後最高とまで言われながら連覇も全勝もなく一時代を築けなかった。体を前に小さく屈めて対する鶏追いの型で小兵力士には強く、栃錦には一時期不戦勝も含めて6連勝と健闘し、通算対戦成績も13勝16敗、若乃花はたびたび彼に苦杯を嘗め、通算対戦も16勝17敗(上述の決定戦も含めれば17勝17敗)と互角に闘った。また、大関・若羽黒には21勝3敗と圧倒的に強く、大関・琴ヶ濱にも18勝11敗と勝ち越しており、一時期は7連勝したこともあった。その一方で関脇・鶴ヶ嶺には10勝8敗と苦手にしていた。

1962年(昭和37年)1月場所、番付に名を残しながら同場所前に現役引退を表明。横綱在位数は1961年(昭和36年)までの16場所だった(番付上は17場所)。本来は振分親方となるはずだったが親友である松登の引退の際に名跡を貸していたため当時の一代年寄制度を利用して朝潮のまま親方になる。現役力士から名跡を借りている親方は、本来は名跡の持主が引退すれば返さなければいけないが、松登は年寄名跡がなくこのままでは廃業かと心配していた。この時振分(松登)のもとを訪ね自身は横綱の特権が使えることからそのまま貸し続けることを快諾したという。同年大山髙登)が亡くなり振分親方が大山部屋を継承すると自身は振分を襲名。一時期独立して振分部屋を経営したが後に部屋を閉じて高砂部屋に戻った。

1971年(昭和46年)の4代目高砂(元横綱前田山)が亡くなったことに伴い、5代目高砂となり、高砂部屋を継承し、先代から引き継いだ高見山富士櫻、自分の代に入門した朝潮(現高砂)、小錦水戸泉(現錦戸)らを育てた。

また、1975年(昭和50年)の大関・貴ノ花の初優勝に際し、審判部長として、貴ノ花の兄二子山審判部副部長に優勝旗を授与させるはからいも見せた。

1988年(昭和63年)9月場所中、弟子で西サモア出身の幕内力士だった南海龍が飲酒による素行問題を起こすと(その後南海龍は廃業)、その後間もなくして脳溢血で倒れ緊急入院。しかし意識は戻らないまま、同年10月23日に58歳で急死した。同年行なわれた若乃花還暦土俵入りの際には、「来年は儂の番だ」と自身の還暦(60歳)土俵入りを楽しみにしていたという。ただしこの土俵入りのために他人に見せられる体にするため当時50代後半という高齢に鞭をうちジョギングなどのハードトレーニングをしていたといいこれも急逝の遠因ではないかと指摘する声もある。赤い綱も用意していたが使われることなくお蔵入りとなった。

1995年7月、出身地の徳之島町に銅像が建てられた。2006年12月の徳之島巡業の折には、孫弟子にあたる横綱朝青龍が銅像の前で土俵入りを行っている。夫人ら家族は長野県茅野市でちゃんこ鍋屋「相撲茶屋 よねかわ」を経営。長男はフジテレビプロデューサーの米川一成。

エピソード[編集]

1953年
  • 声質はジャイアント馬場に似ていた(小錦によく真似されている)。
  • 初優勝の時の優勝パレードで着る紋付がなく、大柄な大山親方(元髙登)に頼んで借りたがそれでもまだ朝潮には小さかったため借りる相手がおらず、師匠に「ええい、それなら裸で行けい」と言われて史上初の締込姿での優勝パレードになった。
  • 1958年ごろの朝潮は相撲記者からの相撲関連の質問にあまり答えず、ファンの女学生や野球の話、『ベサメ・ムーチョ』の話や冗談話などでよくごまかしており、三宅充(のち相撲評論家)に「大へん子供っぽい」「相撲の質問にも、少しは答えてもらいたい」と苦言を呈されている。そういう話ばかりするためか「童貞説」も流れていた。[1]
  • 1974年、日本相撲協会の理事改選で、理事長の武蔵川が勇退するに当たり、次期理事長候補は主流の春日野と、非主流の伊勢ヶ濱の争いとなっていた。しかし最終的に洞ヶ峠を決め込んだ高砂の一票が決め手となり、春日野が理事長の椅子に就いた。
  • 2013年9月場所7日目中入り後にNHK中継で力道山が生前撮影したカラーのフィルム映像が紹介され、そのフィルムに写っていた朝潮(1954年春場所)にはまだ胸毛がなかった。このフィルムは力道山の次男である百田光雄によって公開された。
  • 自身の葬儀には既に廃業していた横綱・双羽黒が出席していた。双羽黒が破門されるような経緯を辿った関係からこの出来事は異例と呼べるが、双羽黒曰く「事件の際、今迄お世話になった高砂親方に大変迷惑を掛けてしまい、深く責任を感じていた」とのことである。
  • 1986年、弟子の小錦が暴力団事務所の相談役と会食した件で協会から3か月10%の減給処分を受けた。小錦は外国人であることも関係し、事情を知らなかったとして処分されなかった[4]

主な成績[編集]

