Hilcrhyme

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Hilcrhyme
別名 ヒルクライム
HILCRHYME
出身地 日本の旗 日本新潟県
ジャンル ヒップホップ
レゲエ
J-POP
活動期間 2006年 -
レーベル ユニバーサルJ
2009年 - 2017年)
神宮前レコード(2018年 - )
事務所 有限会社ナオプラン(2008年 - 2017年)
ユニバーサルミュージック&EMIアーティスツ合同会社(2017年 - )
公式サイト Hilcrhyme Official Site
メンバー TOCMC
旧メンバー DJ KATSU(DJ
(2006年 - 2018年)

Hilcrhyme(ヒルクライム)は、 日本ヒップホップMCTOCによるソロユニット。公式ファンクラブは「4seasons」。

概説[編集]

概要[編集]

2001年にDJ KATSUが主催したイベント『熱帯夜』に、仲間の紹介でTOCがMCとして参加し出会い、『熱帯夜』終幕後の2006年新潟県で結成。

インディーズで数々のイベントに参加、新潟では絶大な人気を誇るようになる。2008年に同じく新潟県に在所し、インディーズでのレーベルも兼任する芸能事務所・有限会社ナオプランに所属、シングル「もうバイバイ」を発売する。

2009年レコード会社ユニバーサルミュージック合同会社内のレーベル・ユニバーサルJより、シングル「純也と真菜実」でメジャーデビューを果たす。

同年発売した2ndシングル「春夏秋冬」がスマッシュヒットを記録し、第42回日本有線大賞及び第51回日本レコード大賞で新人賞を受賞した。

2017年12月1日、大麻取締法違反の疑いでDJ KATSUが逮捕された[1]

2018年3月19日、DJ KATSUがこの不祥事に関連して脱退したことを発表した[2]

同年9月2日に東京・日比谷野外大音楽堂で行われるワンマンライブ『Hilcrhyme LIVE 2018『One Man』』で活動を再開した[3][4]

音楽性[編集]

ヒップホップのビートを基調に、ピアノストリングスなどの柔らかい音像の楽器を取り入れているのが特徴。4thアルバム『LIKE A NOVEL』からはサンプリングも多用している。

制作は曲が先で、TOC曰く「トラックがあって、はじめて歌詞とラップが乗せれる」とのこと。

エピソード[編集]

  • 二人ともに、サングラスをかけているのが特徴。また、スノーボードという共通の趣味を持つ。
  • その他、TOCはビリヤード、早朝の散歩、地元新潟の野外イベントに参加。また、DJ KATSUも学生時代 サッカー部に所属していて、ドライブや車も趣味なため、二人ともアウトドア派である。
  • TOCは新潟インディーズ時代にヒップホップユニット『NITE FULL MAKERS』に所属し、2007年のB BOY PARKにも出ていたが、2007年冬頃に脱退している。また、当時地元への敬意として限定無料配布された『熱帯夜』が、無断でコピーされ闇的オークションで売買されている状況に対して、TOCは遺憾の意を表し、音楽へのこだわり、独自性を示した。
  • PV出演者には、「純也と真菜実」での皆藤愛子のほか、「春夏秋冬」での小林涼子や「大丈夫」での菊井亜希、「Shampoo」での片瀬那奈、「想送歌」での永冶美優紀、「涙の種、幸せの花」の吉本実憂などがいる。
  • 2010年上半期着うたフルランキングTOP10に、3曲がランクインする(春夏秋冬・上半期総合5位、大丈夫・上半期総合7位、ルーズリーフ・上半期総合10位)。
  • 2012年9月22日、岡山県の社団法人玉野青年会議所創立55周年記念として玉野市総合体育館レクレセンターにてライブが行われ2,500人ものファンが集った。その際、アンコールの「春夏秋冬」の演奏中、TOCが観客に向かって「俺が行くから」と言い、客席を回りながら歌唱したが、演奏が聴きとりにくく途中の歌唱が途切れる等の不本意なパフォーマンスとなり、演者サイドからのアンコールやり直しの申し出によって、予定にはなかった「パーソナルCOLOR」とともに再度「春夏秋冬」の演奏を行った。

ユニット名[編集]

メンバー[編集]

TOC(トク)
ラップボーカル作詞作曲担当。
DJKATSU (ディージェーカツ)
元メンバー
2018年脱退 脱退前は作曲、編曲、DJを担当していた。

略歴[編集]

