前常念岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
前常念岳の雪形の常念坊、残雪部のほぼ中央に、黒い姿のとっくりを手にした坊さんが見られる。梓川右岸から望む
前常念岳
Mount MaeJonen from Mitsumata 2001-11-22.jpg
烏川林道から望む前常念岳
標高 2,661.78[1] m
所在地 長野県安曇野市
位置 北緯36度19分22秒
東経137度44分17秒
[1]
山系 飛騨山脈常念山脈
前常念岳の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

前常念岳(まえじょうねんだけ)は、飛騨山脈(北アルプス)南部の常念山脈にある標高2,662 mである。山体すべてが長野県に属し、松本市安曇野市にまたがる。常念山脈の主峰である常念岳の前にあることから前常念岳という。

従って安曇野松本から常念岳として見られている山体の大部分は前常念岳であり、常念岳の象徴でもある常念坊の雪形も実際には前常念岳山腹上のものである。

山頂に緊急避難用の石室がある。また一等三角点が設置されている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 基準点成果等閲覧サービス”. 国土地理院. 2011年4月19日閲覧。

外部リンク[編集]