松尾和子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松尾 和子(まつお かずこ、1935年5月17日 - 1992年9月25日)は、日本の歌手。

略歴[編集]

東京市蒲田区(現東京都大田区蒲田)生まれ、箱根育ち。

戦後、ジャズに惹かれたことと自身及び家族の生活のために歌手となり、レイモンド・コンデのバンド、ゲイ・セプテットの専属歌手のひとりとなる。進駐軍のキャンプやナイトクラブ等で歌ううち、徐々に人気が上がっていき、やがて、赤坂のクラブ・リキ(力道山が経営していた)の専属歌手となり歌っていたときに、フランク永井に認められスカウト。吉田正に紹介されて、ビクターに入社。

1959年には「グッド・ナイト/東京ナイト・クラブ」でレコードデビュー。「グッド~」は和田弘とマヒナスターズ、「東京~」はフランク永井との共唱。当時はベテラン/人気歌手でも片面は他の歌手である場合が多く、ビクター及び吉田正の期待の程が窺える。第2弾として発売した「誰よりも君を愛す」(マヒナとの共唱)が大ヒットし、それと共に「グッド~」もつられる形でヒット、「誰よりも~」は第2回レコード大賞を受賞、「東京ナイト~」はその後長らくデュエットソングの定番として根強い人気を博し、松尾の名は一躍スターダムへとのし上がり、後にムード歌謡の女王と称されるようになった。

1960年にはソロで吹き込んだ「再会」がヒット。その後も「夜がわるい」「お座敷小唄」「再会の朝」「銀座ブルース」とコンスタントにヒットを出している。

私生活では歌手デビュー前の1958年に結婚、1963年には長男を授かるが、1966年に夫と離婚した辺りから、人気が下降していく。

1971年ごろ、大学生を中心に熟女ブームのようなものが巻き起こり、五月みどりらと共に人気が再燃。この時期以降タレントしての活動が活発化し、1980年代には、「ライオンのいただきます」(フジテレビ)、「午後は○○おもいッきりテレビ」(日本テレビ)のバラエティー/情報番組のコメンテーターとして大活躍し、人気を博していた。また女優としても「池中玄太80キロ」(日本テレビ)などに出演している。

1991年には息子が覚せい剤取締法違反で逮捕され、懲役2年の実刑判決を受ける。このことから、松尾はマスメディアから厳しく批判され、芸能活動の大幅自粛を余儀なくされる。折からブティック経営にも失敗し、負債は8億円ともいわれた。この事に思い悩み、松尾は睡眠薬を多量服用し、自殺未遂を起こすまでに追い込まれていた。

松尾の息子がまだ服役中だった1992年9月25日、自宅の階段から転落して頭部を強打する。それでも転落直後には松尾本人は家族に「なんでもない、大丈夫」と無事であることを主張していたが数時間後に容態が急変、まもなくして死去。57歳没。

死因は脳圧迫死であった。あまりにも突然の事故であり、前述の自殺未遂騒動などから、その急死は大きな波紋を呼んだ。この時階段に滑り止めが付いておらず、滑り止めが有れば転落事故は防げたとも話されていた。

松尾没後、「(松尾に)歌って欲しい曲がいっぱいあったし、書けと言われれば今も書ける。でも肝心の歌う人がいない。せめてフランク(永井)が健在なら…」というのが、晩年の吉田正の口癖だった。

没後20年以上経った現在も、過去の作品が多数CD化されている。

刑務所から出所した長男は2011年に48歳で病死している。

「夜がわるい」は1994年、“ポスト松尾和子”と目された真奈尚子がカバーし、翌年ビクターのヒット賞を受賞[1]。真奈の「夜がわるい」は約7万枚を売り上げた[1]

ディスコグラフィー[編集]

主な作品[編集]

シングル[編集]

