日光白根山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日光白根山
Mt.Nikko-Shirane.jpg
冬の日光白根
標高 2,578 m
所在地 日本の旗 日本
栃木県日光市群馬県利根郡片品村
位置 北緯36度47分55秒
東経139度22分33秒
座標: 北緯36度47分55秒 東経139度22分33秒
山系 日光火山群
種類 溶岩ドーム
日光白根山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

日光白根山(にっこうしらねさん)は、栃木県日光市群馬県利根郡片品村の境界にある標高2,578mの。日光白根山の山体は成層火山であるが、最高峰の奥白根(おくしらね)は安山岩のみから成る溶岩円頂丘である。関東地方の最高峰である。深田久弥日本百名山のひとつで、火山噴火予知連絡会によって火山防災のために監視・観測体制の充実等の必要がある火山に選定されている[1]

概要[編集]

日光白根火山の地形図
左へ延びる長い尾根は溶岩流によるもの

白根山』とは、古来より峯が雪で白く染まる様を形容した名称であるため、同名の山が日本各地にあり[注釈 1]、その他の白根山と区別するため日光白根山と呼ばれるが、国土地理院発行の5万分の1地形図『男体山』には白根山とのみ記載されている。

日光白根山は白根火山群の各山々(新第三紀火山)に周囲を囲まれており、また一年を通して雲に隠れていることが多く、関東地方からは日光連山の稜線上に、奥白根山頂部のドーム状(第四紀火山)の突起物が載っている程度にしか見えない。冬季、天候条件が整えば黒い山肌に雪を纏う日光表連山の山々に比し雪に覆われてひときわ白い山体を現す。

白根火山群周辺には五色沼湯ノ湖湯滝戦場ヶ原小田代ヶ原など自然の造形物が在り、また貴重な高山植物の植生も見られるため、山域は日光国立公園に指定され保護されている。しかしながら、この山に多く自生することから名付けられた植物のシラネアオイも現在ではほとんど見ることはできず、また周辺山域には立ち枯れが多く見られ、その原因を首都圏からの大気汚染物質の飛来とする研究もあるなど、自然環境の変化が進んでいる。

形成と火山活動[編集]

日光白根山は、広義の日光火山群のひとつ。狭義には白根火山群に属する。最高峰の奥白根山を中心に、新第三紀の古い火山岩類から構成される前白根山、五色山などの間に侵食による窪みを有する火山であり、山頂部分(奥白根)は、奥日光成層火山である前白根や五色山、外山白根隠山等の白根火山群の山体があるところに新たにできた溶岩ドームである。

約5300年前以降、複数回の規模の大きな噴火があり、周辺に堆積物を残す噴火は4回以上と考えられている。

有史以降の主な活動[編集]

  • 1649年(慶安2年) - 水蒸気噴火。火砕物降下。山頂火口で噴火。降灰多量、直径約200m 深さ約10mの新火口を生成。頂上の神社全壊。火山爆発指数:VEI 2[2]
  • 1872年(明治5年)5月14日 - 水蒸気噴火?。南西斜面中腹で噴火、南西斜面の中腹に直径200mを越える火口生成、噴煙。
  • 1873年(明治6年}3月12日 - 水蒸気噴火?。火砕物降下。噴火場所不明[2]
  • 1889年(明治22年)12月4日 - 水蒸気噴火?。火砕物降下。白根山西斜面の小川村に面した旧火口で噴火[2]
  • 1952年(昭和27年)7〜9月 - 噴煙と鳴動[2]
  • 1993〜95年(平成5〜7年)7月〜翌々年9月 - 地震と火山性微動。中禅寺湖付近で微小地震活動が、山頂直下で微小地震・微動活動が活発化[2]
  • 2001年(平成13年)3月31日~4月初旬 - 地震 、日光白根山の北西部から北東部(深さ5km未満)で地震活動。
  • 2011年(平成23年)3月〜 - 地震。東北地方太平洋沖地震以降、西側及び北西側へ約5km付近と、東側から南東側へ約5〜10km付近で地震活動が活発化[2]

登山[編集]

山頂に至る主な登山道は、日光湯元温泉から外山尾根・天狗平・前白根山を経由するもの、菅沼から弥陀ガ池を経由するもの、金精峠から五色山・弥陀ガ池を経由するものが挙げられる。近年は麓の丸沼から日光白根山ロープウェーで標高2000m付近まで行けるようになり、比較的楽に登れるようになった。

山岳信仰[編集]

江戸期から明治にかけて、上州では奥白根山を『荒山権現』として祀り、信仰登山の対象となっていたと云われるが、その遺跡は皆無である[3]。現在、そのルートは日光白根山ロープウェー経由の道に比較的近く、当時の信仰登山に纏わる地名が地図上にのみ見える。

現在は、前白根山山頂に前白根山神社、奥白根山山頂に奥白根山神社がある。

日光白根山由来の植物[編集]

日光白根山が基準産地となるなど、和名の名前の由来となっている植物に、次のようなものがある。

参考画像[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 草津白根山、白根三山など。古事類苑によると、石川県白山も当初は『しらね』と呼ばれていたほか、山梨県には数々の『しらね』が存在していた。

出典[編集]

  1. ^ 火山防災のために監視・観測体制の充実等の必要がある火山”. 気象庁. 2016年2月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 日光白根山 - 気象庁
  3. ^ 深田久弥著 『日本百名山』 奥白根山の記述に拠る。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]