雨飾山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
雨飾山
Mount Amakazari.jpg
新潟焼山から見た雨飾山
標高 1,963.2 m
所在地 日本の旗 日本
新潟県糸魚川市
長野県北安曇郡小谷村
位置 北緯36度54分07秒
東経137度57分45秒
座標: 北緯36度54分07秒 東経137度57分45秒
山系 頸城山塊
雨飾山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

雨飾山(あまかざりやま)は、長野県北安曇郡小谷村新潟県糸魚川市との県境にある、標高1,963.2mのである。妙高戸隠連山国立公園に属している。

概要[編集]

山頂は360度の展望があり、二等三角点が設置されている。「猫の耳」と呼ばれる双耳峰となっており、南峰には標柱と三角点が、北峰には石仏が並ぶ。北峰、南峰はそれほど離れておらず標高差もさほどない。深田久弥日本百名山にあることから、近年、登山者が多くなった。

登山[編集]

新潟県と長野県の県境に位置する雨飾山には南北両方向から登山道が開かれているが、山頂に置かれた石仏が北に向いているところから、元々は越後、日本海側の信仰の山だったと推測される。

新潟県側の登山道は、根知川上流の雨飾温泉から神難所沢と鉱度倉沢を分ける薬師尾根を登るもので、距離は短いが、そのぶん急登の連続である。現在は尾根の末端から登られるが、もとは鉱度倉沢をたどり、中ほどにあるヨケジの滝を右岸から巻いてから左岸に支尾根にとりつき、藥師尾根上に出ていた。深田久弥は初め、新潟県側からの登頂を試みたが、道を失い、途中で断念したことを自著[1]に記している。

長野県側の登山口は、姫川の支流・中谷川の上流にある小谷温泉である。現在は雨飾高原キャンプ場まで車道が通じ、ここを起点に、山頂から南に伸びる尾根の東南東方向に派生する小尾根を乗っ越し、標高1445m地点で大海川の荒菅沢を渡り、雨飾山の北東に位置する1894m峰への支尾根を登り、稜線伝いに行くのが一般コースとなっている。この登山道ができるまでは、大海川の中を歩いて行くしかなかった。深田久弥も「布団菱」の下を回り込むように荒菅沢本谷をつめて登頂しているが、このコースを最初にたどったのは、おそらく冠松次郎であろう[2]小谷村大網からのコースもあるが、登山者は少なく、むしろ春の山スキーで使われることが多い。


深田久弥と雨飾山[編集]

深田久弥の著書『日本百名山』には、氏が登った山々の中から選ばれた100山が記されているが、この書は紀行文集ではない。『山頂山麓』『をちこちの山』『わが愛する山々』などの山岳紀行をもとにした山格論と研究であり、それに随想をまじえたものである。よって、日本全国から選りすぐった眺望の良い山、登るべき山のベスト100であるというのは、大いなる誤解である。

そんな深田久弥にとって、雨飾山は特別に思い入れのある山であったといえるだろう。雨飾山登山と雨飾山の描写が、『日本百名山』以外に3つの文がある。氏は雨飾山登山を3度試み、1941年の2度の失敗を経て、1957年にようやく登頂した。『わが愛する山々』に、「ついに私は長い憧れの雨飾山の頂に立った」[3]という記述がある。

今日、日本百名山のおかげで、雨飾山登山者は増えた。しかし、多くの人がたどる登山道は、深田久弥が登った道ではない。山頂からの眺め以外は、氏が目にした景色とはことごとく違っている。また、初めて訪れた1941年は、根知の山口集落でバスを降り、現在の雨飾温泉まで3時間余の山道を歩いているのだが、途中にあった梶山集落はもはやなくなっている。そもそも、登山口の雨飾温泉まで歩く人など、今やいない。山麓の行程を大切にした深田久弥と現代に生きる私たちとの接点は、もはや失われてしまった。氏の著書を読むことで、それがわかる。

ギャラリー[編集]

関連文献[編集]

  • 深田久弥『山頂山麓』青木書店、1942年。
  • 深田久弥『をちこちの山』山と渓谷社、1952年。
  • 深田久弥『わが愛する山々』新潮社、1961年。
  • 深田久弥『日本百名山』新潮社、1964年。
  • 冠松次郎『破片岩』耕進社、1933年。
  • 三田尾松太郎『幽山秘峡』富山房、1942年。
  • 蟹江健一、渡辺義一郎 著『雨飾山と海谷山塊:われらが希望の山々』恒文社、2008年。

脚注[編集]

  1. ^ 深田久弥『山頂山麓』青木書店、1942年
  2. ^ 冠松次郎『破片岩』耕進社、1933年、pp.230-234
  3. ^ 深田久弥『わが愛する山々』新潮社、1961年

関連項目[編集]

周辺の山

外部リンク[編集]