日吉ミミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日吉 ミミ
出生名 小池 和子
別名 池 和子
生誕 1947年7月21日
出身地 日本の旗 日本埼玉県浦和市(現:さいたま市
死没 (2011-08-10) 2011年8月10日(満64歳没)
日本の旗 日本東京都
職業 歌手
レーベル ビクターレコード

日吉 ミミ(ひよし みみ、1947年7月21日 - 2011年8月10日)は、日本の歌手埼玉県[1]浦和市(現:さいたま市[2]出身。本名は黒岩 和子(くろいわ かずこ)。旧姓は小池

略歴[編集]

1970年代嬌声(きょうせい)と呼ばれる放り投げるような高音域の声質と頽廃的な内容の作品群で脚光を浴びる。

1967年5月にビクターより「池和子」名義にてEP『涙の艶歌船』でデビュー、3枚のシングル盤をリリースするもヒットに恵まれなかったため、1969年11月に改名して再デビュー。改名第2作となる『男と女のお話』が大ヒット(累計売上は60万枚超[3])、選出後辞退した江利チエミの代替出演ながら同年の「NHK紅白歌合戦」に本作で初出場を果たす。

その後、しばらく低迷するも1978年10月5日に発売した『世迷い言』(よまいごと)TBS水曜劇場「ムー一族劇中歌に起用され、飲み屋のシーンで自ら出演し歌唱したことで話題となりヒットし、再び脚光を浴びた。

1980年代には「オレたちひょうきん族」(フジテレビ)に山本リンダ安倍律子と「ごっくん娘」でレギュラー出演。また、1990年発表の『北風ぴゅうぴゅう』はピップエレキバンTVCMタイアップによりヒットした。

前身の大洋ホエールズ時代からの横浜ベイスターズファンでもあり、私設応援団「横浜ベイスターズを優勝させる会」の副会長もつとめていた。

2010年5月31日、新曲『いのちのしずく』キャンペーンで名古屋を訪れた際、2009年5月に膵臓癌の手術を受けていた事を明らかにした。

2011年8月10日、膵臓癌のため東京都内の病院で死去。64歳没[4]。戒名は、日芳院釋尼美和正定聚。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. 涙の艶歌船 c/w 東京に泣いている (池和子名義、1967年5月15日、SV-567)
  2. 涙の細い道 c/w うら町銀座 (池和子名義、1968年3月5日、SV-679)
  3. 女の別れ c/w 花は泣かない (池和子名義、1968年11月5日、SV-772)
  4. おじさまとデート c/w 恋のギャング・ベイビー (1969年11月5日、SV-909)
  5. 男と女のお話[5] c/w むらさきの慕情 (1970年5月5日、SV-2037)
  6. 男と女の数え唄[6] c/w 男ははじめに女は最後に (1970年10月5日、SV-2088)
  7. 悲しい女と呼ばれたい c/w あなたのハートはいつ燃える (1971年2月5日、SV-2122)
  8. 未練の女 c/w むらさきのブルース (1971年5月5日、SV-2155)
  9. 失恋 c/w あなた渡り鳥 (1971年9月5日、SV-2190)
  10. 大阪恋歌 c/w あなたと私の虹のまち[7]。(1972年1月、SV-2216)
  11. ひとの一生かくれんぼ c/w 涙唄・別れ唄・子守唄 (1972年2月25日、SV-2236)
  12. 男と女の条件[8] c/w 男ともだち (1972年6月、SV-2263)
  13. わかれ話 c/w 故郷の子守唄 (1972年8月25日、SV-2286)
  14. たかが人生じゃないの c/w 悲しき玩具 (1972年2月、SV-2313)
  15. 結婚通知 c/w 途中下車 (1973年6月、SV-2339)
  16. 気ままに行こう c/w りんご (1973年8月、SV-2360)
  17. 十時の女 c/w 捜索願い (1973年12月、SV-2395)
  18. 恋という名のブルース c/w 港のエレジー (1974年7月、SV-2420)
  19. やさしくしてね c/w 独白 (1974年11月、SV-2444)
  20. この指とまれ c/w 女のアパート (1975年4月、SV-2472)
  21. 別れのワルツ c/w プロポーズ大作戦 (「ミミとジョー」(日吉ミミ&宍戸錠)名義。1975年、日本コロムビア P-409)
  22. 想い出ばなし c/w GIジョーの街 (1975年8月、SV-2497)
  23. 戯言(ざれごと) c/w 都会風情 (1976年4月、SV-2531)
  24. やさしさをありがとう c/w つらい夜 (1976年12月、SV-6130)
  25. うそつきが好きよ c/w 女盛り (1977年9月25日、SV-6280)
  26. 紙ふうせん c/w 雨の日の訪問者 (1978年、SV-6358)
  27. 流れ星挽歌 c/w 女の詩 (1978年7月、SV-6435)
  28. 世迷い言 c/w 翔べないわ (1978年10月5日、SV-6479)
  29. あばよ節 c/w 今日も天気がいい (1979年、SV-6557)
  30. 呑駄くれ c/w あきあきするよ (1979年8月、SV-6611)
  31. てがみ c/w 1/2 (1979年12月、SV-6659)
  32. ピリオッド c/w 春待ちながら (1980年5月、SV-6708)
  33. 夢灯り c/w あなたとならば… (1980年11月、SV-7056)
  34. 原宿ものがたり c/w グラスの中の男たち (1981年11月、SV-7169)
  35. 東京チカチカ c/w 男と女の結論 (1982年12月16日、SV-7273)
  36. キラキラヒカレ c/w 不詳 (1983年)
  37. c/w 男の耳はロバの耳 (1983年9月21日、SV-7334)
  38. 天気雨 c/w 恋愛詩 (1984年2月21日、SV-7372)
  39. 命日 c/w わたし恋の子涙の子 (1985年6月21日、SV-9027)
  40. タ・ン・ゴ[9] c/w 銀のかもめ (1985年11月21日、SV-9076)
  41. 北茶廊-キタカフェ- c/w (1986年12月5日、SV-9193)
  42. 焔(ほのお) c/w 未練だね (1988年1月1日、SV-9306)
  43. 北風ぴゅうぴゅう[10] c/w 恋の段違い (1990年10月21日、VIDL-10067)
  44. 君を愛して c/w 人生未定 (1993年1月21日、VIDL-10310)
  45. ウォーキング マイ ライフ c/w ララバイ青春 (1995年4月21日、VIDL-10635)
  46. 二枚の落ち葉 c/w 遊ばれ上手 (2000年2月23日、VIDL-30478)
  47. 言の葉の夢 c/w 人生はセピア色じゃない (2008年10月8日、VICL-36471)
  48. いのちのしずく c/w 生まれてはみたけれど (2010年5月26日、VICL-36581)