インディーズ[編集]

  • 2001年 - DJ KATSUの主催するイベント『熱帯夜』[6]に、仲間の紹介でTOCがMCとして参加した。その後、DJ KATSUはオーガナイザー兼DJ、TOCはMCとして経験を積み、2005年にHilcrhymeとして活動をスタートする。
  • 以降、新潟における様々な音楽イベントに出演を重ねる一方、TOCは新潟の2DJ・5MCのヒップホップユニット『NITE FULL MAKERS』にも所属し、2006年7月に『SUNRIZE(サンライズ)』というミニアルバムをリリースする。
  • 2007年
    • 3月 - デモアルバム「熱帯夜」を新潟県内2000枚限定で無料配布。
    • 6月 - 新潟 Junk Boxにてワンマンライブを開催。定員300人に対し400人を集客した。
    • 10月 - レゲエ界の雄であり地元の盟友、SCAR-FACE(SUNSQRITT)がTOCとのコラボレーション作品『WORDS MAKER』が、コンピレーションアルバム「レゲエミリオン4」に収録された。
  • 2008年7月 - 初の公式音源『もうバイバイ』がデビューシングルとしてリリース。HMVジャパニーズヒップホップ、レゲエ部門のマキシシングル予約ランキングで1位獲得。オリコン・インディーズ・チャートでは4位を記録し、同ビデオクリップはYouTubeで再生回数が10万回を超えた。
  • 2009年3月 - 地元・新潟LOTSで開催されたインディーズとしてのラスト・ライブでは、満員である600人の観客を動員。

メジャー[編集]

  • 2009年
    • 7月15日 - UNIVERSAL Jより1stシングル「純也と真菜実」でメジャーデビューする。ビデオクリップではニュースキャスター皆藤愛子が新婦・真菜実役として、ウェディング姿を披露している。
    • 9月30日 - 2ndシングル『春夏秋冬[7]をリリース。着メロランキングでは1位を記録し、オリコンデイリーランキングでも1位となった。有線の8月度月間問合せランキング1位、さらに歌詞検索サイト「歌ネットモバイル」での歌詞アクセス・ランキングでも1位を記録。TBS系『COUNT DOWN TV』9月度エンディングテーマをはじめとするタイアップを獲得し、仙台、大阪を含む他10局全国FM局で9月度のパワープレイにも決定。各所ランキングで軒並み1位を獲得し、ランキング30冠を達成した。10月23日にはテレビ朝日系『ミュージックステーション』に初出演。2週間後の11月6日に再出演した。12月1日、第51回日本レコード大賞の新人賞を受賞。
  • 2010年
  • 2011年
    • 8月13日 - 新潟最大のアリーナである朱鷺メッセで凱旋ライブが行われ、7,000人を動員。
    • 12月7日 - 3rdアルバム「RISING」をリリース。
  • 2012年11月28日 - 4thアルバム「LIKE A NOVEL」をリリース。
  • 2014年
    • 2月26日 - 5枚目となるアルバム「FIVE ZERO ONE」を発売。
    • 9月6日 - 日本武道館にてワンマンライブ『Hilcrhyme in 日本武道館~Junction~』を開催。チケットはSOLD OUTした。
  • 2015年
    • 3月25日 - 6thアルバム『REVIVAL』を発売。
    • 9月2日 - 18thシングル『言えない 言えない』を発売。この曲はTVアニメ『実は私は』のエンディングテーマとして起用。初のアニメタイアップ曲となった。
  • 2016年
    • 4月15日 - 結成10周年を記念したワンマンライブ『Hilcrhyme 10th Anniversary LIVE「PARALLEL WORLD」』を開催。
    • 9月3日 - 同年4月に行われた10周年記念ライブの模様を『Hilcrhyme 10th Anniversary FILM「PARALLEL WORLD」』と題して3D映画化。9月16日まで、全国の映画館にて限定公開された。
    • 12月7日 - 7thアルバム『SIDE BY SIDE』を発売。
  • 2017年
    • 2月1日 - 有限会社ナオプランとのマネージメント契約を終了し、「ユニバーサル ミュージック&EMIアーティスツ合同会社」に所属事務所を移籍。
    • 3月25日 - 『Hilcrhyme 10周年記念特別公演 「朱ノ鷺二〇一七」』と題して、2回目となる朱鷺メッセでのワンマンライブを開催。
    • 4月8日 - 「春夏秋冬」をモチーフにした映画「春夏秋冬物語」が4月20日まで、全国の映画館にて限定公開された。
    • 12月1日 - メンバーのDJ KATSUが大麻取締法違反の疑いで逮捕された[1]
  • 2018年
    • 3月19日 - DJ KATSUが2017年12月に起こした不祥事に関連して脱退したことを発表[2]。以降、HilcrhymeはTOCのみで活動を継続する。
    • 9月2日 - 東京・日比谷野外大音楽堂でワンマンライブ「Hilcrhyme LIVE 2018『One Man』」を開催し、活動を再開した。

