船村徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
船村 徹
出生名 福田 博郎(ふくだ ひろお)
生誕 (1932-06-12) 1932年6月12日
出身地 日本の旗 日本 栃木県塩谷郡塩谷町
死没 (2017-02-16) 2017年2月16日(満84歳没)
学歴 東洋音楽大学卒業
ジャンル 演歌歌謡曲
職業 作曲家歌手
活動期間 1955年 - 2017年
レーベル キングレコード1955年 - 1956年
コロムビアレコード(1956年 - 1978年
共同作業者 高野公男

船村 徹(ふなむら とおる、1932年6月12日 - 2017年2月16日[1])は、日本作曲家歌手日本音楽著作権協会(JASRAC)名誉会長、日本作曲家協会最高顧問。横綱審議委員会委員。本名は福田 博郎(ふくだ ひろお)。戦後歌謡界を代表する作曲家の一人であり、手掛けた曲は5000曲以上にのぼる。

経歴[編集]

栃木県塩谷郡船生村(現塩谷町)出身。栃木県立今市中学校東洋音楽学校ピアノ科卒。

獣医だった父親がクラシックレコードの収集家であったことや、小学校時代にブラスバンド部でトランペットを吹いていたこと[2]などもあり音楽の道を志す。

東洋音楽学校在学時はまだ駐留米軍が数多くいた時代であり、船村は米軍キャンプ専門のバンドでそのリーダーを務めたこともあったという。大学在学時に、作詞家高野公男と組み作曲の活動を開始した(高野は1956年肺結核のため、26歳の若さで死去)。ただ、高野とともに、生活は困窮を極め、バンド・リーダーのほか、流しの歌手なども経験する。

1953年、雑誌「平凡」コンクール曲第一席「たそがれのあの人」がレコード化され、作曲家としてデビュー。

作曲家としての本格的な作品は1955年の「別れの一本杉」。その後も、「ご機嫌さんよ達者かね」、「あの娘が泣いている波止場」などが連続ヒットした。

1956年キングレコードからコロムビアレコードに移り、「柿の木坂の家」、「早く帰ってコ」(歌・青木光一)が大ヒット。「王将」は戦後初のミリオンセラーを記録した。

1993年日本作曲家協会理事長に就任し、1997年吉田正の後を受けて第4代会長に就任、2005年遠藤実へバトンタッチするまで務めた。

1995年紫綬褒章受章、2002年、栃木県県民栄誉賞受賞、2003年、旭日中綬章受章、2008年、文化功労者、2014年、栃木県名誉県民[3]、2016年、文化勲章[4]受章。

妻は元歌手の能沢佳子、長男は作曲家編曲家の蔦将包(つた まさかね)、長女は作詞家真名杏樹、次女は元女優の福田渚子

愛弟子は、男性歌手:北島三郎鳥羽一郎大下八郎・ムーディー松島・香田晋静太郎天草二郎走裕介村木弾。女性歌手:森サカエ森若里子である。このうち、松島・鳥羽・香田・静・天草・走・村木は、船村宅に住み込み、師匠と寝食を共にした内弟子である。

作曲家として知られているが、「演歌巡礼」の活動の際、自ら歌唱する事もあった。船村が自ら歌った作品を収めた「愛惜の譜」と言う通信販売限定のボックスCDも出ている。過去に数枚シングルも出している。船村徹とおるけすた・てぃぴか・日本のようにバンドリーダーとしての側面も持っていた。

2015年4月27日には栃木県日光市今市にある「道の駅日光 日光街道 ニコニコ本陣」に併設して、「日本こころのうたミュージアム・船村徹記念館」がオープンした。同館は、鉄筋コンクリート3階建て、延べ約2800平方メートル。1階の「夢劇場」では、船村の生い立ちや活躍を、最新の映像技術で紹介する。2階には「王将」「みだれ髪」「兄弟船」など船村の代表作が聴けるメロディーボックスや、歌手らと船村とのエピソードを映像化したシアターを設置。3階は、レコードジャケットや交流のあった著名人らの手形などを展示するスペース、入場者が自分の歌う姿をDVDに収録できる「歌道場」と名付けたカラオケルームなどが設けられている[5]