アルバム[編集]

  1. 男と女のお話/日吉ミミの世界 (1970年、SJX-58)
  2. 北帰行/日吉ミミの詩情 (1971年、SJX-77)
  3. 失恋/日吉ミミ・オリジナルを唄う 第一集 (1971年、SJX-87)
  4. たかが人生じゃないの~日吉ミミ・オリジナルを歌う 第二集 (1972年、SJX-117)
  5. 気ままに行こう~日吉ミミ・オリジナルを歌う 第三集 (1973年、SJX-144)
  6. 十時の女/日吉ミミ (1974年、SJX-166)
  7. 日吉ミミベスト・コレクション (1974年 SJV-677-8)
  8. 歌い疲れて/日吉ミミ (1974年、SJX-10143)
  9. 昭和51年度文化庁芸術祭参加 「春を待つ人々」に題す/日吉ミミ (1976年、SJX-10170)
  10. 蛍心中/日吉ミミ (1977年10月25日、SJX-20019)
  11. おんなの詩/日吉ミミ・二丁目歌姫の世界 (1978年7月25日、SJX-20072)
  12. 別れに酔いしれて/日吉ミミ~フォーク演歌の世界 (1978年、SJX-20120)
  13. 呑駄くれ/日吉ミミ (1979年、SJX-20161)
  14. たかが人生じゃないの~日吉ミミ、寺山修司を唄う~ (1983年、SJX-30202)

主な出演[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1970年(昭和45年)/第21回 男と女のお話 04/24 坂本九
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

歌手として出演したその他の歌番組は多岐に渡るため割愛する。

ドラマ[編集]

映画[編集]

NHK「みんなのうた[編集]

  • 若者と小犬とクロアサン(1977年)

舞台[編集]

  • 喜劇 水戸黄門漫遊記

ラジオ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日吉ミミ - オリコン芸能人事典
  2. ^ [http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/08/12/kiji/K20110812001394820.html スポニチAnnex デビュー45周年を前に…日吉ミミさん死去
  3. ^ 【あの人は今こうしている】3年前、実の妹を食道がんで亡くしたのに続き、一昨年、自分もすい臓がんに 日吉ミミさん、ゲンダイネット、2011年1月21日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  4. ^ 時事ドットコム:日吉ミミさん死去=歌手、「男と女のお話」
  5. ^ オリコンシングルチャート最高6位(1970年9月14日付)、同紙集計による売上枚数(注:チャート100位圏内のみの集計)は30.2万枚とされている。
  6. ^ オリコンシングルチャート最高15位(1970年11月23日付)、同紙集計による売上枚数(注:チャート100位圏内のみの集計)は12.9万枚。
  7. ^ 虹のまちCMソング
  8. ^ JASRACデータベースには「男と女の條件」と云う題名で登録。
  9. ^ 「味覚糖ピアピア」CFイメージソング
  10. ^ ピップエレキバン」CMソング

関連項目・人物[編集]

外部リンク[編集]