第23回日本レコード大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第23回日本レコード大賞
Imperial Garden Theater Japan.jpg
会場として使われた帝国劇場
ジャンル 特別番組 / 音楽番組
出演者 高橋圭三
渡辺謙太郎
竹下景子
寺尾聰ほか
製作
制作 TBSテレビ
放送
音声形式モノラル放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1981年12月31日
放送時間木曜19:00 - 20:55
放送枠日本レコード大賞
放送分115分
回数1
公式ウェブサイト
テンプレートを表示

第23回日本レコード大賞(だい23かいにほんレコードたいしょう)は、1981年昭和56年)12月31日帝国劇場で行われた、23回目の『日本レコード大賞』である。

概要[編集]

各部門賞の発表は「第23回速報!日本レコード大賞」の名で11月25日に東京プリンスホテルで発表された。

第23回の大賞は、寺尾聰の「ルビーの指環」に決定した。寺尾聰は初の受賞。この楽曲は大賞に加え、作曲賞・編曲賞・作詩賞を独占した。史上初であり、この年以降無い唯一の記録となっている。オリコン年間シングルチャート1位の楽曲が受賞したのは第20回以来3年ぶり。また、TBSの『ザ・ベストテン』年間ベストテン1位の楽曲が受賞したのは、1978年以降(同番組放送開始以降)では史上初めて。なお、受賞者の寺尾には副賞として、トヨタクラウン4ドア・ハードトップが贈呈された。

今回から大賞の選考方法が変更され、従来は審査員の投票だけで決定していたのが、レコード売上・TBSの音楽番組へのリクエストなどのデータが30%、審査員による作詞・作曲・編曲・歌唱の4部門の採点が40%、審査員の投票が30%の配点比率で最高得点を獲得した楽曲に大賞が与えられることになった[1]。また、新たにデビュー2年目の歌手を対象とした「ゴールデン・アイドル賞」を新設、同賞にノミネートされた歌手は大賞の選考から除外された[2]

視聴率は1P上昇の35.3%に。

発表は、大賞・最優秀新人賞を総合司会の高橋が、最優秀歌唱賞を審査会場リポーターの松宮が発表した。

司会[編集]

受賞作品・受賞者一覧[編集]

日本レコード大賞[編集]

最優秀歌唱賞[編集]

最優秀新人賞[編集]

金賞[編集]

新人賞[編集]

ゴールデン・アイドル賞[編集]

ベスト・アルバム賞[編集]

'81アルバムベスト10[編集]

作曲賞[編集]

編曲賞[編集]

作詩賞[編集]

特別賞[編集]

企画賞[編集]

ロング・セラー賞[編集]

ノミネート外作品[編集]

松山千春長い夜」- 歌手の賞レース不参加

ザ・ヴィーナス「キッスは目にして!」- 作曲が外国人によるため規定外、但しアルバム賞受賞。

CHAGE&ASKA万里の河」- 発売年規定外。

堀江淳 「メモリーグラス」 - 大ヒットの新人であったが、ほとんどの賞レースに参加していない。

石川ひとみ 「まちぶせ」- 大ヒットし、今年の代表曲でもあった。ここまでの賞レースには参加している。歌手としては一年間の後半でヒットが出せなかった。しかし、出場できなかったのは、おそらくは所属事務所が先輩の沢田研二や森進一を優先させたためであろう。一次審査を通過できなかった。審査員側の支持の高い、森昌子や西田敏行も参加していることで枠がなかったものと思われる。しかし不運にもデビューしたばかりの人気アイドルたちが一つの部門にまとめられたこともあり、世間に忘れられ、翌年ヒットには恵まれなかった。

石川優子シンデレラ サマー」 大ヒット曲。賞レース不参加。

杉田かおる鳥の詩」 事務所騒動のため不参加。

杉村尚美サンセット・メモリー」 賞レース不参加。

小林幸子 ここまでの賞レースには参加、但し今年はヒットには恵まれていない。

岩崎良美 ここまでの賞レースには参加、但し今年はヒット曲には恵まれなかったため一時審査通過ならず。

杉良太郎 辞退。

高田みづえ ヒットに恵まれず、8月ごろまでは賞レースにみられる。

三笠優子 「夫婦舟」対象年外。


その他、松任谷由実、中島みゆき、大瀧詠一、クリエイション、オフコース等はシングルのヒットはあったものの賞レースには参加していない。但し、皆アルバム大賞を受賞。矢野顕子、矢沢永吉、南佳孝、井上陽水はシングルのヒットはあったがアルバム賞受賞ならず。

ゲスト[編集]

TV中継スタッフ[編集]

  • プロデューサー:斎藤正人、吉田恭爾(テレビ)、上田正人(ラジオ)
  • 演出:杉山広司
  • 舞台監督:狩野敬
  • 中継担当:石川眞実
  • 音楽:長洲忠彦
  • 演奏:岡本章生とゲイスターズ、高橋達也と東京ユニオン、ベストアンサンブル
  • 指揮:長洲忠彦
  • 技術:佐藤一郎
  • 美術制作:和田一郎
  • 製作著作:TBS
  • 主催:社団法人 日本作曲家協会、日本レコード大賞制定委員会、日本レコード大賞実行委員会

参考文献[編集]

  • 「狂奏! 競争! はやり歌からはやらせ歌へ やぶにらみレコード大賞賛歌」『週刊朝日』1981年12月31日増刊「年末年始テレビ徹底ガイド」、31-34頁。

脚注[編集]

  1. ^ 『週刊朝日』1981年12月31日増刊、33頁。
  2. ^ 『週刊朝日』1981年12月31日増刊、31-32頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]