茨城郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
茨城県茨城郡の範囲

茨城郡(いばらきぐん)は、茨城県常陸国)にあった

郡域[編集]

概ね現在の下記の区域にあたるが、行政区画として画定されたものではない。

  • 水戸市の大部分(概ね那珂川より北東を除く)
  • 笠間市の全域
  • 常陸大宮市の一部(概ね那珂川以南)
  • 桜川市の一部(猿田、木植、曽根、松田、友部、上城、犬田、鍬田、富岡、長方、中泉、上野原地新田、西飯岡以北)
  • 小美玉市の大部分(概ね園部川以西を除く)
  • 東茨城郡城里町の全域
  • 東茨城郡茨城町の大部分(海老沢・宮ヶ崎・城之内・網掛・小堤・駒場・神宿を除く)
  • 東茨城郡大洗町の大部分(成田町・神山町を除く)

歴史[編集]

大化の改新以前は茨城国造の領域で、明治以降の東茨城郡西茨城郡より広く、概ね現在の茨城県の中央部にあたる筑波山の東側から霞ヶ浦の北側、北浦の西側に及んだ。律令制下の郡編成が進む過程で南部が行方郡および河内郡の一部として分立し、常陸国茨城郡となる。郡の中心は現在の石岡市にあったとされ、本郡に常陸国の国府が置かれた。

律令制による国郡支配が解体された結果、平安時代末期以降、本郡でも荘園の分立や郡の分割が進んだ。近世初期の検地の際に近代に続く「茨城郡」の領域が確定したが、那珂郡の一部が本郡の北部に加えられる一方で、南部の常陸府中(現・石岡市)周辺は新治郡に属するものとされた。この結果、近世以降の茨城郡は、律令時代の茨城郡より領域が北に移動している。

近代以降の沿革[編集]

所属町村の変遷は東茨城郡#郡発足までの沿革西茨城郡#郡発足までの沿革をそれぞれ参照

脚注[編集]

  1. ^ 領主から年貢免除の特権を与えられた土地。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1878年
次代:
東茨城郡西茨城郡