餓鬼岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
餓鬼岳
Gakidake from kassenone 2002 9 24.jpg
合戦尾根から秋の餓鬼岳を望む
標高 2,647.19 m
所在地 長野県大町市
位置 北緯36度26分50秒
東経137度44分10秒
山系 飛騨山脈常念山脈
餓鬼岳の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示
合戦尾根から望む餓鬼岳

餓鬼岳(がきだけ)は、飛騨山脈(北アルプス)にある標高2,647m。山体すべてが長野県に属し、中部山岳国立公園内にあり、日本二百名山に選定されている。

概要[編集]

高瀬川の支流の源流の花崗岩質の山である。北西約5.1kmの位置に高瀬ダムがあり、約4.8kmの位置には七倉ダムがある。山頂には三等三角点がある。山頂周辺は森林限界ハイマツ帯で、その砂礫部に高山植物コマクサの群生地がある。山頂直下約100m南には、昔ながらの山小屋である餓鬼岳小屋[1]がある。

山名の由来は安曇野から見上げる岩壁がそばだっているので、「崖(がけ)岳」が転訛したとする説もある。[2]

2009年平成21年)7月18日には、麓のエリアに国営アルプスあづみの公園大町・松川地区部分(大町市、北安曇郡松川村)が開園し、観光名所となっている。

登山[編集]

登山道[編集]

登山ルートは、中房温泉から東沢乗越へ直接登るか、又は北アルプス三大急登の一つである合戦尾根を登り切り燕岳を経る場合と、白沢登山口から入るコースとがある。登山道には、梯子や桟道が設けられている。餓鬼岳から北西に、尾根に沿った唐沢岳への登山道がある。常念山脈の北端に位置し、槍ヶ岳へ向かう表銀座コースとは反対方向に当たるため、登山者は少ない。

  • 餓鬼のコブ
餓鬼岳から唐沢岳に向かう山麓にある巨岩。丁度、鬼の角のように見える
  • 剣ズリ
  • 中房温泉ルート
  • 合戦尾根ルート
  • 白沢登山口ルート

周辺の山小屋[編集]

アクセス[編集]

餓鬼岳が登場する作品[編集]

周辺の山[編集]

常念山脈
唐沢岳(からさわだけ、標高2,632m) - 燕岳有明山
後立山連峰
蓮華岳 - 針ノ木岳 - 爺ヶ岳 - 鹿島槍ヶ岳
裏銀座
烏帽子岳 - 野口五郎岳

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1923年大正12年)狩猟小屋として開設された。(『北アルプス山小屋物語』柳原修一(著)、東京新聞出版局、ISBN 4-8083-0374-4、P88)
  2. ^ 『日本の山1000』山と渓谷社ISBN 4-635-09025-6、P414

参考文献[編集]