中房温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Hot springs 001.svg中房温泉
Nakabusa Onsen s2.JPG
中房温泉(2015年6月)
温泉情報
所在地 長野県安曇野市穂高有明
泉質 硫黄泉
泉温(摂氏 93 ℃
宿泊施設数 1
テンプレートを表示

中房温泉(なかぶさおんせん)は、長野県安曇野市(旧南安曇郡穂高町、旧国信濃国)にある温泉北アルプス燕岳への登山口でもある。

概要[編集]

長野県の燕岳登山口の山中にある秘湯とも言うべき一軒宿日本秘湯を守る会所属。

裏山に「焼山」と称する地熱の高い場所があり、卵や芋を埋めて置くと20分ほどで蒸しあがる。

温泉[編集]

  • 源泉自然湧出、完全放流式(いわゆる「源泉かけ流し」で、循環させず加水・加温なし)
  • 泉質は単純硫黄泉
  • 源泉温度93℃(湧出地)、加水しないための減温方法は空冷および水冷
  • 無着色

なお、近隣の穂高温泉へも当地から温泉が引湯されている。

浴場[編集]

ひとつの旅館内に内湯外湯をあわせて16箇所の浴場が存在し、1泊で全てを巡るのは大変なほどである。 男女別の「湯原の湯」と貸し切り浴場以外の外湯は混浴である。

内湯[編集]

  1. 大浴場 混浴・女性専用時間帯あり。近年新築移転した。
  2. 大浴場岩風呂 混浴・女性専用時間帯あり。移転前の大浴場の建物を撤去して露天風呂としたもの。
  3. 不老泉 混浴・女性専用時間帯あり。湯船のすぐ隣の石庭風の石組みの中に源泉がある。新しいが味わい深い浴場。
  4. 大湯 男女別 1階と地階にそれぞれ浴室がある。1階の浴室は2002年に大風で屋根が飛ばされたのを機に、露天風呂に改装された。地階の浴室は湯気が充満し、スチームサウナのようである。
  5. 御座の湯 男女別 古い時代の浴場の面影を色濃く残し、古いが味わいのある浴場。松本藩主の入浴が度々あったための名称という。
  6. 薬師湯 男女別 小規模な浴室。
  7. 家族風呂 薬師湯の隣にある。小規模。

外湯[編集]

燕岳の登山口にある湯原の湯
白滝の湯
  1. 湯原の湯 男女別露天風呂。2006年に新設された外来用の浴場。
  2. 滝の湯 露天。いわゆる「うたせ」。近年貸し切り浴場になった。
  3. 蒸し風呂 天然のサウナ。近年改築された。貸し切り浴場。
  4. 綿の湯 蒸し風呂の隣にある事実上の汗流し浴場であったが、2004年足湯に改造された。
  5. 月見の湯 混浴露天風呂 高台にあり、その名の通り月見が出来る。
  6. 菩薩の湯 混浴露天風呂 一番低地にある。すぐ隣が源泉
  7. 白滝の湯 混浴露天風呂 沢の上流に登った所。お湯が小さなとなって流れ落ちた所。
  8. ねっこ風呂 一人用半露天風呂 温泉プール近くに新しく作られた一人用風呂。大木をくりぬいた浴槽が使われている。
  9. 温泉プール ぬるめの湯を使った25メートルプール。夏場以外の遊泳は寒い。

日帰り入浴[編集]

長らく「下山後の登山者」以外の日帰り入浴は認めておらず、また「下山後の登山者」も、温泉側から入浴する浴場を指定され、自由に浴場を選択できなかった。

2006年になってようやく立ち寄り湯である「湯原の湯」を新設したため、登山者・宿泊者以外も外来入浴できるようになった。入浴料700円。それ以降従来の浴場の外来入浴はできなくなっている。

「中房温泉郷」[編集]

隣接する「国民宿舎有明荘」を含めて「中房温泉郷」とし、「中房温泉」は一軒宿ではないとする見解もあるが、公式には中房温泉に「国民宿舎有明荘」は含まれず、有明荘は別の温泉(有明温泉)である。

「中房温泉」は「国民宿舎有明荘」が「中房温泉郷」を名乗らないように裁判所に求め、2006年にほぼ請求どおりの内容で和解が成立した経緯がある。

歴史[編集]

開湯は1821年である。百瀬茂八郎がこの地に明礬(みょうばん)の鉱山を開いた際に、湧出する温泉を利用して湯治場を設置したのが始まりである。

また、開湯伝説として以下のような話も存在する。

坂上田村麻呂が当地にいた鬼「八面大王」を退治した後当地に疫病が流行した。それを終息させるために満願寺が建立され、そこで祈祷していると疫病に効く温泉が湧出し、それが中房温泉となった。

北アルプス燕岳、槍ヶ岳登山口でもあることから、多くの人が訪れている。永田鉄山大町桂月、芥川賞作家の柳美里らの文人墨客をはじめ朝香宮鳩彦王秩父宮雍仁親王皇太子徳仁親王皇族の来訪歴も多数ある。1918年(大正7年)7月には、日本で初めての[要出典]林間学校が旧制成城中学校(現成城中・高等学校)により当地で開設された。

日本アルプスを世界に紹介したイギリス宣教師ウォルター・ウェストンは、1912年にこの温泉に宿泊している。今でも当時の部屋が残されている。

1980年3月27日 - 環境庁により、穂高温泉とともに国民保養温泉地に指定(昭和55年環境庁告示第24号)。2011年7月25日 - ウォルター・ウェストンが宿泊した部屋が残る本館菊など7件が国の登録有形文化財に登録される。

文化財[編集]

登録有形文化財
  • 本館菊
  • 旧湯会所
  • 田村薬師堂
  • 山の神の社
  • 温泉大プール
  • 土蔵
  • 板倉

アクセス[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯36度23分39.57秒 東経137度44分47.23秒 / 北緯36.3943250度 東経137.7464528度 / 36.3943250; 137.7464528