また、同館のオープニングセレモニーには親交の深かった北島三郎鳥羽一郎舟木一夫由紀さおり大月みやこ瀬川瑛子など多くの著名人が参加した[6]

2017年2月16日の午前11時頃に神奈川県藤沢市の自邸の寝室で倒れているところを長男の蔦将包の夫人が発見し、藤沢市内の病院へ救急搬送されたが午後0時35分に心不全のため死去[1][7]。84歳没。

同年3月17日、日本国政府は2月16日付で従三位に叙することを閣議で決定した[8][9]

エピソード[編集]

船村は故郷栃木・塩谷町への思いが終生強く、故郷に指定廃棄物最終処分場建設話が持ち上がった際には「故郷の山や川を汚してはいかん」として住民等による産廃施設反対運動を支持した[10]

船村は日本山岳会会員であったほどに山を愛し、「国民の祝日『山の日』を作ろう」と呼びかけた人物でもある[11][10]

船村の12歳年長で大日本帝国陸軍士官だった兄がよくハーモニカで『ドリゴのセレナーデ』を船村の前で演奏して聴かせてくれた。その兄からは「お前は軍人になってはいかん」と諭されたことを語っていた[12]。そのこともあり、兄や多くの英霊が眠る靖国神社で奉納チャリティ公演を幾度となく開催した[13]。奇しくも船村が死去した2月16日は第二次世界大戦で陸軍士官として戦地へ赴こうとしたその兄がミンダナオ島沖で戦死[12]したその日でもあった[14]

東洋音楽学校に在学していた当時、一級上に黒柳徹子がいた。黒柳は声楽科でだったが、上級生の伴奏を勤めさせられることがあり、そのことを「指導」と呼び、船村も黒柳から、たびたびそのような「指導」を受けたことがあるという。

親友の高野公男からは「俺は茨城弁で歌詞を書くから、お前は栃木弁で作曲しろ」とよく言われた。高野が早逝した後、船村は「あいつの分まで生きる」と親友・高野に対する感謝を終生忘れなかったという[15]

大瀧詠一との対談の中で、次のようなエピソードを話している。1959年東映アニメ映画少年猿飛佐助』の音楽を担当し、グランプリを受賞した際に招待されヨーロッパ滞在中ロンドンで、あるオーディションに立ち会う。その中にデビュー前のビートルズがおり、オーディションに参加した面々の中で唯一のバンドだった。「どの組がよいか?」と尋ねられた船村は「あの汚い4人組が一番面白いのでは」と答えたという[16]。それを聴いた大瀧は驚愕し、周りのスタッフに「凄いでしょう!船村先生は、ビートルズが誕生したオーディションに立ち合っているんですよ」と述べた。

船村の代表曲のひとつ『矢切の渡し』は元々ちあきなおみに提供した楽曲だったが、細川たかしが歌ったものがヒットし、第25回日本レコード大賞を受賞した。しかし、船村は細川盤のほうがヒットしたことに対して「大複雑」と発言し、「ちあきの歌は(楽曲のイメージの)手漕ぎの櫓で、細川の歌はモーター付の船だ。」という評価を下している。また、ちあきの歌は「鑑賞用」なのに対して、細川の歌は省略法でありカラオケのような誰でも歌える歌い方になってしまっているとも発言している[17]

美空ひばりに関して、高音(裏声)に良いものを持っていると発言しており、実際に船村がひばりに提供した作品には、高音部分がある楽曲が多い。ただし、母の喜美枝には「苦手だからやめて」と拒否されていた。また、船村自身が高く評価しているちあきなおみと美空ひばりを対比し、「美空ひばりとちあきなおみの決定的な違いは、裏声の出るか出ないかだ」とも発言している[18]

作曲[編集]

映画音楽

シングル[編集]

