大無間山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大無間山
Mount Daimugen from Mount Hijiri (zoom).JPG
北に位置する聖岳から望む
標高 2330[1] m
所在地 静岡県静岡市葵区
榛原郡川根本町
位置 北緯35度15分22秒
東経138度9分42秒
座標: 北緯35度15分22秒 東経138度9分42秒[1]
山系 赤石山脈
大無間山の位置(日本内)
大無間山
大無間山 (日本)
大無間山の位置(静岡県内)
大無間山
大無間山 (静岡県)
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

大無間山(だいむげんざん)は、静岡県赤石山脈の深南部にある標高2,330 m[2][3]日本二百名山に選定されている[4]

概要[編集]

山頂には一等三角点が置かれている[5]南アルプスで一等三角点を持つ山は、甲斐駒ヶ岳赤石岳黒法師岳とこの山の4山のみ。麓には大井川が流れ、井川ダムの人造湖である井川湖がたたずむ。大井川の支流の明神谷、関の沢川、栗代川の源流の山である。周辺の山域は1968年(昭和43年)4月1日に、静岡県から奥大井県立自然公園に指定された。

登山[編集]

頂上はシラビソコメツガなどの樹林に囲まれ展望はないが、小無間山を通過する登山道では、途中何カ所か展望が開けており、富士山や南アルプスの南部の山々を眺められる。どこから登っても山頂まで7時間以上を有する日本二百名山の中でも厳しい山のひとつである。

近年、小無限山手前の鋸歯と呼ばれる辺りの崩壊が激しく山と高原地図では赤実線ではなくなっている。

登山ルート[編集]

  • 静岡市葵区田代 → 小無間山 → 大無間山
  • 寸又峡 → 日向沢 → 大無間山
  • 尾盛 → 大無間山
  • その他、沢からの登頂記録がある

山小屋[編集]

  • 小無間小屋(無人、収容人数10人、近くに水場はない、標高約1,790 m)

周辺の山[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 日本の主な山岳標高(静岡県の山)”. 国土地理院. 2014年6月27日閲覧。
  2. ^ “標高値を改定する山岳一覧 資料1”. 国土地理院. http://www.gsi.go.jp/common/000091072.pdf 2014年3月26日閲覧。 
  3. ^ GNSS測量等の点検・補正調査による2014年4月1日の国土地理院『日本の山岳標高一覧-1003山-』における改定値。なお、旧版での標高は2,329m。
  4. ^ 深田クラブ 『日本200名山』 昭文社、1992年4月、p.128。ISBN 4398220011
  5. ^ 基準点成果等閲覧サービス”. 国土地理院. 2014年6月24日閲覧。 “基準点コード TR15238710201”

関連図書[編集]

  • 『日本の山1000』 山と溪谷社〈山溪カラー名鑑〉、1992年8月、p.476。ISBN 4635090256
  • 『日本三百名山』 毎日新聞社、1997年3月、p.252。ISBN 4620605247
  • 山下春樹 『赤石・聖・荒川三山を歩く』 山と溪谷社〈フルカラー特選ガイド〉、1998年7月、pp.84-88。ISBN 4635171213
  • 『改訂版 静岡県の山』 山と溪谷社〈新・分県登山ガイド〉、2009年12月、pp.68-69。ISBN 9784635023719
  • 『塩見・赤石・聖岳』 昭文社〈山と高原地図 2011年版〉、2011年3月。ISBN 978-398757821。

関連項目[編集]