ジョニィへの伝言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョニィへの伝言
ペドロ&カプリシャスシングル
B面 ある日・出逢い
リリース
ジャンル J-POP
レーベル 芸音レコード(配給:アトランティック / ワーナー・パイオニア
作詞・作曲 阿久悠都倉俊一
チャート最高順位
  • 週間24位(オリコン
  • 1973年度年間85位(オリコン)
ペドロ&カプリシャス シングル 年表
そして今は
(1972年)
ジョニィへの伝言
(1973年)
五番街のマリーへ
(1973年)
テンプレートを表示

ジョニィへの伝言」(ジョニィへのでんごん)は、1973年3月にリリースされた日本バンドペドロ&カプリシャスの4番目のシングルである。ペドロ&カプリシャスの代表曲のひとつである。

解説[編集]

  • ペドロ&カプリシャスのボーカルが2代目の高橋まり(現:高橋真梨子)に変わった際の1曲目の作品であり、高橋はこの曲でレコードデビューした。
  • オリコンチャートでは24位留まりだが、100位以内には42週間ランクイン、シングル売上枚数は24.8万枚を記録するヒット作となった。
  • ペドロ&カプリシャスは同曲で、翌1974年暮れの「第25回NHK紅白歌合戦」に初出場を果たした。
  • 作詞した阿久悠は、なかにし礼(日本語詞担当)がペドロ&カプリシャスの前のメンバーに提供し、大ヒットさせた「別れの朝」に負けられないと、新しさを感じさせる作品にしたいと工夫したという [1]。登場人物が外国人であったり、景色や主人公の女性の行動が日本や日本人にもないと感じられたことから、「無国籍ソング」などとも言われた[1]
  • 阿久が本作品の少し前に鹿内孝に提供した「本牧メルヘン」の歌詞には“ジョニィ”ではなく、“ジョニィー”という人名が出てくるが、本作では“ジョニィ”とつづっている。それには大した理由はなかったが、先にできていたメロディーの最初の4音に合わせる際に、“ジョニィ”としたかもしれないと阿久は推測しており、作詞した自身が「“ジョニー”への伝言」と間違ってつづって(編集の)担当者に訂正されることもあったという[1]
  • 後年、ソロアーティストになった高橋真梨子自身によってもカバーされている(1993年、アルバム『Collection』)。

収録曲[編集]

(全作詞:阿久悠/作曲・編曲:都倉俊一

  1. ジョニィへの伝言
  2. ある日・出逢い

カバー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]