多賀郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
茨城県多賀郡の範囲

多賀郡(たがぐん)は、茨城県常陸国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

  • 高萩市北茨城市の全域
  • 日立市の大部分(下深荻町・中深荻町・入四間町・東河内町および概ね石名坂町、大みか町以南を除く)

歴史[編集]

古くは多珂国造の支配する国であり、これを受けて評制施行後には多珂評とも書いた。

近代以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
幕府領 幕府領 1村 下小津田村
旗本領 1村 ○神岡上村
幕府領・旗本領 8村 車村、○小豆畑村、臼場村、○中妻村、○下相田村、上小津田村、福田村、●花園村
藩領 常陸水戸藩 34村 ○黒坂村、○大菅村、○小菅村、○折橋村、●○大中村、○小中村、○小妻村、○徳田村、○里川新田、○水木村、○森山村、○大沼村、○河原子村、○下孫村、○大久保村、○諏訪村、○油繩子村、○成沢村、○助川村、●○宮田村、○滑川村、○田尻村、○金沢村、○会瀬村、○砂沢村、○伊師村、●○友部村、○折笠村、○伊師本郷村、高原村、○山部村、福平村、○小木津村、○川尻村
常陸松岡藩[3] 29村 上君田村、下君田村、○島名村、○高萩村、●安良川村、○高戸村、○赤浜村、小野矢指村、○下桜井村、○上桜井村、○松井村、○粟野村、●○日棚村、●下手綱村、●○上手綱村、○秋山村、中戸川新田、○大能村、○足洗村、○石岡村、○豊田村、横川村、若栗新田、○内野村、○磯原村、○上相田村、○大塚村、○木皿村、大津村
武蔵川越藩 9村 ○神岡下村、○関本下村、仁井田村、平潟村、関本中村、八反村、○山小屋村、才丸村、山小川村
幕府領・藩領 幕府領・川越藩 1村 関本上村

町村制以降の沿革[編集]

1.坂上村 2.国分村 3.鮎川村 4.高鈴村 5.日立村 6.日高村 7.豊浦町 8.黒前村 9.松原町 10.櫛形村 11.松岡村 12.高岡村 13.南中郷村 14.北中郷村 15.華川村 16.関南村 17.関本村 18.河原子町 19.大津町 20.平潟町(桃:日立市 紫:高萩市 赤:北茨城市)
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、下記の町村が発足[4]。(5町15村)
    • 坂上村 ← 水木村、森山村、大沼村(現・日立市)
    • 国分村 ← 大久保村、金沢村、下孫村(現・日立市)
    • 鮎川村 ← 諏訪村、油縄子村、成沢村(現・日立市)
    • 高鈴村 ← 助川村、会瀬村(現・日立市)
    • 日立村 ← 宮田村、滑川村(現・日立市)
    • 日高村 ← 小木津村、田尻村(現・日立市)
    • 豊浦町 ← 川尻村、折笠村、砂沢村(現・日立市)
    • 黒前村 ← 山部村、高原村、黒坂村(現・日立市)、福平村(現・高萩市)
    • 松原町 ← 秋山村、島名村、安良川村、高萩村、伊師村[一部](現・高萩市)
    • 櫛形村 ← 伊師本郷村、友部村、伊師村[残部](現・日立市)
    • 松岡村 ← 下手綱村、上手綱村、高戸村、赤浜村(現・高萩市)
    • 高岡村 ← 若栗新田、横川村、大能村、中戸川村、上君田村、下君田村(現・高萩市)
    • 南中郷村 ← 上桜井村、小野矢指村、粟野村、日棚村、松井村、足洗村、石岡村、下桜井村(現・北茨城市)
    • 北中郷村 ← 豊田村、磯原村、大塚村、木皿村、上相田村、内野村(現・北茨城市)
    • 華川村 ← 下相田村、車村、中妻村、上小津田村、下小津田村、小豆畑村、臼場村、花園村(現・北茨城市)
    • 関南村 ← 神岡上村、関本下村、神岡下村、仁井田村(現・北茨城市)
    • 関本村 ← 関本上村、関本中村、山小屋村、才丸村、山小川村、八反村、福田村(現・北茨城市)
    • 河原子町(河原子村が単独町制。現・日立市)
    • 大津町(大津村が単独町制。現・北茨城市)
    • 平潟町(平潟村が単独町制。現・北茨城市)
  • 1896年(明治29年)7月1日 - 郡制を施行。
  • 1923年大正12年)4月1日 - 郡制廃止にともない郡会が廃止。残務処理のため郡役所は存続。
  • 1924年(大正13年)8月26日 - 日立村が町制施行して日立町となる。(6町14村)
  • 1925年(大正14年)1月1日(8町12村)
    • 高鈴村が町制施行・改称して助川町となる。
    • 北中郷村が町制施行・改称して磯原町となる。
  • 1926年(大正15年)7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 1928年昭和3年)4月17日 - 松岡村が町制施行して松岡町となる。(9町11村)
  • 1937年(昭和12年)10月1日 - 松原町が改称して高萩町となる。
  • 1938年(昭和13年)4月1日 - 河原子町・国分村・鮎川村が合併して多賀町が発足。(9町9村)
  • 1939年(昭和14年)9月1日 - 日立町・助川町が合併して日立市が発足し、郡より離脱。(7町9村)
  • 1941年(昭和16年)2月11日 - 坂上村が多賀町に編入。(7町8村)
  • 1942年(昭和17年)7月1日 - 多賀地方事務所が高萩町に置かれ、多賀郡を管轄する。
  • 1954年(昭和29年)11月23日 - 高萩町・松岡町・高岡村および黒前村の一部(福平)・櫛形村の一部(友部の一部)が合併して高萩市が発足し、郡より離脱。(5町7村)
  • 1955年(昭和30年)
    • 2月11日 - 櫛形村・黒前村が合併して十王村が発足。(5町6村)
    • 2月15日 - 多賀町・日高村が日立市に編入。(4町5村)
    • 4月1日 - 磯原町・華川村が合併し、改めて磯原町が発足。(4町4村)
  • 1956年(昭和31年)
    • 1月1日 - 十王村が町制施行して十王町となる。(5町3村)
    • 3月31日 - 磯原町・大津町・平潟町・南中郷村・関南村・関本村が合併して北茨城市が発足し、郡より離脱。(2町)
    • 9月20日 - 豊浦町が日立市に編入。(1町)
  • 2004年平成16年)11月1日 - 十王町が日立市に編入。同日多賀郡消滅。茨城県内では1896年の郡の再編以来、初の郡消滅となった。