  • 新宿情話宗谷岬
  • 追憶/サヨナラ
  • のぞみ(希望)/母のいない故郷
    • 五木ひろしがシングル『細雪』のB面で歌っていたが、こちらは何故か発売数日で別の曲に差し替えられている。この作品は女子刑務所の収容者に贈られた中の1曲であり、発売目的で作られたものではない。
  • あけみ/思い出にぬれながら

出演[編集]

映画
テレビ

脚注[編集]

  1. ^ a b 訃報 船村徹さん84歳=作曲家、文化勲章受章 毎日新聞 2017年2月17日付
  2. ^ “船村メロディー原点は栃木弁 語尾が一度沈み込んで伸び上がる”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年2月18日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/18/kiji/20170218s00041000046000c.html 2017年2月19日閲覧。 
  3. ^ 佐藤太郎 (2014年5月3日). “兄弟船の船村さん・サックスのナベサダさん、故郷の誇り”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). オリジナル2014年5月31日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140503130648/http://www.asahi.com/articles/ASG523TYKG52UUHB004.html 2015年11月22日閲覧。 
  4. ^ “文化勲章に6人決まる 大隅良典氏や草間彌生氏ら”. 朝日新聞. (2016年10月28日). http://www.asahi.com/articles/ASJBT543RJBTUCVL01D.html 2016年10月28日閲覧。 
  5. ^ 石川徹也 (2013年8月9日). “船村徹記念館15年春開業へ 日光・今市地区”. 東京新聞. オリジナル2013年9月5日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/llspW 
  6. ^ “栃木・日光に船村徹記念館オープン ひばり、サブちゃんの3D映像も”. 産経新聞. (2015年4月27日). http://www.sankei.com/life/news/150427/lif1504270009-n1.html 
  7. ^ “【船村徹さん死去】妻の○○さん「旦那としては最低。作曲家としては最高」”. 産経ニュース. 産業経済新聞社. (2017年2月17日). http://www.sankei.com/entertainments/news/170217/ent1702170022-n1.html 2017年2月19日閲覧。 
  8. ^ “故船村徹氏に従三位”. 時事ドットコム. 時事通信社. (2017年3月17日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2017031700624&g=pol 2017年3月19日閲覧。 
  9. ^ 『官報』6988号、平成29年3月30日
  10. ^ a b “船村徹さん死去 塩谷生まれ「廃棄物」反対で先頭”. 東京新聞(栃木版). 中日新聞社. (2017年2月18日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/list/201702/CK2017021802000174.html 2017年2月19日閲覧。 
  11. ^ 船村徹 (2011年1月6日). “「山の日」をつくろう”. 日本山岳会. 2017年2月19日閲覧。
  12. ^ a b 追悼録(418)”. 銀座一丁目新聞 (2011年5月20日). 2017年2月19日閲覧。
  13. ^ “【船村徹さん死去】突然の別れに北島三郎さん「悔しさと寂しさ感じる」、舟木一夫さん「いただいた曲を歌っていくことが恩返し」”. 産経ニュース. 産業経済新聞社. (2017年2月17日). http://www.sankei.com/entertainments/news/170217/ent1702170023-n1.html 2017年2月19日閲覧。 
  14. ^ “船村徹さん、戦死した兄の命日に逝く…作曲家として2人目の文化勲章受章”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2017年2月17日). http://www.hochi.co.jp/feature/TO000244/20170217-OHT1T50267.html 2017年2月19日閲覧。 
  15. ^ “【船村徹さん原点に親友の作詞家高野公男さん”. アサヒ・コムデジタル. 朝日新聞社. (2017年2月17日). http://www.asahi.com/and_M/interest/entertainment/Cfettp01702170060.html 2017年2月19日閲覧。 
  16. ^ 「作家で聴く音楽」 JASRAC会員作家インタビュー 第17回 舩村徹vs大瀧詠一”. 日本音楽著作権協会web. p. 2. 2015年11月22日閲覧。
  17. ^ たけしの誰でもピカソ」(テレビ東京、2007年2月16日放送)[出典無効]
  18. ^ 「歌伝説・ちあきなおみの世界」(NHK-BS22005年11月6日放送)