第51回日本レコード大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第51回輝く!日本レコード大賞
New National Theatre, Tokyo 2010.jpg
会場として使われた新国立劇場
ジャンル 特別番組
演出 木田将也(総合演出)
司会者 堺正章藤原紀香(総合司会)
出演者 各賞ノミネート歌手 ほか
ナレーター ケイ・グラント
言語 日本語
製作
制作 TBS
放送
映像形式 リアルタイム字幕放送
データ放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2009年12月30日
放送時間 水曜18:30 - 22:30
放送枠 日本レコード大賞
放送分 240分
回数 1回
第51回輝く!日本レコード大賞
テンプレートを表示
第51回 輝く!日本レコード大賞
ジャンル 音楽番組 / 特別番組
放送方式 生放送
放送期間 2009年12月30日
放送時間 水曜18:30 - 23:55
放送回数 1回
放送局 TBSラジオ
ネットワーク JRN系列
出演 堺正章・藤原紀香(総合司会)
向井政生新井麻希(ラジオ中継進行)
各賞ノミネート者 ほか
テンプレートを表示

第51回日本レコード大賞(だい51かいにほんレコードたいしょう)は、2009年平成21年)12月30日新国立劇場中劇場で行われた51回目の『日本レコード大賞』である。

概要[編集]

第51回の大賞は、EXILEの「Someday」に決定した。EXILEは2年連続2度目の受賞で、2連覇は史上5組目(男性では細川たかしに続いて2組目)、グループとしては史上初。大賞受賞曲を発表したプレゼンターは制定委員長の服部克久

最優秀新人賞にBIGBANG。外国人歌手の受賞は2年連続。韓国人歌手の受賞は第32回ヤン・スギョン以来19年ぶり。プレゼンターは審査委員長の都倉俊一。 新人賞を受賞したさくらまやは、史上最年少の11歳での受賞となった(なお、最優秀新人賞の発表が22時過ぎだったため、その発表のステージにはマネージャーが代理で出席した)。

最優秀歌唱賞に五木ひろし。34年ぶり3度目の受賞。3度目は史上初。

最優秀アルバム賞を受賞したGReeeeNは顔は公開しなかったが、メンバーのHIDEと92が地上波全国放送初となる肉声ならびに直筆サインを公開し、受賞の喜びを語った。

司会は堺正章藤原紀香が務めた。両者の組み合わせは昨年までの読売テレビベストヒット歌謡祭』でお馴染み。進行アナウンサーが3人登場するのは初めて。

視聴率は、関東地区が前年より3.4P低い13.5%、関西地区が6.4P低い15.9%と大きく落ち込み時間帯2位になった。裏番組では、日本テレビの『ザ!世界仰天ニュース』が18.3%で時間帯1位だった。数字はビデオリサーチ社調べ[1]

放送時間[編集]

  • 事前番組「まもなく日本レコード大賞」 17時00分~18時00分
  • 「第51回輝く!日本レコード大賞」 18時30分~22時30分
  • 事後番組「おめでとう!第51回日本レコード大賞」 22時30分~23時14分
    ラジオ放送は18時30分~23時55分(RCCラジオは19時00分に飛び乗り。TBSラジオ以外は23時30分で飛び降り)

司会[編集]

ラジオ中継担当[編集]

  • 向井政生(TBSアナウンサー)
  • 新井麻希(TBSアナウンサー(当時)、TBSラジオスタジオ担当)

受賞作品・受賞者一覧[編集]

日本レコード大賞[編集]

最優秀歌唱賞[編集]

最優秀新人賞[編集]

最優秀アルバム賞[編集]

優秀作品賞(大賞ノミネート作品)[編集]

新人賞(最優秀新人賞ノミネート)[編集]

優秀アルバム賞[編集]

作曲賞[編集]

編曲賞[編集]

作詩賞[編集]

特別賞[編集]

企画賞[編集]

功労賞[編集]

特別功労賞[編集]

日本作曲家協会奨励賞[編集]

審査委員[編集]

TV中継スタッフ[編集]

  • ナレーション:ケイ・グラント
  • 構成:樋口弘樹、あべ、櫻井昭宏
  • 取材:三好千春、村山由紀子、板垣寿美
  • 音楽監督・指揮:服部隆之
  • 演奏:倉田信雄/田代修二、渡辺直樹、島村英二、松原正樹、古川望、藤井珠緒、菅坡雅彦、横山均、広原正典、野々下興一、Bob Zung、近藤淳、木戸やすひろ、比山貴咏史、松田レレ、広谷晴子、加藤高志、加藤亜紀子、押鐘貴之、伊能修、杉野裕、藤堂昌彦、渡辺一雄、松本亜土、桐山なぎさ、入江茜、山田雄司、渡部安見子、岩永知樹、丸山泰雄
  • ミュージシャンコーディネート:フェイスミュージック
  • 新国立劇場スタッフ
    • TM:長谷川晃司
    • TP:香取良和
    • TD:荒木健一
    • カメラ:藤田栄治
    • VE:小林陽二
    • 照明:近藤明人、原昇
    • 音声:森和哉、寿田道陽
    • PA:池戸和幸、小暮倫見
    • 音効:岡本智宏
    • プロンプター:木原大輔、鈴木祭
    • 通話回線:林隆二郎
    • 美術プロデューサー:飯田稔
    • 美術デザイナー:三須明子
    • 美術制作:長谷川隆之
    • 装置:古川俊一
    • 美術メカシステム:庄子泰広
    • 電飾:斉藤貴之
    • LEDグラフィックス:城三千雄
    • 装飾:野呂利勝
    • アクリル装飾:渡邊卓也
    • 花装飾:落合生嗣
    • 特殊効果:矢島克祐
    • 楽器:高井啓光
    • 衣裳:原口恵里
    • 持道具:貞中照美
    • 化粧:吉田謙二
  • OAサブスタッフ
    • TD:伊東修
    • VE:高橋康弘
    • 音声:尾崎宗弘
    • 音効:太田誠也
    • CG:森享大、藤井晶之
    • 回線:片山敦史
    • VTRルーム:加藤孝祐、大内義晴
    • MA:橋本大
    • 編集:藤森唯史、江川賢市
    • TK:葛貫明子
    • VTR担当:斉藤慶一郎、清宮嘉浩、小泉泰成
    • 演出:青山優子
  • TK:長谷川道子
  • 公開:廣中信行、松元裕二、中野智之
  • AP:鹿渡弘之、神田祐子
  • 制作進行:田辺和弘、近藤尚
  • 演出スタッフ:加古紗耶子、山下智之、菱沼夏樹、橘信吾、小関美保子、神作弥生
  • 舞台監督:高田惰
  • プロデューサー:落合芳行服部英司篠塚純櫟本憲勝
  • 総合演出:木田将也
  • 映像協力:毎日放送北海道放送
  • 資料協力:レコチョク
  • 楽器協力:ローランド
  • 技術協力:毎日放送、東通ティ・エル・シーエヌ・エス・ティーTAMCO赤坂ビデオセンター、テクト、ラ・ルーチェKDDI、ダブルビジョン、PRGアジア、SJP、サークル、MTPlanning、PVC
  • 協力:新国立劇場運営財団
  • 制作協力:BMC
  • 制作:TBSテレビ
  • 製作著作:TBS
  • 主催:社団法人 日本作曲家協会、日本レコード大賞制定委員会、日本レコード大賞実行委員会

脚注[編集]

  1. ^ 日テレ&TBSが前年上回る…紅白裏番組

関連項目[編集]

外部リンク[編集]