ディスコグラフィ[編集]

Hilcrhymeのディスコグラフィ
リリースリスト
スタジオ・アルバム 7
ライブ・アルバム 1
コンピレーション・アルバム 2
ベスト・アルバム 2
EP 1
シングル 22
映像作品 13
ミュージック・ビデオ 23
リミックス・アルバム 1
デモ 1
参加作品 19

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン 収録アルバム
インディーズ (ナオプラン)
# 2008年7月23日 もうバイバイ CD NAO-001 80位 リサイタル
メジャー (ユニバーサルJ)
1st 2009年7月15日 純也と真菜実 CD+DVD UPCH-9499(初回盤) 24位 リサイタル
CD UPCH-5609(通常盤)
2nd 2009年9月30日 春夏秋冬 CD+DVD UPCH-9511(初回盤) 6位
CD UPCH-5623(通常盤)
3rd 2009年12月2日 もうバイバイ CD UPCH-5635 18位
4th 2010年4月28日 大丈夫 CD+DVD UPCH-9554(初回盤) 6位 MESSAGE
CD UPCH-5648(通常盤)
5th 2010年6月2日 ルーズリーフ CD+DVD UPCH-9572(初回限定盤) 7位
CD UPCH-5658(通常盤)
6th 2010年9月22日 トラヴェルマシン CD+DVD UPCH-9587(初回限定盤) 11位
CD UPCH-5663(通常盤)
7th 2011年2月23日 臆病な狼 CD+DVD UPCH-9618(初回限定盤) 14位 RISING
CD UPCH-5683(通常盤)
8th 2011年6月29日 no one CD+DVD UPCH-9650(初回限定盤) 15位
CD UPCH-5702(通常盤)
9th 2011年9月7日 パーソナルCOLOR CD+DVD UPCH-9675(初回限定盤) 20位
CD UPCH-5717(通常盤)
10th 2012年6月27日 CD+DVD UPCH-9743(初回限定盤) 20位 LIKE A NOVEL
CD UPCH-5749(通常盤)
11th 2012年9月12日 ジグソーパズル CD+DVD UPCH-9772(初回限定盤) 20位
CD UPCH-5765(通常盤)
12th 2012年11月7日 Kaleidoscope CD+グッズ UPCH-9793(完全生産限定盤) 18位
13th 2013年1月23日 想送歌 CD+DVD UPCH-9838(初回限定盤) 17位 FIVE ZERO ONE
CD UPCH-5786(通常盤)
14th 2013年7月10日 NEW DAY,NEW WORLD CD+DVD UPCH-9869(初回限定盤) 22位
CD UPCH-5803(通常盤)
15th 2014年1月29日 エール/Lost love song CD+DVD UPCH-9910(初回限定盤) 14位
CD UPCH-5811(通常盤)
16th 2014年8月13日 FLOWER BLOOM CD+DVD UPCH-9945(初回限定盤) 18位 REVIVAL
CD UPCH-5817(通常盤
17th 2015年2月25日 YUKIDOKE CD+DVD UPCH-9980(初回限定盤) 19位
CD UPCH-5831(通常盤)
18th 2015年9月2日 言えない 言えない CD+DVD UPCH-7044(初回限定盤) 32位 SIDE BY SIDE
CD UPCH-5851(通常盤)
19th 2016年6月29日 パラレル・ワールド CD+DVD UPCH-7145(初回限定盤) 21位
CD UPCH-5876(通常盤)
20th 2016年11月16日 WARAE〜In The Mood~ CD+DVD UPCH-7206(初回限定盤) 44位
CD UPCH-5890(通常盤)
21st 2017年10月18日 恋の炎 CD+DVD UPCH-7357(初回限定盤) 14位 TBD
CD UPCH-5924(通常盤)
22nd 2017年11月22日 涙の種、幸せの花 CD+DVD UPCH-7370(初回限定盤) 32位
CD UPCH-5930(通常盤)

