いではく

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

いで はく(本名・井出 博正(いで ひろまさ)、1941年11月22日 - )は、日本作詞家日本音楽著作権協会(JASRAC)会長(2016年4月-)[1]

長野県南佐久郡南牧村海尻出身。早稲田大学商学部卒業後、全国モーターボート競走会連合会の教官として活動。全国の競艇場(24場)を回って、選手のスタート試験や登録試験などを担当した。その後は友人と共に会社を起業し、幼児向け英語教材(カセットテープ)を大手の出版社と連携して販売した。最初は売れ行きも好調だったが、相手企業が苦境に陥り、僅か2年で失敗に終わる。その後は遠藤実の秘書となり、1971年に作詞家となる。

2009年4月20日日本音楽著作権協会(JASRAC)理事として出席した、著作権制度の議論のための文化審議会著作権分科会「基本問題小委員会」第1回会合で、「自家用車で聞くために、消費者はもう1枚同じCDを買うのか」という疑問に対して「当然だと思う」と発言し、消費者から批判が集中した。

主な楽曲[編集]

五十音順

脚注[編集]

  1. ^ いではく正会員が新会長に就任 - JASRAC、2016年4月1日