中ノ岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中ノ岳
Nakanotake.JPG
越後駒ヶ岳から中ノ岳を望む
標高 2,085 m
所在地 新潟県南魚沼市
位置 北緯37度05分07秒
東経139度04分39秒
山系 越後山脈
中ノ岳の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

中ノ岳(なかのだけ)は、新潟県南魚沼市魚沼市にまたがる[1]山で、標高2,085m。

越後駒ヶ岳八海山とともに越後三山を構成し、その最高峰でもある。南は兎岳大水上山を経て利根川水源の山々に接続している。山頂の西には前衛峰の御月山がある。標高はそれほど高くないが、豪雪地帯に位置するため、盛夏でも雪渓を残す山である。日本二百名山の一つ。

概要[編集]

中ノ岳の山容は、頂上こそ緩やかな円頂を示すものの、西北に水無川、南西には黒又川、東に北又川の険谷を落とし、絶壁や雪渓に守られて容易に登山者を寄せ付けない。魚沼の平野からは近いが、登山道はどれも相当の労力を要する。特に八海山との間は、標高差にして800mも落ち込んでおり、最低鞍部のオカメノゾキを経由する縦走路は難路として知られている。山頂わずか北方には避難小屋(中ノ岳避難小屋)が建てられており、登山者の利用に供されている。

登山道[編集]

北方の越後駒ヶ岳と西の八海山を結ぶ縦走路、南の丹後山からの縦走路の他、南西の十字峡から日向山を経由するものがある。


越後三山の一つ中ノ岳(左)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Google Map