湯ノ湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
湯ノ湖
200731 Yunoko Nikko Tochigi pref Japan07s3.jpg
湖畔展望テラスより見た湯ノ湖と男体山(奥)
湯ノ湖の南東に男体山(三角印)がある。下の湖は中禅寺湖
所在地 栃木県日光市
位置 北緯36度48分00秒 東経139度25分25秒 / 北緯36.80000度 東経139.42361度 / 36.80000; 139.42361座標: 北緯36度48分00秒 東経139度25分25秒 / 北緯36.80000度 東経139.42361度 / 36.80000; 139.42361
面積 0.32 km2
周囲長 2.8 km
最大水深 12 m
水面の標高 1,478[1] m
成因 堰止湖
淡水・汽水 淡水
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

湯ノ湖(ゆのこ)は栃木県日光市の西部にある。北東にある三岳火山の噴火によってつくられた堰止湖である[1]。標高1,478m[1]

概要[編集]

日光白根山からの水に加え、湖畔にある日光湯元温泉からの湯が流れ込んでいる。温泉成分や山からの砂などで水深が浅くなり、湿地化する危機にあったが、1997年に浚渫工事が行われ、危機を乗り越えた。温泉の湯が流れ込んでいるものの、水深が浅いため冬季には全面結氷することもある。

湖の南端の湯滝上(ゆたきうえ)には湯滝があり、湯滝は戦場ヶ原へのハイキングコースの起点になっている[1]。約1時間で一周できる[1]

兎島は湯ノ湖の唯一の半島でその付け根には兎島湿原がある[1]

毎年2月に海上保安庁羽田特殊救難基地が北方での海難事故を想定した訓練をここで実施している。

金精道路より男体山と湯ノ湖
男体山と湯ノ湖
湖畔に広がる日光湯元温泉街
冬季、結氷した湯ノ湖
正面に兎島、赤い湖底

交通アクセス[編集]

  • 東武バス日光の「湯元温泉」、「湖畔前」、「湯滝入口」の各バス停から徒歩圏

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 奥日光ハイキングガイドマップ 日光観光協会、2020年12月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、湯ノ湖に関するカテゴリがあります。