吉田正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2014年8月
吉田 正
生誕 1921年1月20日
出身地 日本の旗 日本茨城県日立市
死没 1998年6月10日(満77歳没)
学歴 日立工業専修学校卒業
ジャンル 歌謡曲
職業 作曲家
活動期間 1948年 - 1998年
公式サイト 吉田正公式ホームページ

吉田 正(よしだ ただし、1921年1月20日 - 1998年6月10日)は、茨城県日立市出身の国民歌謡作曲家。死後の1998年7月に国民栄誉賞受賞。

生涯作曲数は2400曲を越える。都会的で哀愁漂うメロディーは都会調歌謡と称され、ムード歌謡から青春歌謡リズム歌謡まで幅広く手掛けた。また、鶴田浩二三浦洸一フランク永井松尾和子橋幸夫和田弘とマヒナスターズなど多くの歌手を育て上げ、日本歌謡史の黎明期を支えたひとりである。

略歴[編集]

代表作[編集]

歌謡曲[編集]

  • 異国の丘1948年竹山逸郎中村耕造
  • 東京の星空(1951年吉岡妙子
  • 雨の夜のスーベニール(1951年/吉岡妙子)
  • 落葉しぐれ(1953年三浦洸一
  • 街のサンドイッチマン(1953年/鶴田浩二
  • 赤と黒のブルース1955年/鶴田浩二)
  • おばこマドロス(1955年/野村雪子
  • 東京の人(1956年/三浦洸一)
  • 好きだった(1956年/鶴田浩二、和田弘とマヒナスターズ) - 1959年にはマヒナがハワイアン風にカバー。
  • 哀愁の街に霧が降る(1956年/山田真二
  • 有楽町で逢いましょう1957年フランク永井
  • 夜霧の第二国道(1957年/フランク永井)
  • 東京午前三時(1957年/フランク永井)
  • 夢みる乙女(1957年/藤本二三代
  • 泣かないで1958年/和田弘とマヒナスターズ) - マヒナのオリジナル曲第1弾である。
  • 好きな人(1958年/藤本二三代)
  • グッド・ナイト1959年/松尾和子&和田弘とマヒナスターズ)- 松尾和子のデビュー曲。
  • 東京ナイト・クラブ(1959年/松尾和子&フランク永井) - 松尾和子のデビュー曲。
  • 誰よりも君を愛す(1959年/松尾和子&和田弘とマヒナスターズ) ○第2回日本レコード大賞
  • 僕の東京地図(1959年/曽根史朗
  • 潮来笠(1960年/橋幸夫) - 橋幸夫のデビュー曲。 ○第2回日本レコード大賞(新人賞)
  • 再会(1960年/松尾和子)
  • 夜がわるい(1960年/松尾和子)
  • 花の大理石(マーブル)通り(1960年/藤本二三代)
  • 磯ぶし源太(1961年/橋幸夫) ○第3回日本レコード大賞(作詞賞受賞曲)
  • いつでも夢を[1](1962年/橋幸夫&吉永小百合) ○第4回日本レコード大賞
  • 寒い朝(1962年/吉永小百合)
  • 江梨子(1962年/橋幸夫)
  • 伊豆の踊子(1963年/吉永小百合)
  • 美しい十代(1963年/三田明
  • 二人の星をさがそうよ(1963年/田辺靖雄
  • 後追い三味線(1963年/榎本美佐江
  • 若い東京の屋根の下(1963年/橋幸夫&吉永小百合)
  • 光る海(1963年/吉永小百合)
  • 嫁ぐ日まで(1963年/吉永小百合)
  • 雨の中に消えて(1963年/吉永小百合)
  • そこは青い空だった(1964年/橋幸夫&吉永小百合)
  • 霧の中の少女(1964年/久保浩
  • 恋をするなら(1964年/橋幸夫) ○第7回日本レコード大賞(企画賞受賞曲)
  • ごめんねチコちゃん(1964年/三田明)
  • ゼッケンNO.1スタートだ(1964年/橋幸夫) ○第7回日本レコード大賞(企画賞受賞曲)
  • 若い二人の心斎橋(1964年/三田明&吉永小百合)
  • チェッ・チェッ・チェッ(涙にさよならを)1964年/橋幸夫) ○第7回日本レコード大賞(企画賞受賞曲)
  • あの娘と僕〜スイム・スイム・スイム(1965年/橋幸夫) ○第7回日本レコード大賞(企画賞受賞曲)
  • キューポラのある街(1965年/吉永小百合)
  • 若い翼(1965年/三田明)
  • 明日は咲こう花咲こう(1965年/三田明&吉永小百合)
  • おまえに(1966年/フランク永井)
  • 恋人ジュリー(1966年/三田明)
  • 勇気あるもの(1966年/吉永小百合&トニーズ
  • 恋と涙の太陽(アメリアッチ)(1966年/橋幸夫)
  • 海に泣いている (1966年/トニーズ
  • 愛の世界 (1967年/吉永小百合&トニーズ
  • 恋人たち (1967年/吉永小百合&トニーズ
  • 娘たちはいま(1967年/吉永小百合)
  • 恋のメキシカン・ロック(1967年/橋幸夫)
  • 佐久の鯉太郎(1967年/橋幸夫)
  • 和歌山ブルース(1968年/古都清乃
  • 加茂川ブルース(1968年/フランク永井)
  • 傷だらけの人生1970年/鶴田浩二) ○第13回日本レコード大賞(大衆賞)
  • 子連れ狼1971年/橋幸夫) ○第14回日本レコード大賞(大衆賞)
  • 未練の女(1971年/日吉ミミ
  • 京ごよみ~沖田総司(1974年/橋幸夫) ○第16回日本レコード大賞(中山晋平・西条八十賞)
  • 古葉,大洋よ覇者となれ(1989年/大石吾郎
  • 春来川慕情(1990年/松尾和子)
  • サンタマリア(1991年武井つかさ
  • 面影渡り鳥(1996年/橋幸夫) 最後のビクターヒット賞受賞曲[2]

など

門下生[編集]

ほか多数

関連項目[編集]

吉田正音楽記念館

評伝[編集]

  • 金子勇『吉田正〜誰よりも君を愛す』
ミネルヴァ書房〈ミネルヴァ日本評伝選〉、2010年

発車メロディー[編集]

出身地の茨城県日立市内のJR常磐線の各駅では、2005年10月6日(日立駅)11月1日(日立駅以外)から発車メロディーに吉田の代表曲を使用している。

  • 上り(全駅共通、ただし小木津駅十王駅は音色違い):いつでも夢を(吉永小百合・橋幸夫)
  • 下り
    • 大甕駅:恋のメキシカン・ロック(橋幸夫)
    • 常陸多賀駅:公園の手品師(フランク永井)
    • 日立駅:寒い朝(吉永小百合)
    • 小木津駅:明日は咲こう花咲こう(吉永小百合・三田明)
    • 十王駅:若い港(三田明)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ NHKスペシャル いつでも夢を~作曲家・吉田正の“戦争”~ - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  2. ^ 金子勇『吉田正 誰よりも君を愛す』ISBN 978-4-623-05623-1 ミネルヴァ書房(京都) 2010年1月 342頁年譜参照(吉田のヒット賞受賞曲数は合計204曲)

外部リンク[編集]