コンテンツにスキップ

第64回日本レコード大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本レコード大賞 > 第64回日本レコード大賞
第64回日本レコード大賞
受賞対象2022年度の音楽作品
開催日2022年12月30日 (2022-12-30)
会場新国立劇場中劇場
テレビ/ラジオ放送
放送局日本の旗 TBSテレビ
第64回 輝く!日本レコード大賞
ジャンル 音楽番組 / 特別番組
放送方式 生放送
放送期間 2022年12月30日
放送時間 金曜 18:00 - 22:00
放送局 TBSラジオ
ネットワーク JRN系列
出演 有村架純安住紳一郎(総合司会)
赤荻歩(ラジオ中継進行)
各賞受賞者 ほか
テンプレートを表示

第64回日本レコード大賞(だい64かいにほんレコードたいしょう)は、日本作曲家協会が主催する64回目の日本レコード大賞2022年(令和4年)12月30日新国立劇場中劇場で発表音楽会が開催された[1]

発表音楽会の模様はTBSテレビTBSラジオをキーステーションに全国で放送された。

ノミネートおよび各賞発表は、11月15日に主催者から発表された[2][3]。また、2019年(第61回)以来3年ぶりに一般観覧が実施された[4]

概要[編集]

放送時間[編集]

テレビ放送[編集]

  • 17:30 - 22:00(JNN28局ネット)

ラジオ放送[編集]

出演者[編集]

総合司会[編集]

リポーター[編集]

ラジオ中継進行[編集]

ナレーション[編集]

受賞作品・受賞者一覧[編集]

日本レコード大賞[編集]

優秀作品賞(大賞ノミネート作品)[編集]

最優秀新人賞[編集]

新人賞(最優秀新人賞ノミネート)[編集]

最優秀歌唱賞[編集]

特別賞[編集]

日本作曲家協会選奨[編集]

特別顕彰[編集]

特別功労賞[編集]

特別国際音楽賞[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 当日は「新時代」「逆光」「私は最強」のメドレーを、ボーカル新録の上「ウタ」とは無関係のアニメ映像により紹介。

出典[編集]

  1. ^ 令和4年度 事業計画書” (PDF). 日本作曲家協会. 2022年11月4日閲覧。
  2. ^ 年末は“セカオワ旋風” 紅白出場に続きレコ大も優秀作品入り 日本レコード大賞各賞発表”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2022年11月16日). 2022年11月16日閲覧。
  3. ^ 「レコード大賞」にセカオワ、BE:FIRST、マカえん、ミセス、Da-iCE、Ado、NiziUらノミネート”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2022年11月16日). 2022年11月16日閲覧。
  4. ^ a b c 『レコ大』有村架純が初司会に 11年連続の安住紳一郎アナと「とても光栄」 3年ぶり有観客開催も決定”. ORICON NEWS. oricon ME (2022年12月6日). 2022年12月6日閲覧。
  5. ^ “秋元康氏のグループから13年ぶり「レコ大」ゼロ…時代の節目か メンバー謝罪の事態”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2022年11月17日). https://hochi.news/articles/20221117-OHT1T51124.html?page=1 2022年11月18日閲覧。 
  6. ^ “「日本レコード大賞」優秀作品賞発表 Adoの登場の仕方に注目”. サンケイスポーツ (産経デジタル). (2022年11月16日). https://www.sanspo.com/article/20221116-EM2EA7BZANOFNN2R7F7KUAAF3Q/ 2022年11月21日閲覧。 
  7. ^ 2022年-2023年 TBSラジオ 年末年始番組のラインアップ決定!』(プレスリリース)TBSラジオ、2022年11月28日https://www.tbsradio.jp/articles/62661/2022年12月6日閲覧 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]