伊藤エミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
いとう えみ
伊藤 エミ
本名 澤田 日出代
(旧姓:伊藤)
別名義 エミちゃん、日出ちゃん
生年月日 (1941-04-01) 1941年4月1日
没年月日 (2012-06-15) 2012年6月15日(71歳没)
出生地 日本の旗 日本 愛知県知多郡常滑町(現・常滑市
職業 歌手(但し映画出演歴あり)
活動期間 1959年2月11日 - 1975年4月5日
配偶者 沢田研二(1975年 - 1987年)
著名な家族 伊藤ユミ(双子の妹)
主な作品
恋のバカンス
恋のフーガ
可愛い花
情熱の花

伊藤 エミ(いとう エミ、1941年4月1日 - 2012年6月15日)は、日本歌手で、ザ・ピーナッツメンバーである。双子の妹に同じくザ・ピーナッツの伊藤ユミがいる。本名、澤田 日出代(さわだ ひでよ)。

略歴[編集]

1941年、愛知県知多郡常滑町(現・常滑市)で三女として生まれた。直ぐに名古屋市に転居し、10歳の頃、NHK名古屋放送局唱歌隊に妹の伊藤ユミと一緒に所属していた。その後、名古屋市レストラン伊藤シスターズとして歌っていた所を渡辺プロダクションの社長、渡邊晋にスカウトされ、1959年2月11日、ザ・ピーナッツとしてデビューする。

1975年4月芸能界引退。引退後、同年6月に同じ渡辺プロダクション所属の歌手である沢田研二結婚比叡山延暦寺で式を挙げた。6月4日実施の結婚式直後の沢田の比叡山ライブ(比叡山フリーコンサート)に夫婦揃ってステージに上がり、結婚報告を行った。尚、エミがステージに上がり、一般観衆の前に姿を見せたのはこれが最後である。

婚姻で、本籍は沢田の実家のある京都府となったが(居住は東京都のまま)、1979年3月に一男を授かった後、1987年1月離婚し本籍も戻した。この時の慰謝料は当時の芸能人カップル最高額の18億1,800万円であった。離婚後も沢田の本名である澤田姓を通していた[1]

以降実妹・ユミ共々ほとんど公式の場に姿を現すことはなかった[2]

伊藤エミーと記した書籍物もあったが正式には伊藤エミが正しい。

歌はハーモニーで歌っていた(妹のユミはメロディーである)。

2005年12月から2006年1月及び2007年8月渡辺プロダクション主催の記念イベントにて最後のライブ(さよなら公演)で使用したマイクが展示されていた(伊藤日出代のネームプレート入り)。

2012年6月15日がんのため死去。死去の事実は同月27日に明らかになった[3][4][5]。71歳没。

脚註[編集]

  1. ^ スポニチ (2012年6月28日). “伊藤エミさん死去 沢田研二と離婚 慰謝料は18億円超も沢田姓で通す”. 2012年6月28日閲覧。
  2. ^ 1987年に渡辺晋が死去した時、渡辺の葬儀に参列し、例外的に公の場に顔を出している。また、2004年には週刊新潮の取材に応じている。2008年にザ・ピーナッツのDVDが発売された際にはコメントをDVDの付録内で寄せている。
  3. ^ 「ザ・ピーナッツ」伊藤エミさんが死去 Archived 2012年6月27日, at Archive.is スポーツ報知 2012年6月27日閲覧
  4. ^ ザ・ビーナッツ双子の姉、伊藤エミさん死去 SANSPO.COM(サンスポ)2012年6月28日閲覧
  5. ^ ザ・ビーナッツ姉死去 がん判明1カ月 朝日新聞デジタル 2012年6月28日閲覧

関連項目[編集]