  1. グッド・ナイト(1959年7月)※共演:和田弘とマヒナスターズ
    (c/w 東京ナイト・クラブ)※共演:フランク永井
  2. 口笛のブルース(1959年10月、VS-251)※歌唱:フランク永井
    (c/w 情熱)
  3. 誰よりも君を愛す(1959年12月)※共演:和田弘とマヒナスターズ
    (c/w そんな女になりました)
  4. 夜がわるい(1960年2月、VS-289)
    • 作詞:川内康範 / 作曲:吉田正 / 編曲:寺岡真三
    (c/w 街の噂も65日)※歌唱:和田弘とマヒナスターズ
  5. 別離(1960年2月、VS-307)
    • 作詞:川内康範 / 作曲:吉田正 / 編曲:佐野雅美
    (c/w 夜はあなたのもの)
  6. 嫌い 嫌い 嫌い(1960年2月、VS-321)
    • 作詞:佐伯孝夫 / 作曲:吉田正 / 編曲:寺岡真三
    (c/w 待たせないで)※歌唱:ブラック・キャッツ
  7. ピンクの灯りを消さないで(1960年4月、VS-319)
    • 作詞:宮川哲夫 / 作曲:吉田正
    (c/w 霧に濡れた恋)※歌唱:フランク永井
  8. 夜の招待(1960年5月、VS-332)※共演:フランク永井、和田弘とマヒナスターズ
    • 作詞:佐伯孝夫 / 作曲:吉田正
    (c/w 霧の夜空に消えた恋)※歌唱:藤田功多摩幸子
  9. 小さな酒場(1960年7月、VS-357)
    • 作詞:宮川哲夫 / 作曲:吉田正 / 編曲:寺岡真三
    (c/w どうして流れ星を拾うの)※歌唱:朝倉ユリ
  10. 再会(1960年8月、VS-373)
    (c/w 恋)
  11. 恋の旅路の果てなのか(1960年10月、VS-379)
    • 作詞:宮川哲夫 / 作曲:渡久地政信 / 編曲:渡久地政信
    (c/w 情愛)※歌唱:朝倉ユリ
  12. 炎(1960年、VS-393)
    (c/w ごめんなさいネ)
  13. ドンドン節(1960年、VS-406)
    (c/w 五ツ木の子守唄)
  14. とってもたのしくしてあげましょう(1960年、VS-427)※共演:和田弘とマヒナスターズ
    • 作詞:佐伯孝夫 / 作曲:吉田正 / 編曲:佐野雅美
    (c/w 花の大理石通り)※歌唱:藤本二三代
  15. 女ひとり(1960年、VS-436)
    (c/w 泣きぬれて)
  16. あの星だけは知っている(1961年、VS-460)
    • 作詞:水嶋哲 / 作曲:渡久地政信
    (c/w 恋占い)
  17. こいさん流し(1961年、VS-476)
    (c/w ねんねこ峠)※歌唱:和田弘とマヒナスターズ
  18. AF機が呼んでいる(1961年、VS-501)※共演:藤田功との共唱
    (c/w アカシヤ通り)
  19. 東京ドドンパ音頭(1961年6月、VS-508)※共演:フランク永井、藤本二三代、多摩幸子
    (c/w 三味線ドドンパ)※歌唱:神楽坂浮子
  20. 幸福は明日來る(1961年6月、VS-513)
    • 作詞:吉川静夫 / 作曲:渡久地政信
    (c/w あの娘はねんね)※歌唱:フランク永井
  21. 愛の渦潮(1961年、VS-541)
    (c/w 女の勲章)
  22. 涙の渡り鳥(1961年、VS-593)※歌唱:佐川ミツオ
    (c/w 君待てども)
  23. 哀愁の一夜(1961年、VS-608)
    (c/w その人の名は言えない)
  24. 愛すればこそ(1962年、VS-619)
    (c/w 女の園)
  25. 白い夜霧のブルース(1962年、VS-639)
    (c/w 悲しき女学生)※歌唱:竹越ひろ子
  26. 島の娘(1962年、VS-644)
    (c/w あなたなしでは)
  27. 昔の人(1962年、VS-647)
    (c/w 女は夜明けに消えていく)※歌唱:藤本二三代