EP[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
1st 2018年7月4日 One Man CD PROE-1015 24位

オリジナルアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
1st 2010年1月13日 リサイタル CD+DVD UPCH-9539(初回盤) 2位
CD UPCH-1763(通常盤)
UMQCD UPCH-7316(期間限定再販売)
2nd 2010年11月24日 MESSAGE CD+DVD UPCH-9606(初回限定盤) 5位
CD UPCH-1809(通常盤)
UMQCD UPCH-7317(期間限定再販売)
3rd 2011年12月7日 RISING CD+DVD UPCH-9695(初回限定盤) 9位
CD UPCH-1857(通常盤)
UMQCD UPCH-7318(期間限定再販売)
4th 2012年11月28日 LIKE A NOVEL CD+DVD UPCH-9794(初回限定盤) 14位
CD UPCH-1900(通常盤)
UMQCD UPCH-7319(期間限定再販売)
5th 2014年2月26日 FIVE ZERO ONE CD+DVD UPCH-9921(初回限定盤) 20位
CD UPCH-1963(通常盤)
UMQCD UPCH-7320(期間限定再販売)
6th 2015年3月25日 REVIVAL CD+DVD UPCH-9985(初回限定盤) 14位
CD UPCH-2020(通常盤)
UMQCD UPCH-7321(期間限定再販売)
7th 2016年12月7日 SIDE BY SIDE CD+2DVD PDCJ-1088(4Seasons会員限定盤) 13位
CD+DVD UPCH-7211(初回限定盤)
CD UPCH-2106(通常盤)
UMQCD UPCH-7322(期間限定再販売)

ベストアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
1st 2012年4月25日 Best of Hilcrhyme 2CD+DVD+写真集 UPCH-9740(〜BEST RAP〜) 2位
CD UPCH-1870(〜GOLD〜)
SHM-CD UPCY-9432(〜GOLD〜期間限定再販売)
CD UPCH-1871(〜SILVER〜) 7位
2nd 2017年4月5日 BEST 2006-2016 3CD+DVD UPCH-7246(初回盤) 11位
3CD UPCH-2120/2(通常盤)

コンピレーションアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
1st 2013年6月26日 想送歌〜Mellow of Hilcrhyme〜 CD+DVD UPCH-9874(初回限定盤) 30位
CD UPCH-1940(通常盤)
2nd 2015年11月18日 春夏秋冬〜Hilcrhyme 4Seasons Collection〜 CD+DVD UPCH-7073(初回限定盤) 22位
CD UPCH-2058(通常盤)

リミックスアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
1st 2014年4月2日 BOOST UP! 〜Hilcrhyme Non-Stop MIX vol.1〜Mixed by DJ KATSU CD UPCH-1969 57位

デモ音源[編集]

発売日 タイトル
# 2007年3月 熱帯夜

ライブアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
1st 2016年8月31日 Hilcrhyme 10th Anniversary LIVE「PARALLEL WORLD」 2CD UPCH-2090/1 32位