変遷表[編集]

自治体の変遷
明治22年4月1日 明治22年 - 大正15年 昭和1年 - 昭和19年 昭和20年 - 昭和30年 昭和31年 - 昭和63年 平成1年 - 現在 現在
松原町 松原町 昭和12年10月1日
改称 高萩町
昭和29年11月23日
高萩市
高萩市 高萩市 高萩市
松岡村 松岡村 昭和3年4月17日
町制
高岡村 高岡村 高岡村
  黒前村 黒前村 黒前村
  昭和30年2月11日
十王村
昭和31年1月1日
町制
平成16年11月1日
日立市に編入
日立市
  櫛形村 櫛形村 櫛形村
  昭和29年11月23日
高萩市
昭和30年2月11日
十王村
高鈴村 大正14年1月1日
町制改称 助川町
昭和14年9月1日
日立市
日立市 日立市 日立市
日立村 大正13年8月26日
町制
河原子町 河原子町 昭和13年4月1日
多賀町
昭和30年2月15日
日立市に編入
国分村 国分村
鮎川村 鮎川村
坂上村 坂上村 昭和16年2月11日
多賀町に編入
日高村 日高村 日高村
豊浦町 豊浦町 豊浦町 豊浦町 昭和31年9月20日
日立市に編入
北中郷村 大正14年1月1日
町制改称 磯原町
磯原町 昭和30年4月1日
磯原町
昭和31年3月31日
茨城市
同日改称 北茨城市
北茨城市 北茨城市
華川村 華川村 華川村
大津町 大津町 大津町 大津町
平潟町 平潟町 平潟町 平潟町
南中郷村 南中郷村 南中郷村 南中郷村
関南村 関南村 関南村 関南村
関本村 関本村 関本村 関本村

行政[編集]

歴代郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治11年(1878年)12月2日
大正15年(1926年)6月30日 郡役所廃止により、廃官

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 領主から年貢免除の特権を与えられた土地。
  2. ^ 1866年慶応2年)に一部が川越藩領となったとする資料もある。
  3. ^ 慶応4年1月24日(1868年2月17日)に水戸藩附家老中山家が明治政府の特旨によって立藩。手綱藩と呼ばれた時期もあった。
  4. ^ 町村の統合は3月31日

参考文献[編集]

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編 『角川日本地名大辞典』 8 茨城県、角川書店、1983年12月1日。ISBN 4040010809 
  • 旧高旧領取調帳データベース

関連文献[編集]

  • 茨城県多賀郡 編 『常陸多賀郡史』帝国地方行政学会、1923年。NDLJP:978664 

関連項目[編集]