  • 通算成績:501勝270敗101休 勝率.650
  • 幕内成績:431勝248敗101休 勝率.635
  • 大関成績:117勝42敗6休 勝率.736
  • 横綱成績:102勝58敗95休 勝率.638
  • 現役在位:58場所(番付上は59場所)
  • 幕内在位:51場所(番付上は52場所)
  • 横綱在位:16場所(横綱大関の1場所を含む、番付上は17場所)
  • 大関在位:11場所
  • 三役在位:16場所(関脇10場所、小結6場所)
  • 連続6場所勝利:69勝(1958年7月場所~1959年5月場所)
  • 通算(幕内)連続勝ち越し記録:15場所(1955年1月場所~1958年3月場所)
  • 幕内連続2桁勝利記録:6場所(1958年7月場所~1959年5月場所)

各段優勝[編集]

  • 幕内最高優勝:5回(1956年3月場所、1957年3月場所、1958年3月場所、1958年11月場所、1961年3月場所)
    • 3月(大阪)場所優勝:4回
    • 優勝次点 3回
  • 十両優勝:1回(1950年9月場所)

三賞・金星[編集]

  • 三賞:4回
    • 殊勲賞:4回(1952年9月場所、1953年1月場所、1955年1月場所、1956年3月場所)
  • 金星:7個(羽黒山1個、千代の山3個、吉葉山1個、栃錦1個、鏡里1個)

場所別成績[編集]

朝潮太郎 (3代)
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1948年
(昭和23年)
x x x x 序ノ口
4–1 
x
1949年
(昭和24年)
東 序二段 #31
9–3 
x 東 三段目 #25
11–4 
x 東 三段目 #6
11–4 
x
1950年
(昭和25年)
東 幕下 #16
11–4 
x 東 幕下 #3
10–5 
x 東 十両 #11
優勝
14–1
x
1951年
(昭和26年)
西 前頭 #20
8–7 
x 東 前頭 #19
7–8 
x 東 前頭 #20
10–5 
x
1952年
(昭和27年)
東 前頭 #13
10–5 
x 東 前頭 #7
8–7 
x 西 前頭 #2
10–5
x
1953年
(昭和28年)
東 関脇
11–4
東 関脇
10–5 
西 関脇
8–7 
x 東 関脇
7–8 
x
1954年
(昭和29年)
西 張出小結
8–7 
東 小結
8–7 
西 小結
8–7 
x 東 小結
6–9 
x
1955年
(昭和30年)
東 前頭 #1
8–7
東 前頭 #1
10–5
東 小結
8–7 
x 西 小結
9–6 
x
1956年
(昭和31年)
西 関脇
9–6 
東 関脇
12–3[5]
東 関脇
8–7 
x 東 関脇
8–7 
x
1957年
(昭和32年)
東 関脇
8–7 
西 関脇
13–2 
西 大関
9–6 
x 西 大関
11–4 
西 大関
10–5 
1958年
(昭和33年)
西 大関
10–5 
東 大関
13–2[6] 
東 大関
5–4–6[7] 
西 大関
10–5 
西 大関
11–4 
西 大関
14–1 
1959年
(昭和34年)
東 大関
11–4 
東 大関
13–2 
西 横綱大関
10–5 
東 張出横綱
休場
0–0–15
東 張出横綱
休場
0–0–15
東 張出横綱
休場
0–0–15
1960年
(昭和35年)
東 張出横綱
11–4 
西 横綱
4–6–5[8] 
東 張出横綱
10–5 
西 横綱
9–6 
西 横綱
11–4 
東 横綱
11–4 
1961年
(昭和36年)
東 横綱
9–6 
西 横綱
13–2 
東 横綱
0–4–11[9] 
西 横綱
12–3 
東 横綱
0–4–11[10] 
西 横綱 #2
2–5–8[11] 
1962年
(昭和37年)
西 横綱 #2
引退
––[12]
x x x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 米川 文敏(よねかわ ふみとし):1948年10月場所-1952年1月場所
  • 朝潮 太郎(あさしお たろう):1952年5月場所-1955年9月場所
  • 朝汐 太郎(あさしお たろう):1956年1月場所-1960年5月場所
  • 朝潮 太郎(あさしお たろう):1960年7月場所-1962年1月場所

演じた俳優[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 三宅充「相撲界20の星」、『大相撲』1958年第11号、読売新聞社、1958年、 46頁。
  2. ^ a b c d e f g 北辰堂出版『昭和平成 大相撲名力士100列伝』(塩澤実信、2015年)62ページから63ページ
  3. ^ 稽古を熱心に行えば毛という毛が擦り切れるのであって毛が残っているということは稽古が足りないという意味でこういったジンクスが成り立った。
  4. ^ 朝日新聞 2010年5月27日
  5. ^ 若ノ花若羽黒と優勝決定戦
  6. ^ 琴ヶ濱と優勝決定戦
  7. ^ 脊椎分離症・坐骨神経痛・腎臓炎により9日目から途中休場
  8. ^ 腰部及び左膝関節捻挫により10日目から途中休場
  9. ^ 腰椎分離症・坐骨神経炎により4日目から途中休場
  10. ^ 腰椎分離症・坐骨神経炎により4日目から途中休場
  11. ^ 腰椎分離症・坐骨神経炎により7日目から途中休場
  12. ^ 1月場所前に引退表明

外部リンク[編集]

関連項目[編集]