映像作品[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
1st 2010年6月2日 Hilcrhyme TOUR 2010「リサイタル」 DVD UPBH-1261 11位
UPBH-9475(期間限定再販売)
2012年4月25日 Blu-ray UPXH-1004 圏外
2nd 2011年2月23日 Hilcrhyme Theater vol.1 DVD UPBH-1277 10位
UPBH-9516(期間限定再販売)
3rd 2011年8月10日 Hilcrhyme MESSAGE TOUR 2011 2DVD UPBH-1287/8 10位
UPBH-9494/5(期間限定再販売)
2012年4月25日 Blu-ray UPXH-1005 圏外
4th 2011年12月7日 Hilcrhyme Live in TOKI MESSE -朱ノ鷺- 2DVD+グッズ UPBH-9483(初回限定盤) 13位
2DVD UPBH-1297/8(通常盤)
UPBH-9496/7(期間限定再販売)
2012年4月25日 Blu-ray UPXH-1006 圏外
5th 2011年6月27日 RISING TOUR 2012 2DVD UPBH-1305/6 18位
UPBH-9514/5(期間限定再販売)
2015年11月18日 Blu-ray UPXH-9007 圏外
6th 2013年7月10日 HILCRHYME TOUR 2013 “LIVE A NOVEL” 2DVD+CD UPBH-9524(初回限定盤) 7位
2DVD UPBH-1345/6(通常盤)
2015年11月18日 Blu-ray UPXH-9008 圏外
7th 2014年2月26日 Hilcrhyme Theater vol.2 DVD UPBH-1359 20位
8th 2014年12月24日 「Hilcrhyme in 日本武道館〜Junction〜」 2DVD UPBH-1375/6 9位
2015年11月18日 Blu-ray UPXH-9009 圏外
9th 2015年7月1日 Hilcrhyme Tour 2015 REVIVAL at NHK HALL 2DVD UPBH-9528/9(初回限定盤) 8位
DVD UPBH-1388(通常盤)
2015年11月18日 Blu-ray UPXH-9010 圏外
10th 2017年1月4日 Hilcrhyme 10th Anniversary FILM「PARALLEL WORLD」 2DVD UPBH-9535/6(初回限定盤) 16位
DVD UPBH-1418(通常盤)
2Blu-ray UPXH-9015/6(初回限定盤) 67位
Blu-ray UPXH-1040(通常盤)
11th 2017年6月21日 Hilcrhyme Theater vol.3 DVD UPBH-1433 88位
Blu-ray UPXH-1051 295位
12th 2017年9月13日 春夏秋冬物語 DVD UPBH-1441 136位
Blu-ray UPXH-1057 圏外
13th 2017年9月13日 Hilcrhyme 10周年記念特別公演「朱ノ鷺二〇一七」at 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター DVD UPBH-1440 15位
Blu-ray UPXH-1056 45位

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
青木亮二 NEW DAY,NEW WORLD
大野敏嗣 Shampoo」「no one」「トラヴェルマシン」「パーソナルCOLOR」「マイクリスマスキャロル」「ルーズリーフ」「臆病な狼」「」「春夏秋冬〜フルオーケストラver.〜」「大丈夫」「No.109 -Showcase Edit-」「ジグソーパズル」「アタリマエ
河谷英夫 もうバイバイ」「春夏秋冬」「純也と真菜実
ZUMI FLOWER BLOOM」「Lost love song」「New Era」「エール」「YUKIDOKE」「WARAE〜In The Mood〜」
Nacky 想送歌
SITE 言えない 言えない
園田俊郎 「パラレル・ワールド」
加登屋寛 Side By Side
樋口慧一 「恋の炎」「涙の種、幸せの花」

参加作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲・備考
2006年7月25日 NITE FULL MAKERS「SUNRIZE」 IFN-001 TOCのみ「NITE FULL MAKERS」のメンバーとして参加
2007年7月4日 USU a.k.a SQUEZ「247-UN'ITo You-」 IFAF-0001 5.MO'MONEY feat.NITE FULL MAKERS,12.ハナムケ feat.NITE FULL MAKERS

TOCのみ「NITE FULL MAKERS」のメンバーとして参加

2007年10月23日 V.A.「REGGAE MILLION IV」 UPCI-1072 12. WORDS MAKER / SCAR-FACE (SUNSQRITT) & TOC (Hilcrhyme)
2010年9月15日 NEWSLIVE JECN-0241 12. 内容の無い手紙(楽曲提供のみ)
2012年9月27日 DJ ISSAY aka Be DA BEATZ「HOOD FINEST」 BMWS-012 2. HOOD FINEST REMIX feat. KEN THE 390,サイプレス上野,TOC,NYNJA
2013年4月24日 LUV 「one Piece feat.TOC from Hilcrhyme」 TFCC-89424 1.one Piece feat. TOC from Hilcrhyme
2013年6月12日 DJ松永 「Daydream feat. KOPERU,R-指定,MUMA,LB(LBとOtowa),

TARO SOUL(SUPER SONICS),TOC」(配信限定)

