紅葉伝説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
紅葉の策に眠りこむ平維茂。(1890年月岡芳年「平維茂戸隠山に悪鬼を退治す図」『新形三十六怪撰』)

紅葉伝説(もみじでんせつ)は、信州戸隠(とがくし)、鬼無里(きなさ・現、長野県長野市)、別所温泉に伝わる鬼女にまつわる伝説で、紅葉は女主人公の名前である。紅葉の討伐に勅命を承けた平維茂が紅葉と戦い討ち捕る話として伝えられている。

あらすじ[編集]

北向山霊験記戸隠山鬼女紅葉退治之傳全からの要約

937年承平7年)のこと、会津には子供に恵まれなかった夫婦、伴笹丸(とものささまる)と菊世(きくよ)がいた。2人が第六天の魔王に祈った甲斐があり、女児を得、呉葉(くれは)と名付けた。才色兼備の呉葉は豪農の息子に強引に結婚を迫られた。呉葉は秘術によって自分そっくりの美女を生み出し、これを身代わりに結婚させた。偽呉葉と豪農の息子はしばらくは睦まじく暮らしたが、ある日偽呉葉は糸の雲に乗って消え、その時すでに呉葉の家族も逃亡していた。呉葉と両親は京に上った。ここでは呉葉は紅葉と名乗り、初め琴を教えていたが、源経基御台所の目にとまり、腰元となりやがてとなった。紅葉は経基の子供を妊娠するが、その頃御台所が懸かっていた病の原因が紅葉の呪いであると比叡山の高僧に看破され、結局経基は紅葉を信州戸隠に追放することにした。956年天暦10年)秋、まさに紅葉の時期に、紅葉は水無瀬(みなせ・鬼無里の古名)に辿り着いた。経基の子を宿し京の文物に通じ、しかも美人である紅葉は村人達に尊ばれはしたものの、やはり恋しいのは都の暮らしである。経基に因んで息子に経若丸(つねわかまる)と名付け、また村人も村の各所に京にゆかりの地名を付けた。これらの地名は現在でも鬼無里の地に残っている。だが、我が身を思うと京での栄華は遥かに遠い。このため次第に紅葉の心は荒み、京に上るための軍資金を集めようと、一党を率いて戸隠山(荒倉山)に籠り、夜な夜な他の村を荒しに出るようになる。この噂は戸隠の鬼女として京にまで伝わった。ここに平維茂が鬼女討伐を任ぜられ、笹平(ささだいら)に陣を構え出撃したものの、紅葉の妖術に阻まれさんざんな目にあう。かくなる上は神仏に縋る他なしと、観音に参ること17日、ついに夢枕に現れた白髪の老僧から降魔の剣を授かる。今度こそ鬼女を伐つべしと意気上がる維茂軍の前に、流石の紅葉も敗れ、維茂が振る神剣の一撃に首を跳ねられることとなった。呉葉=紅葉33歳の晩秋であった。

旧鬼無里村根上地区にある内裏屋敷跡地(紅葉が住んだ)鬼女紅葉供養塔
旧鬼無里村根上地区の裾花川に懸かる牛平橋には紅葉が名付けた地名が今も残る。左 東の京 右 西の京とある
紅葉が立てこもったといわれる、荒倉山の山中にある鬼(紅葉)の岩窟(洞窟)。右の洞窟には能役者などが奉納した木柱が並ぶ。
旧戸隠村柵(しがらみ)地区にある紅葉の墓といわれるもの。手前が紅葉で奥に並ぶものは家来の物だという。

伝説の舞台[編集]

鬼無里[編集]

鬼無里での紅葉伝説は他と違い、紅葉が村人に施した事が伝えられている。以下ウィキペディア鬼無里村から引用『一般には主人公の「紅葉」は妖術を操り、討伐される「鬼女」であるが、鬼無里における伝承では医薬、手芸、文芸に秀で、村民に恵みを与える「貴女」として描かれる。』

  • 内裏屋敷跡(だいりやしきあと)、紅葉が暮らした屋敷跡[1]
  • 月夜の陵(はか)、紅葉の侍女の墓と云われる[2]
  • やかぶし(館武士・矢形ぶし)[3]
  • 地名・西京、東京、二条、三条、四条、五条、府成、清水、吉田、高尾、東山、他[4]
  • 寺社・松巌寺[5]。鬼無里神社、白髯神社[6]
  • 強清水、維茂柳[7]

