筑波郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
茨城県筑波郡の範囲(水色:後に他郡から編入した区域 薄黄:後に他郡に編入された区域)

筑波郡(つくばぐん)は、茨城県常陸国)にあった。茨城県の県南地域の西部に位置する。行政区域は、北部の筑波山塊と平坦な筑波台地にまたがる。

郡域[編集]

現在のつくば市つくばみらい市を合わせた区域にほぼ相当する。1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

  • つくば市の大部分(概ね若栗、若葉、中山、鷹野原、高野台、牧園、西大井、樋の沢、市之台、下横場、南中妻、北中妻、今泉、上横場、榎戸、館野、赤塚、下原、大角豆、倉掛、花室、妻木、栗原、玉取、大曽根、篠崎、長高野、前野、大穂、佐、若森より南東および苅間・葛城根崎・東平塚・西平塚・下平塚・西大橋・新井・大白硲・平・柳橋・山中・島・西岡・小白硲・原を除く[1]
  • つくばみらい市の大部分(筒戸、平沼、鬼長、川崎、寺畑以西を除く)
  • 土浦市の一部(大志戸・小高・小野・東城寺・永井・本郷)
  • 下妻市の一部(高道祖)
  • 常総市の一部(東町・水海道川又町)
  • 取手市の一部(概ね小貝川以北)

当初は新治郡河内郡との境界線が錯綜をきわめており、当郡が土浦市北部、新治郡・河内郡がつくば市の中心近くまで及んでいたが、1896年(明治29年)の郡制施行のための郡の再編で整理された。

歴史[編集]

1889年(明治22年)の市町村制施行に伴い、谷田部町に郡役所が置かれ、谷田部は郡の行政と文化の中心地となった[2]。1953年(昭和28年)から1961年(昭和31年)にかけて推進された市町村の合併(いわゆる昭和の大合併)により、昭和中期から末期にかけて、谷田部町、伊奈村(のちに町制を施行して伊奈町)、谷和原村、豊里町、筑波町、大穂町の4町2村から成った[2]

1963年(昭和38年)に、筑波地区の土地が研究学園都市の建設地に閣議決定され、筑波町・豊里町・谷田部町・大穂町が筑波研究学園都市の関係町村として脚光を浴びることになったが、谷和原村と伊奈村は小貝川流域の水田が広がる純農村地帯であった[2]。1981年(昭和56年)6月に谷和原村に常磐自動車道の一部が開通するようになると、伊奈村で宅地化が急速に進んで、首都圏のベットタウンとしての様相を呈するようになり、郡内の人口も急速に増加していった[2]。さらに、1985年(昭和60年)には谷田部町を中心会場として、国際科学技術博覧会(つくば万博)が開催され、筑波研究学園都市を中心に周辺地区の道路や環境施設が一段と整備されていった[2]。このころから、群域内の情勢は大きな変容を見せるようになり、それに対応するように筑波研究学園都市関係町村の合併問題が、茨城県や各町村で取り上げられるようになっていった[2]。そして1987年(昭和62年)11月、谷田部町、大穂町、豊里町と稲敷郡桜村の3町1村が新設合併してつくば市が誕生し、当初合併に反対した筑波町も2か月後の1988年(昭和63年)1月につくば市に編入されて郡から離脱し、伊奈町と谷和原村の1町1村となった。

時代が平成になると、1995年(平成7年)に合併特例債を中心とした財政支援措置がなされるなど、政府主導による市町村合併(いわゆる平成の大合併)が強力に推進された結果、2006年(平成18年)3月に残る伊奈町と谷和原村が合併して市制施行し、つくばみらい市が誕生すると同時に、筑波郡は消滅した。

近代以降の沿革[編集]

  • 慶応4年
  • 明治初年(1町168村)
    • 飯田村が分割して上飯田村・下飯田村となる。
    • 吉沼村の一部より吉沼五人受が起立。
  • 明治2年2月9日1869年3月21日) - 常陸知県事の管轄区域が若森県の管轄となる。
  • 明治4年
  • 1874年(明治7年) - 大島村(現・つくば市下大島)が改称して下大島村となる。
  • 1875年(明治8年)5月7日 - 第2次府県統合により茨城県の管轄となる。
  • 1878年(明治11年)
    • 12月2日 - 郡区町村編制法の茨城県での施行により行政区画としての筑波郡が発足。郡役所が谷田部町に設置。
    • 2ヶ所ずつ存在した太田村・栗山村がそれぞれ南太田村(現・つくばみらい市南太田)、北太田村(現・つくば市北太田)、東栗山村(現・つくばみらい市東栗山)、西栗山村(現・つくば市西栗山)に改称。
    • 大島村(現・つくば市上大島)が改称して上大島村となる。
  • 1879年(明治12年) - このころ上飯田村・下飯田村が合併して飯田村となる。(1町167村)
  • 1883年(明治16年) - 西酒丸新田が改称して土田村となる。
  • 1884年(明治17年)(1町160村)
    • このころまでに西酒丸村西谷賀代村中東村新田が分割して西酒丸村・西谷賀代村・中東村に編入。
    • 西酒丸村・西谷賀代村・中東村が合併して酒丸村となる。
    • 上口堀村・南口堀村・弥平太村・中根村・猿壁村が合併して要村となる。
  • 1886年(明治19年)(1町157村)
    • 上新田村・下新田村が合併して高良田村となる。
    • 宮本村・中北村が上河原崎村に合併。
  • 1887年(明治20年) - 北条村が改称して北条町となる。(2町156村)