1.Daydream feat. KOPERU,R-指定,MUMA,LB(LBとOtowa),

TARO SOUL(SUPER SONICS),TOC

2013年7月3日 CHIHIRO 「恋レター feat. TOC from Hilcrhyme」 TECI-310 1.恋レター feat. TOC from Hilcrhyme
2014年1月1日 Your Friends「RULE」 ZLCP-0151 1. RULE,2. VITALIZE(Album ver.) (DJ KATSUがプロデュース)
2014年4月2日 V.A.「新曲フェスタ5~Yo チェケラッチョ~Pro.by SHIROSE from WHITE JAM UMCK-1476 2.HEYLAS / KEN THE 390 feat.GASHIMA,ISH-ONE,SHIROSE,TOC
2014年7月2日 SLOTH 「Dream In The Sky Feat. TOC」(配信限定) 1.Dream In The Sky feat. TOC
2014年9月24日 J-RU 「CROSSROAD」(配信限定) 1.CROSSROAD feat. TOC
2014年10月15日 DJ 松永「サーカス・メロディー」 ZLCP-0194 2.ミスターキャッチー feat. TOC
2015年3月20日 「Hilcrhyme詩集 RAPと抒情」 初の単行本、インタビューと32曲のリリックを収録
2015年5月6日 BIG RON「My Way」 ZLCP-0235 6.Last Call feat.TOC
2015年7月22日 下拓「#シモタクナウ」 VICL-64375 2. DISOBEY feat. TOC
2015年12月9日 V.A.「HI-D produced Album「Special Calling -new edition-」 BZCD-101 1. あまざらし / 宏実 & TOC
2016年3月9日 Mr.MUSICIAN「Bring back the bacon」 SESR-0005 6. Mr.Musician (Remixxxx) feat.ISH-ONE,TOC(Hilcrhyme),RAW-T,CRAY-G
2017年5月31日 弘jr.「月」 UPCH-2125 7.明日が希望に変わる Feat. TOC

タイアップ一覧[編集]

タイトル タイアップ 備考
純也と真菜実 日本テレビ系『音楽戦士 MUSIC FIGHTER』POWER PLAY
読売テレビMusic&Entertainment ガチカメ7』2009年5・7月度エンディングテーマ
春夏秋冬 テレビ愛知a-ha-N』2009年9月度エンディングテーマ
TBS系『CDTV』2009年9月度エンディングテーマ
レコチョク」TVCM
全国ネット『Music B.B.』2009年9月度エンディングテーマ
毎日放送MUSIC EDGE + Osaka Style』2009年9月度エンディングテーマ
読売テレビ『Music&Entertainment ガチカメ7』2009年9月度エンディングテーマ
九州朝日放送ドォーモ』2009年9月度エンディングテーマ
テレビ東京系『流派-R』9月度オープニングテーマ
テレビ大阪NIGHT CRUISING』2009年10月度エンディングテーマ
ヤマハミュージックメディア」TVCM
新潟空港『楽楽空旅キャンペーン』2010年1月〜
もうバイバイ TBS系『CDTV』2009年12月度オープニングテーマ
「レコチョク」TVCM
全国ネット『Music B.B.』2009年12月度エンディングテーマ
毎日放送『MUSIC EDGE + Osaka Style』2009年12月度エンディングテーマ
テレビ東京系『流派-R』2010年1月度オープニングテーマ
LAMP LIGHT NHK仕事ハッケン伝』 エンディングテーマ
大丈夫 テレビ朝日系『お願い!ランキング』2010年4月度エンディングテーマ
「レコチョク」TVCM
毎日放送『MUSIC EDGE + Osaka Style』2010年4月度エンディングテーマ
ルーズリーフ TBS系ドラマ『ヤンキー君とメガネちゃん』主題歌 初のドラマ主題歌。
トラヴェルマシン 日本テレビ系『ハッピーMusic』10月オープニングテーマ
臆病な狼 日本テレビ『MIDNITEテレビシリーズ』エンディングテーマ
日本テレビ系『ハッピーMusic』POWER PLAY
no one 日本テレビ系『ハッピーMusic』6月オープニングテーマ
パーソナルCOLOR テレビ東京系ドラマ『IS〜男でも女でもない性〜』エンディングテーマ
日本テレビ系『ハッピーMusic』POWER PLAY
ジグソーパズル 日本テレビ系『音龍門』9月エンディングテーマ
関西・よみうりテレビ音楽ノチカラ』 9月度エンディングテーマ
札幌・UHB 北海道文化放送タカトシ牧場』 9月度エンディングテーマ
福岡・RKB毎日放送チャートバスターズR!』 9月度エンディングテーマ
想送歌 テレビ朝日系ドラマ「ゆりちかへ ママからの伝言」主題歌
エール TBS系「スーパーサッカー」2・3月度エンディングテーマ
YUKIDOKE 日本テレビ系「ミュージックドラゴン」2月オープニングテーマ
言えない 言えない テレビ東京系「実は私は」エンディングテーマ 初のTVアニメエンディングテーマ。
パラレル・ワールド 映画『Hilcrhyme 10th Anniversary FILM「PARALLEL WORLD」3D』主題歌 初の映画主題歌
アフターストーリー 映画「春夏秋冬物語」主題歌
TOKYO MXドラマ「今夜もLL♡(LIVE&LOVE)」主題歌
恋の炎 日本テレビ系「バズリズム02」パワープレイ
読売テレビ「音力」10月度エンディング・テーマ
読売テレビ「すもももももも!ピーチCAFÉ」10月度エンディング・テーマ
涙の種、幸せの花 フジテレビ系ドラマ「さくらの親子丼」主題歌
テレビ東京系『流派-R SINCE2001』2017年11月度エンディングテーマ
アタリマエ TOKYO MX 「ココロタビ」 シーズン1テーマソング
読売テレビ「音力」7月度エンディング・テーマ
読売テレビ「すもももももも!ピーチCAFÉ」7月度エンディング・テーマ