戸隠(旧柵村・しがらみむら)[編集]

柵村、荒倉山(戸隠山ではない)が平維茂との決戦の舞台。実際に紅葉と平維茂が戦ったという場所や縁の場所が各地にある。

  • 鬼(紅葉)の岩屋[8]鬼(紅葉)の塚[9]
  • ゆかりの地・化粧水、屏風岩、舞台岩、釜壇岩(かまだん)、釜背負岩(かましょい)、駒爪岩。奥の岩屋[10]
  • 地名・安堵ヶ峰、竜虎ヶ原、毒(ぶす)の平、木戸、朝(あした)ヶ原、幕の入り、志垣(しがき)、柵(しがらみ)、渡土(わたど)、追通(おっかよう)[11]
  • 寺社・大昌寺(だいしょうじ)[12]。紅葉稲荷、山の神、矢先神社、矢本神社、十二神社[13]
  • 足神様[14]

別所温泉、長野市、木島平[編集]

鬼女紅葉まつり[編集]

  • 鬼無里の「鬼女紅葉まつり」・毎年10月第4日曜日。平成24年で13回目、当初は内裏屋敷跡で行われたが現在は松巌寺で行われる。松巌寺住職による法要、アトラクション(信州鬼無里鬼女紅葉太鼓など)
  • 戸隠の「鬼女紅葉まつり」・毎年10月第4日曜日。平成24年で54回目、荒倉キャンプ場。出店や能舞台で素謡(囃子、舞なしの謡)などがおこなわれる。

紅葉伝説の文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 紅葉が流罪となり最初に暮らした。「源氏伝説のふるさと」
  2. ^ 遷都伝説の頃(863年天武12年)頃との説もある。「源氏伝説のふるさと」
  3. ^ 内裏屋敷の搦め手の守りとも弓矢の練習をしたとも云われる。「源氏伝説のふるさと」
  4. ^ 紅葉が都を偲び京の地名を付けたと云われる。「源氏伝説のふるさと」
  5. ^ 紅葉の菩提を弔う寺で紅葉と家来の墓があり、紅葉が持っていたと云う地蔵菩薩像がある。「松巌寺縁起」
  6. ^ 平維茂が戦勝を祈願した。「源氏伝説のふるさと」
  7. ^ 平維茂が峠で疲れ沢で水を飲み「こわい、こわい」(方言)と言った。維茂が楊枝を刺すと芽が出て木になった。「源氏伝説のふるさと」
  8. ^ 紅葉が暮らしたと云う洞窟。「鬼女紅葉伝説の里」
  9. ^ 紅葉と家来の墓と云われる。「鬼女紅葉伝説の里」
  10. ^ 伝説にちなんだ岩や沢などに名前が付く。「鬼女紅葉伝説の里」
  11. ^ 紅葉と維茂の戦いの舞台となった各地に地名が残る。「鬼女紅葉伝説の里」
  12. ^ 別名紅葉峰(もみじほう)、紅葉と維茂の名が同じ位牌にある。戦いの場面を時系列に沿って描かれた大きな掛け軸がある。「鬼女紅葉伝説の里」
  13. ^ 紅葉や維茂が祈願した社「鬼女紅葉伝説の里」
  14. ^ 戸隠神社中社脇には紅葉の手下と云われる「おまん」を祀った足神様がある。「鬼女紅葉伝説の里」
  15. ^ 長野県上田市別所には紅葉との戦いで傷つき死んだという平維茂の墓と云われる塚がある。「源氏伝説のふるさと」
  16. ^ 別所温泉の北向観音は平維茂が改修したと云われる。紅葉と維茂の戦いを描いた絵馬がある。「源氏伝説のふるさと」
  17. ^ 長野市内の西厳寺、宝昌寺、木島平村の宣勝寺には紅葉と維茂の戦いを描いた掛軸がある。この三寺は平維茂の子孫が開いたとの伝承がある。また宝昌寺には維茂作という甲冑薬師如来像がある。「源氏伝説のふるさと」

参考文献[編集]

  • 「源氏伝説のふるさと」ふるさと草子刊行会
  • 「鬼女紅葉伝説の里」鬼女紅葉を偲ぶ会
  • 「松巌寺縁起」松巌寺

関連作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]