  28. 明治一代女(1962年、VS-661)※歌唱:神楽坂浮子
    (c/w お傳地獄の唄)
  29. 七人の刑事(1962年、VS-662)※ビクター・オーケストラによるインストゥルメンタル
    (c/w 恋のムード)
  30. この地果つるまで(1962年、VS-684)
    (c/w 涯なき旅路)※歌唱:三浦洸一
  31. 初恋の詩(1962年6月、VS-703)※歌唱:フランク永井
    (c/w 恋に泣く)
  32. 幸福を胸に(1962年、VS-746)
    (c/w 幸福すぎて)
  33. たそがれのワルツ(1962年、VS-792)
    • 作詞:吉川静夫 / 作曲:進藤猛 / 編曲:進藤猛
    (c/w たった一つの言葉)※歌唱:雪村いづみ
  34. 東京姉妹(1962年、VS-870)※共演:藤本二三代
    (c/w 山の男で暮すのさ)※歌唱:和田弘とマヒナスターズ
  35. 銀座はマロン(1963年、VS-986)
    (c/w さよならのあとに)
  36. 紫のタンゴ(1963年、VS-1008)
    • 作詞:佐伯孝夫 / 作曲:飯田信夫 / 編曲:寺岡真三
    (c/w ママの星)
  37. 涙にしてみれば(1963年、VS-1087)
    (c/w 夜あけのふたり)※歌唱:藤田攻
  38. 熱海ブルース(1963年、VS-1098)
    (c/w どうせやくざで)※歌唱:和田弘とマヒナスターズ
  39. 巷の雨(1963年、VS-1107)
    • 作詞:川内康範 / 作曲:吉田正 / 編曲:吉田正
    (c/w 街角のノスタルジー)※歌唱:三浦洸一
  40. 国道18号線(1964年3月、SV-3)※共演:フランク永井
    • 作詞:宮川哲夫 / 作曲:吉田正 / 編曲:寺岡真三
    (c/w いつもあなたと一緒に)
  41. 香水と煙草(1964年5月、SV-54)※歌唱:フランク永井
    (c/w 港にジョーはいつ帰る)
  42. 悲しみの雨(1964年7月、SV-65)※歌唱:フランク永井
    (c/w さいはての香り)
  43. お座敷小唄(1964年8月、SV-77)※共演:和田弘とマヒナスターズ
    • 作詞:不詳 / 作曲:不詳 / 編曲:和田弘、寺岡真三
    (c/w マヒナのさのさ)※歌唱:和田弘とマヒナスターズ
  44. 朝きて 昼きて 晩もきて(1965年、SV-188)※共演:藤本二三代、神楽坂浮子
    (c/w 三人で待ってるワ)※共演:藤本二三代、神楽坂浮子
  45. 風のワルツ(1965年、SV-271)
    (c/w 街の灯が赤い)
  46. 泪のこぼれ花(1965年、SV-282)
    (c/w 泣くだけ泣いて)※歌唱:フランク永井
  47. 白い夜霧の街角(1965年、SV-327)
    (c/w 愛を知るとき)
  48. 銀座ブルース(1966年、SV-386)※共演:和田弘とマヒナスターズ、松平直樹
    • 作詞:鈴木道明・Selden G / 作曲:鈴木道明 / 編曲:寺岡真三
    (c/w 東京の夜は楽し)※歌唱:和田弘とマヒナスターズ、三原さと志
  49. 星影の小経(1967年、SV-519)※歌唱:フランク永井
    (c/w 雨の東京)
  50. 東西南北音頭(1967年6月、SV-571)※歌唱:橋幸夫三沢あけみ
    (c/w 思い出のレコード)※共演:フランク永井、吉永小百合三田明
  51. 雨がいつしか降っていた(1967年、SV-613)
    (c/w 花のゆくえ)
  52. 恋慕小唄(1968年8月、SV-613)
    • 作詞:不詳 / 補作詞:井田誠一 / 作曲:松本浩 / 編曲:松本浩
    (c/w この恋を返して)
  53. 銀座しぐれ(1968年、SV-663)
    (c/w 涙にあまえて)