ライブ[編集]

日程 種別 タイトル 会場・備考
2009年3月20日 単発公演 Hilcrhyme ワンマンライブ
「熱帯夜」

インディーズでのラストワンマンライブ[8]

2009年7月25日 単発公演 Hilcrhyme LIVE 2009
「NEXSTAGE」

メジャーデビュー後初のワンマンライブ。

2009年9月15日 単発公演 Hilcrhyme LIVE 2009

Hilcrhymeが初めて東京で開催したワンマンライブ。

2009年12月27日 単発公演 Hilcrhyme LIVE 2009 FINAL

2009年4度目のワンマンライブ。

2010年2月28日 - 3月22日 コンサートツアー Hilcrhyme TOUR 2010
「リサイタル」

1stアルバム『リサイタル』を引っ提げて敢行された、Hilcrhyme初のライブツアー。地元の新潟公演のみ多目的ホールで行われた。

2010年5月4日 - 6月19日 コンサートツアー Hilcrhyme TOUR 2010
「リサイタル〜アンコール〜」

1stアルバム『リサイタル』を引っ提げて敢行された追加ツアー。

2010年7月19日 主催イベント Hilcrhyme デビュー1周年記念イベント
「亜熱帯」

デビュー1周年を記念して開催された初の自主企画イベント。Hilcrhymeの他に上松秀実舞花が出演した。

  • 2011年1月9日 〜 6月13日 - Hilcrhyme MESSAGE TOUR 2011
  • 2011年8月13日 - Hilcrhyme Live in TOKI MESSE -朱ノ鷺-
  • 2011年11月12日 〜 11月26日 - Hilcrhyme Zepp TOUR 2011 続-朱ノ鷺-
  • 2012年1月9日 〜 4月8日 - Hilcrhyme RISING TOUR 2012
  • 2013年1月12日 〜 4月7日 - HILCRHYME TOUR 2013 "LIVE A NOVEL"
  • 2013年10月6日 〜 11月3日 - Hilcrhyme TOUR NDNW -NEW DAY,NEW WORLD-
  • 2013年12月23日 - ★Hilcrhyme Live Mellow Christmas 2013★
  • 2014年4月6日 〜 5月27日 - Hilcrhyme TOUR 2014''FIVE ZERO ONE''
  • 2014年7月15日 - Hilcrhyme 5th Anniversary Premium Live at NIIGATA LOTS
  • 2014年9月6日 - Hilcrhyme in 日本武道館 〜Junction〜
  • 2014年12月24日 - ヒルクライム5周年×サンリオピューロランドプレ25周年 『X'mas Party in サンリオピューロランド』
  • 2014年12月31日 - 802 FUNKY COUNT DOWN 2014-2015 Hilcrhyme SPECIAL LIVE in 和歌山マリーナシティ
  • 2015年1月12日 〜 3月15日 - Hilcrhyme TOUR 2015「イッタコトナイ。」
  • 2015年3月29日 〜 5月17日 - Hilcrhyme TOUR2015 ”REVIVAL”
  • 2015年8月23日 - Hilcrhyme LIVE 2015 白昼夜
  • 2015年12月23日 - Hilcrhyme Christmas LIVE 2015
  • 2016年4月15日 - Hilcrhyme 10th Anniversary LIVE「PARALLEL WORLD」
  • 2016年10月13日~12月25日 - Hilcrhyme 10th Anniversary TOUR 2016 BEST10
  • 2017年3月25日 - Hilcrhyme 10周年記念特別公演 「朱ノ鷺二〇一七」
  • 2017年5月5日~9月18日  Hilcrhyme TOUR 2017 “SIDE BY SIDE”
  • 2017年11月28日~11月29日 - Hilcrhyme Official FC 4Seasons “桃源郷” Tour 2017<TALK&LIVE>
  • 2018年9月2日 - Hilcrhyme LIVE 2018『One Man』
  • 2018年10月4日 - TOC生誕祭 2018
  • 2018年11月4日~12月2日 - Hilcrhyme Official FC 4Seasons “桃源郷”Tour 2018<TALK&LIVE>
  • 2019年2月2日~4月13日 - Hilcrhyme TOUR 2019 “Hill Climb”

