久種湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
久種湖
久種湖を湖畔のキャンプ場より望む
久種湖
所在地 北海道宗谷総合振興局
位置 北緯45度25分55秒 東経141度2分8秒 / 北緯45.43194度 東経141.03556度 / 45.43194; 141.03556座標: 北緯45度25分55秒 東経141度2分8秒 / 北緯45.43194度 東経141.03556度 / 45.43194; 141.03556
面積 0.60 km2
周囲長 3.3 km
最大水深 6.2 m
平均水深 3.5 m
貯水量 0.00172 km3
水面の標高 5.0 m
成因 堰止湖/海跡湖
淡水・汽水 淡水湖
湖沼型 富栄養湖
透明度 -0.3~0.8 m
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示
久種湖の空中写真(1977年撮影)
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。この画像は上方が北東方向である。

久種湖くしゅこ)は、北海道北部、宗谷総合振興局管内礼文郡礼文町にある淡水湖である[1]

「湖」と名の付く中では現在日本の施政権が及ぶ範囲において最北端の湖である。利尻礼文サロベツ国立公園に含まれる。モスリート若しくはクシケントが語源とされアイヌ語で「山越えする沼」の意[2]。堰止湖とする資料と海跡湖とする資料がある[3]

概要[編集]

船泊湾内に発達した海岸砂丘の内側、約200m地点にあり、湖の東に114m、西側に171mの低い山があり、南方は湖岸に小規模な湿地帯が広がっている。湖を北流する大備川(オションナイ川)が海に注ぐ地点で砂丘、砂堤に閉ざされて形成された堰止湖である[4]。冬は結氷をする[5]

自然[編集]

ミズバショウ群生地として名高く、明治の中頃船泊尋常小学校の生徒が放養したコイの他、フナアメマスワカサギウグイヌマガレイチチブトミヨなどが生息し、冬にはハクチョウマガモヨシガモコガモなどがやって来る。5月には大備川をワカサギが遡上してくる。湖岸は83% が自然湖岸であり, 17% が半自然湖岸で若干の人為的改変や護岸化で形成されている[6][7]。 水質は全リン0.056mg/l、全チッソ0.78mg/lと栄養塩濃度が高く、植物プランクトンの増殖も活発でクロロフィルaは39.4ug/lにも達しておりCODも9.5mg/lと高く湖沼型区分は富栄養湖である[8]

地質[編集]

沖積層(砂、礫、粘土)、東岸に新第三紀メシクニ層(礫岩、砂岩、頁岩)、西岸に新第三紀浜中層(硬質頁岩、泥岩、砂岩)[9]

観光[編集]

  • 湖に隣接してキャンプ場や展望台があり、湖を一周する遊歩道がある。湖西岸にはチャシ跡が見られる[10]
  • 悲愛伝説がある[11]
  • かつて湖岸に道場牧場があったが今では閉鎖している。この牧場は熱中時代(先生編)の舞台となった。

データ[編集]

  • 流入河川 : 大備(オションナイ)川
  • 流出河川 : 大備川

交通[編集]

船泊集落に近い。北海道道507号船泊港利礼公園線北海道道40号礼文島線などを利用する。香深港からバスで約50分。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『日本の湖沼環境』(環境庁、1989)
  • 『北海道の湖沼』(北海道公害防止研究所、1990)
  • 大木隆志『北海道湖沼と湿原』(北海道新聞社、2000)
  • 田中 正明 , 永野 真理子「北海道礼文島の久種湖で得られた珪藻類について」『四日市大学環境情報論集 10(1/2)』(2007)、pp.77-104。
  • 「第2回自然環境保全基礎調査Ⅰ」『湖沼調査報告書 1979 北海道』(環境省、1980)
  • 「第3回自然環境保全基礎調査Ⅰ」『湖沼調査報告書 1987 北海道』(環境省、1988)

脚注[編集]

  1. ^ [田中、永野、p.77]
  2. ^ 『北海道の湖沼』、p.71。
  3. ^ 『北海道の湖沼』『湖沼調査報告書 』では堰止湖とあり、田中、永野の論文や『日本の湖沼環境』『北海道湖沼と湿原』では海跡湖となっている。
  4. ^ 『北海道の湖沼』、p.71
  5. ^ 『日本の湖沼環境』、p.98
  6. ^ [田中、永野、p.77]
  7. ^ 『北海道の湖沼』、p.71)。
  8. ^ 『北海道の湖沼』、p.71。
  9. ^ 『北海道の湖沼と湿原』、p.192。
  10. ^ 『北海道の湖沼と湿原』、p,192。
  11. ^ 礼文町

外部リンク[編集]