第25回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
第25回NHK紅白歌合戦
NHK-Hall.jpg
会場のNHKホール
ジャンル 大型音楽番組
放送期間 1974年12月31日NHK紅白歌合戦第25回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
外部リンク NHK紅白歌合戦公式サイト
テンプレートを表示
第25回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 1974年12月31日
放送局 NHKラジオ第1
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

第25回NHK紅白歌合戦』(だいにじゅうごかいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、1974年12月31日NHKホールで行われた、通算25回目のNHK紅白歌合戦である。21時から23時45分にNHK生放送された。

出演者[編集]

司会者[編集]

佐良は2年ぶり2度目、山川は3年連続3度目(白組司会は初)、土門、中江は初の司会。
前年まで12年連続で司会を務めた宮田輝アナウンサーがこの年退職し、後任の白組司会は総合司会を務めた山川が担当した。山川はこの時、「宮田さんのようにぐいぐい引っ張っていく蒸気機関車型の司会は私にはできない、ディレクターや技術さんと繋がった山手線型の司会を目指そう」と思ったという[1]
対する紅組司会には、山川が「もし独特の雰囲気にのまれてしまったら、女性の方まで気が回らなくなる」(宮田の後任という重圧・責任感も考慮された)ということで、司会経験者の佐良が再登板した。当初は「今年は歌手にこだわらない」との方針のもと、吉永小百合栗原小巻森光子和田アキ子今陽子由紀さおり都はるみ水前寺清子らが候補に挙がっていたという。一時は和田が最有力となったが、日本テレビ系列『金曜10時!うわさのチャンネル!!』などで民放色が強いとして見送られた[2]。なお、佐良・山川はこの年の『思い出のメロディー』でも司会コンビを組んだ。
総合司会の2人体制は史上初で、共に男性なのは唯一である。

出場歌手[編集]

紅組 白組
歌手 歌手
山口百恵(初) ひと夏の経験 西城秀樹(初) 傷だらけのローラ
アグネス・チャン(2) ポケットいっぱいの秘密 中条きよし(初) うそ
チェリッシュ(2) 恋の風車 三善英史(2) 愛の千羽鶴
小柳ルミ子(4) 冬の駅 フォーリーブス(5) 急げ!若者
桜田淳子(初) 黄色いリボン 堺正章(4) 枯葉の宿
佐良直美(8) 花のフェスティバル 郷ひろみ(2) 花とみつばち
梓みちよ(8) 二人でお酒を 殿さまキングス(初) なみだの操
南沙織(4) 夏の感情 野口五郎(3) 甘い生活
森昌子(2) おかあさん 菅原洋一(8) ケ・サラ
和田アキ子(5) 美しき誤解 海援隊(初) 母に捧げるバラード
山本リンダ(4) 闇夜にドッキリ 美川憲一(7) はしゃぎすぎたのね
森山良子(4) ある日の午後 橋幸夫(15) 沓掛時次郎
都はるみ(10) にごりえの町 渡哲也(初) くちなしの花
水前寺清子(10) てっぺんまごころ 北島三郎(12) 寒流
あべ静江(初) みずいろの手紙 にしきのあきら(5) 花の唄
ペドロ&カプリシャス(初) ジョニィへの伝言 村田英雄(13) 皆の衆
小坂明子(初) あなた 三橋美智也(11) 哀愁列車
天地真理(3) 想い出のセレナーデ 内山田洋とクール・ファイブ(3) 海鳴り
八代亜紀(2) 愛ひとすじ 五木ひろし(4) 浜昼顔
ザ・ピーナッツ(16) ブギウギ・ビューグル・ボーイ 布施明(8) 積木の部屋
いしだあゆみ(6) 美しい別れ 春日八郎(16) 雨降る街角
青江三奈(8) 銀座ブルーナイト フランク永井(18) おまえに
由紀さおり(6) 挽歌 沢田研二(3) 追憶
ちあきなおみ(5) かなしみ模様 三波春夫(17) 勝海舟
島倉千代子(18) 襟裳岬 森進一(7) 襟裳岬

選考を巡って[編集]

演奏[編集]

審査員[編集]

ゲスト出演者[編集]

大会委員長[編集]

当日のステージ・エピソード[編集]

  • 佐良はここ数年ヒット曲がなく、紅組司会選出がなければ落選も噂されていた。紅組司会決定を受けて「今年は駄目だと思ってヨーロッパに逃避旅行を計画していたけど、司会の相手が山あり川ありの相当手強い相手なので、持ち前のお色気でひとつぐぐっと迫ります」と述べた[6]
  • 佐良が紅組歌手一同に弁当を差し入れをすると聞いた山川は自身もそれに倣って白組歌手一同に弁当を差し入れたほか、衣装代も大金をかけたという(山川は全部自腹のため負担が大きかったと振り返る)[7]
  • 白組トップバッターの西城秀樹のステージでは、自身の考案によりドライアイスによる演出が紅白史上初めて行われた[8]
  • 紅組司会の佐良が歌手として出演する際の曲紹介は水前寺が行った。
  • 小坂明子は、実父の小坂務指揮による伴奏でピアノ弾き語りで本作を披露した。親子共演は紅白史上初であった。
  • 沢田研二のステージの後半で、楽曲のイメージに因んで本物の白いが手元に飛んでくるという演出があった。
  • この年の白組トリは、森進一と五木ひろし(この年デビュー10周年)が争い[9]、森が初の大トリに選ばれ、第16回日本レコード大賞を受賞した「襟裳岬」を歌った。ところが、レコード大賞からの移動などでバタバタしていたため、ズボンのファスナーを閉め忘れるというハプニングがあった(放送でも、最初に一礼した時に確認できる)。間奏のところで、他の白組歌手たちがそれとなく森を取り囲む形でファスナーを閉めて事なきを得た。
  • また紅組トリには島倉千代子(この年デビュー20周年)が2年連続で担当した。当初島倉は紅白で未歌唱のデビュー曲「この世の花」を歌唱する予定だったが、森進一が対戦相手に決まったため、対抗して同名異曲の「襟裳岬」が選曲された。紅組トリの候補には島倉以外に水前寺や都(ともにデビュー10周年)がいた[10]
  • 紅組が優勝(通算14勝11敗)。

後日譚[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『紅白50回』
  2. ^ 合田, p. 115.
  3. ^ 若森繁男『現代風俗史年表』河出書房新社、261頁。
  4. ^ 朝日新聞』1974年11月21日付東京朝刊、22頁。
  5. ^ 合田『紅白歌合戦の舞台裏』
  6. ^ 合田『紅白歌合戦の真実』
  7. ^ 『紅白50回』
  8. ^ “西城秀樹の歴史的お宝作品が発売! NHK紅白では怪傑ゾロの衣装でハプニングも/芸能ショナイ業務話”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2017年9月16日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170916/geo17091611110016-n1.html 2018年5月17日閲覧。 
  9. ^ 微笑』1974年12月14日号、20頁。
  10. ^ 合田, p. 116.

参考文献[編集]

  • NHK『テレビ50年 あの日あの時、そして未来へ』(NHKサービスセンター 2003年2月)
  • 合田道人 『紅白歌合戦の舞台裏』 全音楽譜出版社、2012年12月15日ISBN 978-4-11-880178-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]