出演イベント [編集]

  • 2010年1月24日 - au by KDDI]] presents オンタマカーニバル 2010
  • 2010年3月20日 - GO!FES 2010
  • 2010年7月25日 - TOKAI SUMMIT'10
  • 2010年8月8日 - SUMMER SONIC 2010
  • 2010年8月28日 - 音楽と髭達 2010 -GENERATION-
  • 2010年12月2日 - 着うたの日LIVE '10
  • 2011年7月30日 - 音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2011 「SUMMER SPLASH! 2011'Supported by EMTG MUSIC」
  • 2011年9月18日 - イナズマロックフェス 2011
  • 2011年12月25日 - MUSIC FOR ALL, ALL FOR ONE 2011
  • 2011年12月31日 - COUNTDOWN JAPAN 11/12
  • 2012年8月4日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2012
  • 2012年8月25日 - 音楽と髭達 2012 -rainbow-
  • 2012年12月31日 - ZIP-FM COUNTDOWN FESTIVAL
  • 2013年8月3日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013
  • 2013年9月28日 - おかやま国際音楽祭2013
  • 2013年12月21日 - HOME MADE 家族 10th Anniversary Family Jam 2013 〜スペシャル・コラボレーション・ツアー〜
  • 2013年12月22日 - ナオプラン祭2013
  • 2014年7月26日 - TOKAI SUMMIT'14
  • 2014年8月2日 - MUSIC LIFE '14 in 長崎
  • 2014年9月20日 - アオーレ Rock Museum 2014
  • 2014年11月9日 - お祭りキングダム RSK秋フェス2014 「LIVE KINGDOM」
  • 2014年12月28日 - ナオプラン祭2014
  • 2015年3月24日 - 制服HighSchool卒業Party2015
  • 2015年7月19日 - 茨城県音楽祭vol.3
  • 2015年9月22日 - MUSIC TRIBE 2015
  • 2015年10月12日 - BEAT PHOENIX
  • 2015年12月27日 - ナオプラン祭2015

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “ヒルクライムのDJ KATSU、大麻取締法違反の疑いで逮捕 フジテレビ報じる”. SANSPO.COM. (2017年12月1日). http://www.sanspo.com/geino/news/20171201/geo17120117040038-n1.html 2017年12月1日閲覧。 
  2. ^ a b ヒルクライム・DJ KATSUが脱退 ユニット存続のため解散は避ける”. ORICON NEWS (2018年3月19日22時58分). 2018年3月20日閲覧。
  3. ^ “Hilcrhymeが活動再開へ…メンバーの大麻逮捕で活動停止中”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年4月13日). http://www.sanspo.com/geino/news/20180413/geo18041319060029-n1.html 2018年4月13日閲覧。 
  4. ^ “Hilcrhyme、TOCソロで臨む野音ワンマンで活動再開”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年4月13日). https://natalie.mu/music/news/277947 2018年4月14日閲覧。 
  5. ^ メンバーの出身地、新潟県新潟市にある名所「どっぺり坂」を昇りつつ行われた地元のテレビ局のインタビューにて。
  6. ^ 新潟の内陸部は暑い夏でも知られる。
  7. ^ ヒルクライム / 春夏秋冬”. YouTube. 2012年2月12日閲覧。
  8. ^ 2007年6月に初のワンマンライブが新潟CLUB JUNK BOXで開催されたが、そちらの詳細は不明。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]