牛久沼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
牛久沼
Ushiku-numa.JPG
牛久沼大橋付近からの眺望
地図
所在地 日本の旗 日本茨城県龍ケ崎市
位置 北緯35度56分45秒
東経140度7分48秒
座標: 北緯35度56分45秒 東経140度7分48秒
面積 3.49[1] km2
周囲長 25.5 km
最大水深 3.0 m
平均水深 1.0 m
貯水量 -- km3
水面の標高 -- m
成因 --
淡水・汽水 淡水
湖沼型 富栄養型
透明度 -- m
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

牛久沼(うしくぬま)は、茨城県龍ケ崎市にある一級河川利根川水系の小貝川支流に含まれる。沼に近い牛久市と同じ名前であるが、全域が龍ケ崎市の区域内である。かつては太田沼とも言われた[2]

地理[編集]

沼の東岸に沿ってJR東日本常磐線国道6号水戸街道)が通る。最寄り駅は龍ケ崎市駅・佐貫駅。市の鳥である白鳥が毎冬約40羽近く飛来する。また、オオクチバスが生息しており、食性調査が実施された[3]

流入河川[編集]

流出河川[編集]

周辺の自治体[編集]

故事来歴[編集]

鰻丼

うな丼は「牛久沼が発祥の地」と言われており、国道6号沿いをはじめとした牛久沼付近(龍ケ崎市庄兵衛新田町など)には現在でも鰻料理店が多く、「うなぎ海道」として人気が高い[4][5]

金竜寺には「牛になった小坊主」という昔話が伝わり、牛久沼の名称はこの伝説に拠るとも言われる[6]

金竜寺のあるなまけ者の小坊主は、毎日の勤行(ごんぎょう)を怠ってゴロゴロ寝てばかり。とうとう小坊主は本当に牛になってしまいました。初めて恥を知った小坊主は、沼に入水(じゅすい)しようと決心して岸へ向かいました。しかし寺の住職は小坊主に同情し入水を止めようとして、水の中に入る牛のしっぽを握り引き戻そうとしました。ところが、しっぽはぶっつりと切れてしまったのです。牛はそのまま水底に沈んでしまいました。がっかりした住職は、手に残されたしっぽで払子(ほっす)を作りました。その払子は、今も寺宝として保管されています[6]

また、牛久沼には昔から河童伝説UMA)の伝説があり、牛久沼沿いの遊歩道は「牛久沼かっぱの小径」と命名された[7]

縁のある有名人[編集]

  • 小川芋銭 - 河童画で有名な画家。沼のすぐ近く(現在の牛久市内)に住んでいた。
  • 住井すゑ - 小川芋銭宅の近くに居住し、執筆活動を行っていた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 国土地理院 (2015年3月6日). “平成26年全国都道府県市区町村別面積調 湖沼面積 (PDF)”. 2015年3月22日閲覧。
  2. ^ 広報うしく 再発見・牛久第一話”. 牛久市. 2012年6月1日閲覧。
  3. ^ 新谷一大,渡邊精一「茨城県牛久沼におけるオオクチバスの食性」『水産増殖』第38巻第3号、日本水産増殖学会、1990年、 245-252頁、 doi:10.11233/aquaculturesci1953.38.245
  4. ^ 牛久沼” (日本語). 観光いばらき. 2020年5月16日閲覧。
  5. ^ うな丼発祥の地 龍ケ崎市の牛久沼(市内うなぎ専門店一覧)|龍ケ崎市公式ホームページ”. www.city.ryugasaki.ibaraki.jp. 2020年5月16日閲覧。
  6. ^ a b 金竜寺のお話|龍ケ崎市公式ホームページ”. www.city.ryugasaki.ibaraki.jp. 2020年5月16日閲覧。
  7. ^ 牛久沼 | 牛久市公式ホームページ”. www.city.ushiku.lg.jp. 2020年5月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]