  54. おじゃましたいの(1969年10月、SV-894)
    (c/w 銀座 銀座でお別れね)
  55. 再会(SV-2153)※セルフ・カバー
    • 作詞:佐伯孝夫 / 作曲:吉田正 / 編曲:寺岡真三
    (c/w 羽田の空も泣いている)
  56. 再会の朝(1971年、SV-2206)
    • 作詞:佐伯孝夫 / 作曲:吉田正 / 編曲:吉田正
    (c/w リスボンの酒場)
  57. 待ちくたびれて(1972年、SV-2269)
    (c/w 悪魔が出て来て笛を吹く)
  58. 午前零時に逢いましょう(1973年3月25日、SV-2327)
    (c/w 女の祈り)
  59. なみだの子守唄(1973年、SV-2391)
    (c/w 愛して別れて)
  60. 煙草のくせ(1974年、SV-2415)
    (c/w 恋と云うもの)
  61. ひとりぼっちのあなた(1975年、SV-2458)
    • 作詞:松本隆 / 作曲:川口真 / 編曲:川口真
    (c/w つよがり)
  62. 人情夜曲(1975年、SV-2506)
    • 作詞:泉谷しげる / 作曲:泉谷しげる / 編曲:泉谷しげる
    (c/w 夜明けのラプソディー)
  63. 夜がわるい(1976年、SV-6117)※セルフ・カバー
    • 作詞:川内康範 / 作曲:吉田正 / 編曲:吉田正
    (c/w いのちの恋)
  64. 11時(イレブン)過ぎから(1977年10月、SV-6309)※共演:フランク永井
    • 作詞:阿久悠 / 作曲:吉田正 / 編曲:寺岡真三
    (c/w お涼さん)※歌唱:フランク永井
  65. 枯葉のような女(1978年、SV-6503)
    (c/w ジョーカー)
  66. いつまでも待つの(1980年、SV-7032)※共演:フランク永井
    • 作詞:岩谷時子 / 作曲:ニック・ペリート / 編曲:ニック・ペリート
    (c/w KISS ME) ※歌唱:フランク永井
  67. 私どうしたらいいの─ナヌン オト カラグ─(1984年11月、7A0448)
    (c/w 恋模様)
  68. 酒よお前は(1986年3月、7A0568)
    (c/w 私どうしたらいいの─ナヌン オト カラグ─)
  69. 再会の朝(1987年、SV-9302)※セルフ・カバー
    • 作詞:佐伯孝夫 / 作曲:吉田正 / 編曲:吉田正
    (c/w 愛乱感謝)
  70. 春来川慕情(1990年4月21日、VIDL-10023)
    (c/w 船が港をはなれるように)

オリジナル・アルバム[編集]

  1. 松尾和子の俗曲ムード(1961年、LV-189)
  2. 夜のためいき(1966年12月、SJV-237)
  3. 知りたくないの(1967年8月、SJV-293)
  4. 愛と別離(1970年12月、SJX-59)
  5. 赤坂の夜は更けて(1970年、SJX-104)
  6. 松尾和子とため息と夜(1972年、SJX-95)
  7. 酒場の唄(1973年8月、SJX-143)
  8. ひとりぼっちのあなた(1975年、SJX-203)
  9. ラプソディー(1975年、SJX-216)
  10. 或る窓(1976年、SJX-10125)
  11. スター・ダスト(1979年、SJX-20109)
  12. お大事に/松尾和子イン・アメリカ(1980年、SJX-30020)
  13. SATIN VOICE(1984年6月21日、C28A0340)
  14. 私的・昭和歌謡掌史(1988年9月21日、VDR-1547)

テレビ番組[編集]

ドラマ[編集]

バラエティ[編集]

ほか多数

映画[編集]

紅白歌合戦出場歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 朝日新聞』1995年11月11日付夕刊、2頁(大阪)。

関連項目[編集]