町村制以降の沿革[編集]

1.山ノ荘村 2.谷田部町 3.小張村 4.板橋村 5.久賀村 6.三島村 7.谷井田村 8.真瀬村 9.豊村 10.島名村 11.旭村 12.鹿島村 13.十和村 14.福岡村 15.上郷村 16.吉沼村 17.作岡村 18.菅間村 19.筑波町 20.田井村 21.北条町 22.小田村 23.高道祖村(紫:つくば市 赤:つくばみらい市 桃:土浦市 黄:取手市 橙:下妻市 +はのちに筑波郡に加わった地域)
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、下記の町村が発足[6]。(3町20村)
    • 山ノ荘村 ← 大志戸村、小高村、小野村、東城寺村、永井村、本郷村(現・土浦市) 
    • 谷田部町 ← 谷田部町、東丸山村、羽成村、花島新田、上萱丸村、下萱丸村、飯田村、中野村、西栗山村、片田村、根崎村、古館村、境田村、境松村(現・つくば市)
    • 小張村小張村市野深村谷口村、奉社村、新戸村、小島新田、善助新田(現・つくばみらい市)
    • 板橋村板橋村神生村、野堀村、南太田村勘兵衛新田、武兵衛新田、重右衛門新田、狸穴村高岡村、大和田村(現・つくばみらい市)
    • 久賀村 ← 城中村、東栗山村、足高村(現・つくばみらい市)、浜田村、徳右衛門新田、上萱場村、下萱場村、根新田、弥左衛門新田(現・取手市)
    • 三島村下島村、中島村、上島村、神住新田、伊丹村、山王新田、福原村、戸茂村、戸崎村(現・つくばみらい市)
    • 谷井田村谷井田村、上平柳村、山谷村、中平柳村、下平柳村(現・つくばみらい市)
    • 真瀬村 ← 真瀬村、鍋沼新田、高須賀村、高良田村(現・つくば市)、老田淵村、新右衛門新田(現・常総市)
    • 豊村豊体村、青木村、青古新田、福田村、長渡呂新田、弥柳村、狸淵村、長渡呂村(現・つくばみらい市)
    • 島名村 ← 島名村、高田村、水堀村、面野井村、中別府村、下別府村、上河原崎村、下河原崎村、鬼ヶ窪村(現・つくば市)
    • 旭村 ← 要村、沼崎村、高野村、百家村、酒丸村、遠東村、中東原村新田、土田村、今鹿島村(現・つくば市)
    • 鹿島村加藤村、下小目村、上小目村、成瀬村、宮戸村、西丸山村、東楢戸村、西楢戸村、古川村(現・つくばみらい市)
    • 十和村上長沼村、樛木村、押砂村、箕輪村、北袋村、下長沼村、真木村、田村、日川村(現・つくばみらい市)、川又村(現・常総市)
    • 福岡村 ← 福岡村、台村、南村、伊左衛門新田、仁左衛門新田、坂野新田(現・つくばみらい市)
    • 上郷村 ← 上郷村、木俣村、手子丸村、野畑村(現・つくば市)
    • 吉沼村 ← 吉沼村、吉沼五人受、大砂村、西高野村、牛縊村(現・つくば市)
    • 作岡村 ← 作谷村、安食村、寺具村、明石村、高野原新田(現・つくば市)
    • 菅間村 ← 中菅間村、上菅間村、池田村、洞下村、磯部村(現・つくば市)
    • 筑波町筑波村、沼田村、国松村、上大島村(現・つくば市)
    • 田井村神郡村、杉木村、大貫村、小沢村、漆所村、臼井村(現・つくば市)
    • 北条町北条町、小泉村、泉村、君島村(現・つくば市)
    • 小田村 ← 小田村、北太田村、小和田村、山口村、平沢村、下大島村、大形村(現・つくば市)
    • 高道祖村(単独村制。現・下妻市)
  • 1896年(明治29年)
  • 1896年(明治29年)7月1日 - 郡制を施行。
  • 1923年大正12年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 1926年(大正15年)7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 1938年昭和13年)4月17日 - 鹿島村・長崎村が合併して谷原村が発足。(3町23村)
  • 1953年(昭和28年)
    • 4月1日 - 大穂村が町制施行して大穂町となる。(4町22村)
    • 11月3日 - 上郷村が町制施行して上郷町となる。(5町21村)
  • 1954年(昭和29年)
    • 6月1日 - 高道祖村が真壁郡下妻町に編入。下妻町は即日市制施行して下妻市となる。(5町20村)
    • 7月1日 - 三島村・谷井田村・豊村・小張村が合併して伊奈村が発足。(5町17村)
  • 1955年(昭和30年)
    • 2月1日 - 筑波町・北条町・田水山村・田井村・小田村が合併し、改めて筑波町が発足。(4町14村)
    • 2月21日 - 久賀村の一部(城中・東栗山・足高)が伊奈村に、残部(浜田・徳右衛門新田・上萱場・下萱場・根新田・弥左衛門新田)が北相馬郡藤代町に分割編入。(4町13村)
    • 3月1日 - 谷原村・十和村・福岡村が北相馬郡小絹村と合併して谷和原村が発足。(4町11村)
    • 3月31日(4町7村)
      • 真瀬村の一部(老田淵・新右衛門新田)が水海道市に編入。
      • 谷田部町・小野川村・葛城村・島名村および真瀬村の残部(真瀬・鍋沼新田・高須賀・高良田)が合併し、改めて谷田部町が発足。
    • 4月1日(4町6村)
      • 大穂町および旭村の一部(要)が合併し、改めて大穂町が発足。
      • 上郷町および旭村の残部(沼崎・高野・百家・酒丸・遠東・中東原新田・土田・今鹿島)が合併し、改めて上郷町が発足。上郷町は即日改称して豊里町となる。
    • 6月10日 - 板橋村が伊奈村に編入。(4町5村)
  • 1956年(昭和31年)9月30日(4町3村)
    • 吉沼村の一部(吉沼字田倉)が豊里町に、残部(五人受・大砂・西高野・牛縊および吉沼の残部)が大穂町に分割編入。
    • 作岡村が筑波町に編入。
  • 1957年(昭和32年)7月1日 - 菅間村が筑波町に編入。(4町2村)
  • 1985年(昭和60年)4月1日 - 伊奈村が町制施行して伊奈町となる。(5町1村)
  • 1987年(昭和62年)11月30日 - 谷田部町・豊里町・大穂町が新治郡桜村と合併してつくば市が発足し、郡より離脱。(2町1村)
  • 1988年(昭和63年)1月31日 - 筑波町がつくば市に編入。(1町1村)
  • 2006年平成18年)3月27日 - 伊奈町・谷和原村が合併してつくばみらい市が発足し、郡より離脱。同日筑波郡消滅。

