第43回日本レコード大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

第43回日本レコード大賞(だい43かいにほんレコードたいしょう)は、2001年平成13年)12月31日にTBS Bスタジオ・赤坂BLITZで行われた、43回目の『日本レコード大賞』である。

概要[編集]

第43回の大賞は、浜崎あゆみの「Dearest」に決定した。浜崎は初の受賞。エイベックス・グループは3年ぶりの受賞となった。

視聴率は14.0%と昨年と変わらず。

安住紳一郎が男性アナウンサーとしては山本文郎以来となるサブ司会に就任。

この回より系列BSデジタル放送・BS-i(現・BS-TBS)でも2005年・第47回まで5年間サイマル放送が行われた。

司会[編集]

受賞作品・受賞者一覧[編集]

日本レコード大賞[編集]

  • 浜崎あゆみ「Dearest」

最優秀歌唱賞[編集]

最優秀新人賞[編集]

金賞(大賞ノミネート作品)[編集]

新人賞(最優秀新人賞ノミネート)[編集]

特別賞[編集]

吉田正賞[編集]

作曲賞[編集]

編曲賞[編集]

作詩賞[編集]

企画賞[編集]

  • 夢は今もめぐりて~小沢昭一がうたう童謡/小沢昭一/ビクターエンタテインメント株式会社
  • 愛☆アリガトウ/キム・ヨンジャ/日本クラウン株式会社 
  • ヒロシ・ワールド・ゴールディーズ/ピアニスターHIROSHI/キングレコード株式会社  
  • 愛惜の譜/船村徹/有限会社喜怒哀楽社

功労賞[編集]

特別功労賞[編集]

特別選奨[編集]

TV中継スタッフ[編集]

  • ナレーション:ケイ・グラント
  • 構成:玉井貴代志/樋口弘樹、あべ
  • 取材:三好千春、川上共子、村山由紀子
  • 監修:小西良太郎
  • 振付:花柳糸之宮坂身志
  • TP・TD:小林敏之(スタジオ)
  • TP:佐藤満(中継)
  • TD:高松央(スタジオ)、河野志朗(赤坂BLITZ)、中野剛一郎(渋谷・Q-FRONT)、青木葉吉樹(丸ノ内・東京ミレナリオ)
  • カメラ:坂口司(スタジオ)、箸透(赤坂BLITZ)
  • VE:奥村秀樹(スタジオ)、関昭一(赤坂BLITZ)
  • 音声:高場英文(スタジオ)、柳澤任広(赤坂BLITZ)
  • 照明:杉本三智夫(スタジオ)、高橋章(赤坂BLITZ)
  • 音効:山下祐司(スタジオ)
  • PA:宮坂修
  • 回線:深澤友良
  • オープニングCG:保坂久美子
  • テクニカルCG:尾崎至晃
  • 編集:白澤淳
  • MA:栃本征男
  • 美術プロデューサー:飯田稔
  • 美術デザイナー:金子俊彦・古川雅之(スタジオ)、山口智広(赤坂BLITZ)
  • 美術制作:安田和郎(スタジオ)、与田滋(赤坂BLITZ)
  • 装置:石原隆(スタジオ)、淵脇臣吉(赤坂BLITZ)
  • 装飾:高橋啓三(スタジオ)、石野隆一(赤坂BLITZ)
  • 電飾:佐々木勉(スタジオ)、近藤博明(赤坂BLITZ)
  • メカシステム:庄子泰広
  • 特殊効果:永岡昇(スタジオ)、矢島克祐(赤坂BLITZ)
  • VJ:EDP graphic works.
  • 制作運営:高田卓哉、落合芳行、利根川展
  • AP:長内信博、浅川寿人、福田日登美
  • 制作スタッフ:鹿渡弘之
  • 演出スタッフ:小関美保子、鮎川ひろ美、中山雅生、藤塚基広
  • 公開:廣中信行
  • TK:長谷川道子
  • ディレクター:鈴木聡、玄馬康志、宮尾益実、大木真太郎、遠藤宗一、朝岡慶太郎、世良田光、安藤広孝
  • 舞台監督:木田将也
  • プロデューサー:大崎幹
  • 総合演出:片山剛
  • 技術協力:TBS-V(現・プロカム)、東放制作東通ティ・エル・シーエヌ・エス・ティーTAMCO、ダブルビジョン、ウィッシュ、エヌケイ特機、バリライト、東京舞台照明
  • 制作協力:BMC
  • 制作:TBSエンタテインメント(現・TBSテレビ
  • 製作著作:TBS
  • 主催:社団法人 日本作曲家協会、日本レコード大賞制定委員会、日本レコード大賞実行委員会

脚注[編集]


外部リンク[編集]