二ノ森

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
二ノ森
Mt.Ninomori2.jpg
石鎚山から望む二ノ森
標高 1,929 m
所在地 愛媛県西条市久万高原町
位置 北緯33度45分31秒
東経133度05分38秒
山系 四国山地
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

二ノ森(にのもり)は、石鎚山の南西側に位置し四国山地西部の石鎚山脈に属するである。愛媛県第二の高峰で山名もこれに由来し、四国でも剣山地次郎笈(1,930m)に次いで4位、西日本でも同じく次郎笈に次いで5位となる。

概要[編集]

石鎚山、二ノ森を含む石鎚山地一帯は石鎚国定公園に指定され、秋には山頂から南側の面河渓まで紅葉前線が下る。山頂には一等三角点「面河山」が設置され1,929.24mとなっている[1]

山頂からは北東側に石鎚山の岩稜が聳え立ち、北側に瀬戸内海、西側に松山平野および遠くに九州の山々、南から東側にかけて四国山地の山々が幾重にも重なり、土佐湾も望むことができる。

山頂付近はミヤコザサで覆われ、周囲にはシコクシラベダケカンバ、少し下るとブナなどの天然林となる。

登山ルート[編集]

ロープウェイスカイラインなどアクセスに便利な石鎚山とは異なり、長い山岳歩行を余儀なくされる。西条市旧丹原町の鞍瀬川を遡り、保井野地区から堂ヶ森1,689mに登り、稜線沿いに東側へ縦走して山頂に至る[2][3]。また石鎚山から西ノ冠山1894mを経て稜線を縦走するルートもある。

ギャラリー[編集]

脚注・参考文献[編集]

  1. ^ 国土地理院 基準点成果等閲覧サービス
  2. ^ 『アルペンガイド 中国・四国の山』 山と渓谷社、1998年
  3. ^ 『分県登山ガイド 愛媛県の山』 山と渓谷社、1996年

外部リンク[編集]