第54回日本レコード大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第54回 輝く!日本レコード大賞
THE JAPAN RECORD AWARD
New National Theatre, Tokyo 2010.jpg
新国立劇場・中劇場(写真は外観)
ジャンル 音楽番組 / 特別番組
放送時間 12月30日18:30 - 21:54(204分)
放送期間 2012年12月30日(54回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
出演者 安住紳一郎(TBSアナウンサー)
新垣結衣ほか
音声 ステレオ放送
外部リンク 公式サイト

特記事項:
一部地域を除き、17:30 - 18:30に『もうすぐ第54回輝く!日本レコード大賞』を別途放送。
テンプレートを表示
第54回 輝く!日本レコード大賞
THE JAPAN RECORD AWARD
ジャンル 音楽番組 / 特別番組
放送方式 生放送
放送期間 2012年12月30日
放送時間 12月30日18:30 - 22:00
放送回数 54
放送局 TBSラジオ
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

第54回日本レコード大賞(だい54かいにほんレコードたいしょう)は、2012年平成24年)12月30日新国立劇場中劇場で開催の、54回目の『日本レコード大賞』である。

概要

第54回の大賞は、AKB48の「真夏のSounds good !」に決定した。AKB48は2年連続2度目の受賞で、2連覇は第51回EXILE以来3年ぶり史上6組目(女性では浜崎あゆみに続いて4組目)、女性グループとしては史上初。オリコン年間シングルチャート1位の楽曲が2年連続で受賞となり、史上初。大賞受賞曲を発表したプレゼンターは日本作曲家協会会長・制定委員長の服部克久

最優秀新人賞は家入レオに決定した。プレゼンターは制定委員の都倉俊一

1996年(平成8年)第38回から16年連続で授賞式の司会を務めた堺正章が退任(ただし、功労賞受賞)、代わって2001年(平成13年)第43回以降から進行アナウンサーを務めてきた安住紳一郎が昇格し、新垣結衣と共に司会を務めた。

関東地区の第1部(18:30 - 19:00)の平均視聴率は14.1%であり、第2部(19:00 - 21:54)の平均視聴率は前回を1.7ポイント上回る16.6%[1][2](ビデオリサーチ調べ)、4年ぶりに時間帯首位を奪還した。

この年を以ってナレーションを務めていた古野顕一が卒業。翌年(第55回)はジョン・カビラが務めることとなった。

放送時間

テレビ放送
  • 本編に先立って事前番組『もうすぐ第54回輝く!日本レコード大賞』が、17時30分 - 18時30分に放送された(19局ネット)。
    TBSHBCIBCTBCTUF
    SBCMROMBSRSKRCC
    BSSTYSITVKUTVRKB
    OBSMRTMBCRBC
  • 「第54回輝く!日本レコード大賞」(本編)は、18時30分 - 21時54分に放送された(JNN28局ネット)
ラジオ放送
  • 18時30分 - 22時00分(SBS・RBCは19時から飛び乗り)に放送[3]
    同時ネット局はTBS R&C(制作キー局)、HBC、IBC、SBC、MRO、FBC、SBS、CBCMBS、OBS、RBC

(いずれもJRN系列[4]

司会

ラジオ中継進行

受賞作品・受賞者一覧

日本レコード大賞

  • AKB48真夏のSounds good !」                                                     

最優秀歌唱賞

最優秀新人賞

最優秀アルバム賞

優秀作品賞(大賞ノミネート作品)

新人賞(最優秀新人賞ノミネート)

