平ヶ岳 (群馬県・新潟県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼
1.山頂付近の池塘の写真
2.山頂付近の木道の写真の画像提供をお願いします。2015年9月
平ヶ岳
Mt. Hiragatake 0809.JPG
至仏山から遠く中央に平ヶ岳を望む
標高 2,141 m
所在地 新潟県魚沼市
群馬県みなかみ町
位置 北緯37度00分07秒
東経139度10分15秒
山系 三国山脈
平ヶ岳の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

平ヶ岳(ひらがたけ)は、新潟県魚沼市群馬県みなかみ町の境界にある標高2,141mの日本百名山のひとつ。

山頂の北東約0.2kmに二等三角点「平岳」(標高2,139.6m)が設置されている。新潟県側の山域は越後三山只見国定公園に属する。

地勢と植生[編集]

新潟県側は阿賀野川の支流只見川の流域、群馬県側は利根川の源流地帯で、日本の中央分水嶺となっている。山頂の南側は傾斜が急であるが、北側は平坦面となっており、ここに池塘が発達し高層湿原ないし雪田草原が形成されている。この湿地は「利根川源流山稜高層湿原群(平ケ岳~巻機山~朝日岳)」として日本の重要湿地500に選定されている。これによると、湿地タイプは「高層湿原、雪田草原」、選定理由は「ミヤマミズゴケ、イボミズゴケなどで特徴づけられる高層湿原、エゾホソイ群落などの小池塘の植生およびイワイチョウハクサンコザクラなどの生育する雪田草原が発達している」とされている。

山頂付近の池塘付近の草原の植生は、主にミツバノバイカオウレンオノエランチングルマなどの草本植物となっている。池塘周囲には種子植物モウセンゴケが繁茂し、湿原の大きな特徴であるミズゴケ類の繁茂は見られない。泥炭層は約20cmと薄く、湿地としては発展途上の中層湿原ないし湿原ではない原野単なる湿地の特徴が強く見られている。

登山[編集]

この山の登山道は、魚沼市鷹ノ巣地区の国道352号上に登山口(位置)があり、そこから下台倉山~台倉山~池ノ岳を経て平ヶ岳山頂に至るのが正規ルートである。行程が長い上に山中に山小屋はなく、キャンプも禁止されているため、健脚者向けの山である。よって、登山口を早朝に出発する必要がある。この他にショートカットとして中ノ岐林道からの登山道があるが、林道は入会地のため一般車両の乗り入れが禁止されており、登山開始点(林道の終点、位置)までの交通の便が悪い。1986年10月に浩宮徳仁親王(現皇太子)が登った際には、中ノ岐林道から登り、鷹ノ巣登山口へ下りるコースが使われている。山頂はなだらかで池塘があり周辺は草原となっている。山頂付近の池塘保護のため木道が整備されている。

その他[編集]

平ヶ岳は利根川源流部自然環境保全地域に含まれる剣ヶ倉山と尾瀬国立公園に含まれる大白沢山を結ぶ稜線上にあるが、2015年現在そのいずれにも含まれない[1]

関連画像[編集]

周辺の山[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ 尾瀬国立公園の区域図 (PDF)”. 環境省. 2015年9月16日閲覧。