変遷表[編集]

行政[編集]

歴代郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治11年(1878年)12月2日
大正15年(1926年)6月30日 郡役所廃止により、廃官

地理[編集]

郡の北部に関東平野の中央にそびえ、日本百名山の一つに数えられる筑波山(標高877 m)があり、南西部の郡境には利根川水系の支流である小貝川、東部に桜川が南流する。大部分は筑波台地の平坦な地で、南は稲敷台地へと続き、牛久沼とも接する。

かつては、コムギ・サツマイモ・ラッカセイなどの畑作を中心とする純農村地帯であったが、郡中心部に筑波研究学園都市が立地すると、研究施設のほか、周辺地域に工業団地、住宅団地、ゴルフ場が造成されていった。交通網は、筑波山麓の筑波町に走っていた筑波鉄道筑波線が1987年(昭和62年)に廃止されたが、南部を常磐自動車道が横断し、国道354号国道408号を軸に、群域全体に学園東大通り土浦学園線などの主要地方道や一般県道の幹線道路が縦横に交錯する。

脚注[編集]

  1. ^ 住居表示実施地区については不詳。
  2. ^ a b c d e f 『茨城県大百科事典』茨城新聞社、(1981)
  3. ^ 領主から年貢免除の特権を与えられた土地。
  4. ^ ○上飯田村・下飯田村に分かれて記載。
  5. ^ 記載は筑波町。
  6. ^ 町村の統合は3月31日

参考文献[編集]

関連項目[編集]