優秀アルバム賞

作曲賞

作詩賞

編曲賞

企画賞

特別賞

功労賞

特別功労賞

日本作曲家協会奨励賞

審査委員

テレビ中継スタッフ

  • ナレーション:古野顕一
  • 構成:伊藤正宏、櫻井昭宏、小泉泰成
  • 取材:三好千春、村山由紀子、板垣寿美
  • 演奏
  • 新国立劇場スタッフ
    • TM:長谷川晃司
    • TP:原田幸治
    • TD:山下直
    • SW:寺尾昭彦
    • カメラ:中野啓
    • カムリモート:野坂和恵
    • テクノクレーン:坂野昇
    • VE:石川浩之
    • 照明:近藤明人、原昇
    • 音声:森和哉、田中聖二
    • PA:池戸和幸、小暮倫見
    • 音効:岡本智宏
    • 連絡回線:小池真一、小沼誠
    • プロンプター:重永光信、田中晶子
    • 美術プロデューサー:飯田稔
    • 美術デザイン:三須明子
    • 美術制作:長谷川隆之、川﨑光紘
    • 装置:古川俊一、打越裕
    • 美術メガシステム:庄子泰広
    • 電飾:斉藤貴之、森田光俊
    • 装飾:野呂利勝
    • フロアー装飾:渡邊卓也
    • 特殊効果:畑中力
    • 楽器:高井啓光
    • 衣装:原口恵里
    • 持道具:寺澤麻由美
    • 化粧:吉田謙二
  • 中継
    • TD:金澤健一
    • VE:田上隆行
    • カメラ:荒井隆之
    • 音声:池亀淳一
    • 照明:高木亘
    • プロデューサー:古谷英一
    • 演出:伊藤秀人
  • OAサブ
    • TD:伊東修
    • VE:高橋康弘
    • 音声:照屋哲
    • 音効:太田誠也
    • CG:木村健二、竹内智子
    • 回線:池田千廣
    • VTRルーム:加藤孝祐、高橋大介
    • MA:橋本大
    • 編集:藤森唯史、水澤望
    • TK:葛貫明子
    • VTR担当:清宮嘉浩、妹尾篤志、前島隆昭、藤野大作
    • 演出:西川永哲
  • 編成:渡辺信也
  • 宣伝:鈴木慎治、川鍋昌彦
  • 公開:廣中信行、松元裕二、齊藤絵里子、三橋祐太郎
  • TK:長谷川道子
  • AP:鹿渡弘之、神田祐子、佐藤誠子
  • 制作進行:佐藤康昭
  • 演出スタッフ:橘信吾、藤原聖明、大木さやか、内藤健一、依田栞、小関美保子、石田桂子
  • MC担当:金原将公、小林弘典、藤井健太郎、河本恭平
  • 音cue:寺田淳史
  • プロンプター:松原拓也
  • アナブース:細谷知世、小林秀行
  • 綱元・美術操作:田辺和弘
  • ステージ:荻原好武
  • ディレクター:岩本啓助
  • ライブ演出:柴田猛司
  • 舞台監督:高柳健人、植木修一
  • 総合演出:木田将也
  • プロデューサー:片山剛、大木真太郎、服部英司
  • 制作プロデューサー:落合芳行
  • 技術協力:MBS東通ティエルシーエヌ・エス・ティーTAMCOTBSテックス、テクト、ラ・ルーチェ、NEXION、ダブルビジョン、PRG、SJP INC.、MTPlanning、PARK GRAPHICS
  • 資料協力:レコチョク
  • 楽器協力:ローランド
  • 協力:新国立劇場運営財団
  • 制作協力:BMC
  • 製作著作:TBS

脚注・出典

  1. ^ 【レコ大】AKB2連覇で視聴率16.6%、4年ぶり16%台に回復 オリコン2013年1月2日閲覧
  2. ^ ビデオリサーチ週間高視聴率番組 2012年12月24日 - 30日 2013年2月11日閲覧。
  3. ^ 通常時同時間帯に放送の『ラジオ寄席』は地方局への裏送りで対応。
  4. ^ JRN・NRN系列の地方局で本番組を同時ネットの放送局では、この日の『ラジオふるさと便』(文化放送制作)は休止。
  5. ^ a b ガッキー&安住アナレコ大メーン司会に 堺正章は“卒業” スポーツニッポン 2012年12月9日閲覧
  6. ^ TBSラジオ広報誌「954press」2012年12月 - 2013年1月号にて発表。

関連項目

外部リンク